調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 小売店販売

「小売店販売」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年4月7日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

九州大型小売店販売動向 平成27年2月速報

九州大型小売店販売動向 平成27年2月速報

2014年4月24日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

『消費税増税 影響分析プロジェクト』 レポート第3弾

小売店の販売前年比は4月7日週で下げ止まり増税後の反動は6%減にとどまる日常生活に必要な品目では買い控えは限定的一方、嗜好品では買い控え品目が多い増税による個人消費への影響度は3月より改善 株式会社インテージは、『消費税増税 影響分析プロジェクト』(※1)の一環として、「増税後3週間経過しての小売店販売実態と消費者購買意識調査」を実施しました。本調査は、当社の “SRI(全国小売店パネル調査)”(※2)から沖縄を除いた全国のスーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストアの生活必需品(※3)の販売

2014年1月31日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年1月(関西)

平成 26 年 1 月 30 日関西経済レポート(1 月)企画部経済調査室(大阪)~堅調さを増す~【足元の経済情勢と当面の見通し】◎関西経済は、「緩やかに回復している」(日銀大阪支店)。生産・輸出活動は持ち直し基調を維持しており、個人消費もマインドの改善を受け堅調に推移している。● 生産は、11 月の季節調整済指数が前月比▲1.3%と 2 ヵ月振りに低下したものの、前年同月比では+0.9%とプラス圏を維持した。素材業種では、鉄鋼が前年比+18.2%と伸び率を拡大、化学も同+1.6%と小幅ながら

関西の個人消費についてのレポートです。

関西の消費動向について

○関西地域における個人消費は、このところ「横ばい状態」で推移している。「家計調査の消費支出」、「大型小売店販売額」、「自動車販売額」、「家電販売額」などの各種消費関連の指標は、足下の改善を示すものや重い足取りを示すものなど様々であるが、総じてみれば「横ばい状態」と判断される。関西の消費を全国や他の地域と比べると、相対的に弱い状態が続いている。○関西の消費が弱い要因のひとつとして、全国と比べて雇用所得環境がなかなか改善しないことがあげられる。失業率、有効求人倍率、現金給与総額などの推移を見ても、関

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ