「小売業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月4日WWF★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

WWF「企業の温暖化対策ランキング」第4弾

気候変動対策No.1の小売業・卸売業関連企業は?「企業の温暖化対策ランキング」第4弾2017年6月23日、WWFジャパンは、「企業の温暖化対策ランキング」プロジェクトにおける第4弾の報告書を発表しました。このプロジェクトは、政府レベルでの温暖化対策に停滞感が見られる中、企業の取り組みを後押しする目的で2014年に開始したものです。WWFジャパンの定めた基準をもとに、各企業の発行する環境報告書類の内容を調べ、その温暖化対策を点数化して、ランキングを公表しています。今回の調査対象となったのは「小売業

2017年7月3日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成29年6月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成29年6月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。5月の景況業況:わずかに悪化見通し:横ばいで推移5月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月-28(前月-26)と2ポイント減少、前月の改善からわずかに悪化した。今後3か月間(6~8月)の業況見通しDI(当月(5月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月-15(前月-15)と横ばいで推移、大きな動き

2017年6月29日RJCリサーチフィードバック数:0デジタル家電

2017年電子レジスター調査

この度、電子レジスター(*)の利用状況調査を実施しましたので、調査結果をお知らせします。本調査は2003年以来、毎年継続して実施しております。*電子レジスター・・・POSシステムなどに連動されずに、主に単独で使用されているレジスター1.『電子レジスターのシェアNo.1は「カシオ」。15年連続でトップ。』単独利用の電子レジスターは「カシオ」が調査を開始した2003年以来、14年連続でトップを維持しています。電子レジスターを単独利用している191事業所のうち、94事業所(49.2%)が「カシオ」の電

2017年6月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年5月報

2017年 5月報倒産件数は784件、4カ月連続の前年同月比増加 負債総額は961億7200万円、2カ月連続の前年同月比減少 主要ポイント■倒産件数は784件で、前年同月比では20.2%の増加となり、4カ月連続で前年同月を上回った。20%を超える増加幅は、2009年6月(21.5%増)以来、7年11カ月ぶり。負債総額は961億7200万円で、前月比5.1%の増加となったものの、前年同月比では9.3%減少した■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同月を上回った。このうち、小売業(181件、前年同月

2017年6月21日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年5月の全国企業倒産802件

倒産件数が802件 前年同月比19.5%増で1年11カ月ぶりの800件超え 2017年(平成29年)5月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が802件、負債総額は1,069億1,700万円だった。は、前年同月比19.5%増(131件増)で2カ月ぶりに前年同月を上回った。月次で800件を上回ったのは、2015年6月(824件)以来1年11カ月ぶり。依然として低水準な基調に変化はない。一方、は、前年同月比7.7%減(89億3,500万円減)で、2カ月ぶりに前年同月を下回った。負債額別

2017年5月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年4月報

2017年 4月報倒産件数は650件、3カ月連続の前年同月比増加 負債総額は915億1400万円、2000年以降で最小を記録 主要ポイント■倒産件数は650件で、前年同月比では1.2%の微増となり、3カ月連続で前年同月を上回った。前年同月を3カ月以上連続で上回ったのは、2008年6月〜2009年8月(15カ月連続)以来、7年8カ月ぶり。負債総額は915億1400万円で、前月比で46.0%の減少、前年同月比でも20.0%の減少となり、2000年以降で最小を記録した■業種別に見ると、7業種中4業種で

2017年4月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年3月報

2017年 3月報倒産件数は807件、2015年3月以来2年ぶりの800件超 負債総額は1695億8500万円、4カ月ぶりの前年同月比増加 主要ポイント■倒産件数は807件で、前年同月比9.2%の増加となり、2カ月連続で前年同月を上回った。倒産件数が800件を上回るのは、2015年3月(847件)以来2年ぶり。負債総額は1695億8500万円で、前年同月比8.2%の増加となり、4カ月ぶりに前年同月を上回った■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。このうち、運輸・通信業(34件、前年

2017年3月31日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成29年3月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成29年3月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。2月の景況業況:引き続き横ばい見通し:回復への期待感、わずかに弱まる2月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲30(前月▲31)と前月とほとんど変化がなく、引き続きほぼ横ばいで推移した。今後3か月間(3~5月)の業況見通しDI(当月(2月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲17(前月▲15

2017年3月14日IDC★★フィードバック数:0デジタル家電

世界AR/VR関連市場予測

世界AR/VR関連市場は、2020年には2016年の20倍以上に拡大 多くの利用分野で年間平均成長率が100%を大きく超えると予測 コンシューマー向け市場が全体をけん引するが、小売業や製造業での利用も期待される IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のAR(Augmented Reality:拡張現実)/VR(Virtual Reality:仮想現実)

2017年1月3日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年12月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成28年12月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。11月の景況業況:13か月ぶりに▲20台に戻す見通し:模様眺めの状態続く11月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲28(前月▲34)と6ポイント増加、13か月ぶりに▲20台に戻した。今後3か月間(12~2月)の業況見通しDI(当月(11月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲17(前月▲

2016年12月2日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年11月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況平成28年11月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。10月の景況業況:模様眺め見通し:前月と同水準で推移10月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲34(前月▲33)とほぼ横ばいで推移、模様眺めとなった。今後3か月間(11~1月)の業況見通しDI(当月(10月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲18と前月(▲18)と同水準で推移した。業種別

2016年10月21日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

第4回中国進出企業実態調査

2016/10/14第4回中国進出企業実態調査中国進出の日本企業は1万3,934社〜 前回調査から678社増加、「小売業」の構成比が高まる 〜はじめに安価な労働力の確保を目的に積極的な中国進出を図ってきた日本企業だが、近年は日中間の政治リスクや中国国内の景気減速、人件費の高騰などの「チャイナリスク」が意識されてきた。そのようななか、各社の中国への進出、撤退といった判断が引き続き注目されている。帝国データバンクは、自社データベース・信用調査報告書ファイル「CCR」(約170万社)をもとに抽出した企

2016年10月3日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年9月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況平成28年9月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。8月の景況業況:4か月ぶりに上向く見通し:2か月連続で改善8月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲33(前月▲36)と3ポイント増加、4か月ぶりに上向いた。今後3か月間(9~11月)の業況見通しDI(当月(8月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲18(前月▲22)と4ポイント増加、2か月連

2016年9月15日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年8月の全国企業倒産726件

倒産件数が726件 6カ月ぶりに前年同月を上回る 2016年(平成28年)8月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が726件、負債総額は1,260億4,900万円だった。は、前年同月比14.8%増(94件増)で、6カ月ぶりに前年同月を上回った。ただし、8月としては1997年以降の過去20年間で、前年同月(632件)に次いで2番目に少ない件数にとどまり、依然として低水準な基調に変化はない。金融機関が中小企業のリスケ要請等に柔軟に応じていることに加えて、大手企業を中心とした業績拡大も

2016年9月1日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況 平成28年8月調査

ここから本文です。東京都中小企業の景況 平成28年8月調査都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。7月の景況業況:弱含みで推移見通し:3か月ぶりに上向く7月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲36(前月▲35)と3か月連続で下向き、弱含みで推移した。今後3か月間(8~10月)の業況見通しDI(当月(7月)に比べて「良い」とした企業割合-「悪い」とした企業割合)は、当月▲22(前月▲24)と2ポイント増加、3か月ぶり

2016年8月14日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年7月の全国企業倒産712件

倒産件数が712件 5カ月連続で前年同月を下回る 2016年(平成28年)7月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が712件、負債総額は1,240億1,900万円だった。は、前年同月比9.5%減(75件減)。5カ月連続で前年同月を下回り、直近から遡ると7月度では1991年以降の26年間で最少だった。金融機関が中小企業のリスケ要請等に柔軟に応じていることや、大手企業を中心とした業績拡大による景気の底上げなども影響して、依然として低水準な推移が続いている。これに対しては、前年同月比3

2016年7月17日東京商工リサーチ★フィードバック数:0社会/政治

「円安」関連倒産(6月、上半期)

公開日付:2016.07.08 6月のドル円相場は、円高・ドル安の基調で推移していたが、24日の東京外国為替市場では、英国の欧州連合(EU)を巡る国民投票で離脱派が優勢との観測から、円を買う動きが急激に強まり、午前11時半過ぎに2013年11月以来、2年7カ月ぶりに1ドル=99円台を付けた。こうしたなか、2016年6月の「円安」関連倒産は7件(前年同月24件)にとどまった。ただし、円安や円高に関わらず、振れが大きな為替変動は、中小企業の経営に影響が大きいため今後の為替相場の動きから目を離せない。

2016年7月5日神戸市フィードバック数:0社会/政治

神戸の商業―平成26年商業統計調査結果―

神戸の商業―平成26年商業統計調査結果―記者資料提供(平成28年6月28日) 企画調整局政策企画部政策調査課 岡野,立石,石井 TEL:078-322-5033 内線:2328 E-MAIL:toukeikaiseki@office.city.kobe.lg.jp神戸市統計報告(平成28年度 No.2)神戸の商業―平成26年商業統計調査結果―  平成26年7月1日現在で実施された平成26年商業統計調査において神戸市の結果が得られましたので,平成26年における神戸市の卸売業,小売業について紹介いた

2016年7月2日MasterCardフィードバック数:0マーケティング

2016年5月の消費動向レポート「SpendingPulse」

プレスリリースMasterCard 2016年5月の消費動向レポート「SpendingPulse」を発表 小売販売額は1.5%減少 MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス、日本地区社長:ナンダン・マー)の事業部門であるMasterCard Advisorsは本日、日本の小売販売額を調査するマクロ経済レポート、SpendingPulse™の5月のレポートを発表しました。日本の小売販売額は前月比で5.3%、また前年同月比では1.5%減少しました。5月の小売販売額の季節調整済前月比は0

2016年6月30日Criteo★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Eコマースの未来―2026年への道のり

Ovum社調査レポート:Eコマースの未来―2026年への道のり今後10年間におけるEコマースの動向を予測したOvum(オーバム)社の調査に基づく本レポートは、デジタルとモバイルを活用する小売業者にとって大変有益な内容となっています。PDF としてダウンロード 未来を正確に予測することはできません。しかし、Ovum社は小売業界に影響を与え続けるテクノロジーの進化を注意深く観察・分析することにより、今後10年間でEコマースが私たちに何をもたらすのかについて予測しました。今から備えておければ、時

2016年6月29日東京都フィードバック数:0ビジネス

東京都中小企業の景況 平成28年6月調査

東京都中小企業の景況平成28年6月22日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。5月の景況業況:わずかに悪化見通し:足踏み状態続く◎5月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲34(前月▲31)と3ポイント減少し、わずかに悪化した。今後3か月間(6〜8月)の業況見通しDI(当月(5月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲19(前月▲18)とほぼ横ばいで推移し、足踏み状態が続いて

2016年5月29日東京都★フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年5月調査

東京都中小企業の景況平成28年5月24日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。4月の景況 業況:前月より4ポイント改善見通し:改善への期待感が一服◎4月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲31と、前月(▲35)より4ポイント増加とやや改善した。今後3か月間(5〜7月)の業況見通しDI(当月(4月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲18(前月 ▲19)とほぼ横ばいとなり、

2016年4月4日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年3月調査

東京都中小企業の景況平成28年3月調査平成28年3月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。2月の景況業況:横ばい見通し:慎重な見方続く ◎2月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲34と、前月(▲34)と比べて変化がなく横ばいとなった。今後3か月間(3〜5月)の業況見通しDI(当月(2月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲25(前月▲23)と2ポイント減少、4か月連

2016年2月29日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況 平成28年2月調査

東京都中小企業の景況平成28年2月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。1月の景況業況:3か月連続で悪化見通し:先行き懸念◎1月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲34(前月▲31)と3ポイント減少し、3か月連続で悪化した。今後3か月間(2〜4月)の業況見通しDI(当月(1月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲23(前月▲19)と4ポイント減少、やや後退し先行きが

2016年2月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年 全国社長の年齢調査

公開日付:2016.02.08 2015年の全国社長の平均年齢は、前年より0.2歳延びて60.8歳になった。中小企業に事業承継は大きな課題になっている。社長の年齢分布は、特に70代以上の社長の構成比が上昇する一方、30代以下は伸び悩み、社長の高齢化に拍車がかかっていることがわかった。社長年齢と業績の相関では、社長が若年なほど「増収増益」企業の比率が高い傾向がある一方、「赤字」企業率は社長が70代以上ほど比率が高かった。また、2015年の「休廃業・解散」は、社長が70代以上の企業が全体の4割(構成

2016年1月29日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「アパレル販売業」の倒産状況

公開日付:2016.01.27 2015年のアパレル販売業の倒産は474件(前年比4.6%増)で、2年連続で前年を上回った。卸・小売ともに取扱い品では子供・婦人服が最多、負債額別では1億円未満が約7割、形態別では破産が8割以上を占め、資金余裕の乏しい小・零細規模の倒産を中心に展開した。474件のうち、チャイナリスクに起因する倒産は25件発生し、円安の影響を受けた倒産は38件だった。倒産全体は減少傾向をたどり沈静化しているが、アパレル業界は競合激化に加えて、中国の人件費高騰などコストアップ要因の影

2015年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年11月の全国企業倒産

倒産件数が711件 11月度としては1990年以来の低水準 2015年(平成27年)11月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が711件、負債総額は1,416億5,000万円だった。は、前年同月比3.3%減(25件減)で、8カ月連続で前年同月を下回った。また11月度としては、1990年(633件)以来の低水準だった。金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じるなどの金融支援や、大手輸出企業を中心とした業績拡大に牽引される形で景気が底上げされていることも影響した。ただし、前年同月比

2015年10月21日東京都★★フィードバック数:0社会/政治

「東京都就業者数の予測」の概要

「東京都就業者数の予測」の概要平成27年10月21日総務局 この予測は、平成22年10月1日現在の国勢調査結果を基に、平成27(2015)年、32(2020)年、37(2025)年、42(2030)年及び47(2035)年における東京都の昼間就業者数(従業地による就業者数)について、区市町村ごとに、産業別、職業別、産業・職業別及び男女、年齢階級別に予測したものです。平成47年の東京都の昼間就業者数は738万人(男性444万人、女性294万人)平成22年に比べ80万人の減少(男性56万人減、女性2

2015年9月9日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年3月期「中小企業の業績」動向調査

公開日付:2015.09.08 資本金1億円未満の中小企業の2015年3月期決算は、売上高総額が前期比0.4%増だった。四半期毎に比較すると増収幅は2014年9月期(前期比6.0%増)、2014年12月期(同3.2%増)に比べて大きく鈍化。全体のなかで増収企業が占める割合は47.8%と、2014年12月期決算に引き続いて5割を割り込んだ。利益面では利益総額は前期比3.0%増と伸びたが、四半期前(2014年12月期)と比較して黒字企業率が8.7ポイント低下、減益企業率は5.1ポイント増加した。中小

タブレット端末のビジネス利用調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング急速に進むタブレット端末のビジネス利用 タブレット端末のビジネス利用380事例・222.5万台、支援ソリューション270事例を調査。調査対象分野は、教育、小売業、金融・保険・サービス業など9分野。• 3年前に比べ、利用事例、支援ソリューションともに2倍強増加• iPad導入事例が7割、導入台数ではAndroidが7割強• 教育分野での利用多く、全導入台数の68%を占める• 支援ソリューションは43%がマルチディバイス対応 市場調査・コンサルティング

2015年8月20日帝国データバンク★★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査

2015/8/20人手不足に対する企業の動向調査「飲食店」での人手不足、非正社員で7割超〜 正社員でも小売業やサービス業で人手不足強まる 〜はじめに景気回復が緩やかに続き、リーマン・ショックによる不況で急落した有効求人倍率は年々増加しているなか、8月に解禁された採用活動も活発になるなど、企業において人材の獲得競争が依然続いている。また、独立行政法人労働政策研究・研修機構が2014年5月に発表した労働力需給の将来推計 によれば、経済成長と労働参加が適切に進まない場合、2030年には労働力人口が最大

卸・小売業とEC/インターネット広告

株式会社ブレイン・リサーチ&マーケティングはビジネスやマーケットのレポートを通して、貴社のパートナーである会社です。 〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目2番14号新槇町ビル別館第一2階 2015年5月17日卸・小売業とEC/インターネット広告自社サイトによるEC強化要望/ソリューションニーズ――消費者の変化、競合激化など環境がより厳しく―― 卸・小売業の業態にもよるが、人口減少による消費額の縮小、給与の停滞による節約型消費の定着、店舗の増加による実店舗間の顧客獲得競争の激化などで、概

2015年6月22日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況-平成27年6月調査

東京都中小企業の景況平成27年6月調査平成27年6月22日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。5月の景況業況:横ばいで様子を伺う見通し:模様眺め◎5月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲27(前月▲27)と横ばいで変化がなく、前月の改善から様子を伺う状況となった。今後3か月間(6〜8月)の業況見通しDI(当月(5月)に比べて「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲14(前月▲13)

2015年5月25日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況-平成27年5月調査

東京都中小企業の景況―平成27年5月調査―平成27年5月25日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。4月の景況業況:ほぼ横ばいから上向く見通し:改善への期待感が一服◎4月の都内中小企業の業況DI(業況が「良い」とした企業割合−「悪い」とした企業割合)は、当月▲27(前月▲35)と8ポイント増加した。全業種・全規模で改善し、ほぼ横ばいから上向き、昨年10月の水準に戻した。今後3か月間(5〜7月)の業況見通しDI(当月(4月)に比べて「良い」とした企業割合−

2015年5月22日流通経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足が売場を変える

鈴木 雄高公益財団法人流通経済研究所 主任研究員顕在化する人手不足問題近年、多くの労働現場で人手不足が問題となっている。多くの人手に支えられている小売店舗においても例外ではない。図表は、卸売業・小売業のパートタイム労働者過不足判断D.I.の推移である。これによると、卸売業・小売業の事業所において重要な労働力であるパートタイム労働者は、2010年以降、不足の傾向が強まっていることがわかる。本稿では、人手不足が小売店舗に及ぼす影響を考えてみたい。出所:厚生労働省「労働経済動向調査」より作成※労働者過

2015年5月8日東京都★★フィードバック数:0ビジネス

東京都のレポートです。

26年度東京の中小企業の現状(流通産業編)

『平成26年度 東京の中小企業の現状(流通産業編)』 を発行しました平成27年5月7日産業労働局 東京都は、都内中小企業の現状に関する調査を毎年実施しています。この度、「平成26年度 東京の中小企業の現状(流通産業編)」を発行しました。本調査は、3年サイクルで継続的に「流通産業」「製造業」「サービス産業」を対象として実施しており、流通産業編の発行は平成23年度以来3年ぶりとなります。報告書では、第1編で既存統計から都内流通産業を取り巻く現状を捉え、第2編で都内中小流通業10,000社へのアンケー

2015年4月1日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年3月

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、前年の反動から足元では一服も、持ち直しに向けた動きが続く(LOBO調査2015年3月結果) ニュースライン業況DIは、前年の反動から足元では一服も、持ち直しに向けた動きが続く(LOBO調査2015年3月結果)2015年3月31日 14:00日本商工会議所が31日に発表した3月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、3月の全産業合計の業況DIは、▲24.7と、前月から▲3.0ポイントの悪化。ただし、比較対象の前年同月は、駆け込み需要を

2015年3月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年2月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2月消費統計春物商材、外食の堅調さを確認 2015年3月27日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年2月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.8%と増加した。ただし振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ると、同▲1.4%と減少した。◆供給側から個人消費動向を捉えた商業動態統計を見ると、2月の名目小売販売額は、季節調

2015年3月23日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況-平成27年3月調査-

東京都中小企業の景況平成27年3月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。2月の景況業況:依然として足踏み状態続く見通し:一時後退から戻す◎2月の都内中小企業の業況DIは、当月▲35(前月▲36)とほぼ横ばいで推移、11月(▲35)以降の4か月間ほとんど動きがみられず、依然として足踏み状態が続いている。今後3か月間(3〜5月)の業況見通しDIは、当月▲18(前月▲22)と4ポイント増加、8月(▲19)以降の静観から前月一時後退したものの、ゆり戻した。

2015年3月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年2月の全国企業倒産692件

倒産件数が692件 2月度としては24年ぶりの700件割れ 2015年(平成27年)2月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が692件、負債総額は1,511億8,000万円だった。は、前年同月比11.5%減(90件減)で5カ月連続で前年同月を下回った。2月度としては1991年(677件)以来、24年ぶりに700件を下回る低水準にとどまった。金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、景気対策として実施された公共事業の前倒し発注の影響、さらに中小企業向け貸出金の増加も経営を下

2015年3月1日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年2月結果

トップページ > ニュースライン > 業況DIは、2カ月連続改善。先行きも持ち直し見込むも、慎重な見方が残る(LOBO調査2015年2月結果) ニュースライン業況DIは、2カ月連続改善。先行きも持ち直し見込むも、慎重な見方が残る(LOBO調査2015年2月結果)2015年2月27日 14:00日本商工会議所が27日に発表した2月の商工会議所LOBO(早期景気観測)調査結果によると、2月の全産業合計の業況DIは、▲21.7と、前月から+4.2ポイントの改善。原油安の恩恵が幅広い業種に広がる中、米国

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1月消費統計食料品の値上げや冬物商品の動きの鈍さを主因に増加傾向が足踏み 2015年2月27日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2015年1月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲0.3%と減少した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同▲0.3%と減少しており、家計調査に見る個人消費は増加傾向が足踏みする結果となっ

2015年2月23日東京都フィードバック数:0社会/政治

東京都中小企業の景況-平成27年2月調査-

東京都中小企業の景況平成27年2月23日産業労働局 都内中小企業の景況調査の結果がまとまりましたのでお知らせいたします。1月の景況業況:引き続き横ばい見通し:静観からわずかに後退◎1月の都内中小企業の業況DIは、当月▲36(前月▲36)と先月に引き続き横ばいとなる。今後3か月間(2〜4月)の業況見通しDIは、当月▲22(前月▲19)と3ポイント減少、8月(▲19)以降の静観からわずかに後退した。○業種別の業況DIをみると、製造業(▲30→▲30)は横ばい、下降傾向が沈静化したほか、卸売業(▲41

2015年2月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年「休廃業・解散企業」動向調査

公開日付:2015.02.09 2014年の休廃業・解散件数は2万6,999件。3年ぶりに前年を下回ったが、過去10年間で3番目に多い件数で、休廃業・解散企業は高い水準で推移した。後継者難や業績ジリ貧などで事業継続を断念する企業が依然として多いことを浮き彫りにした。本調査は、東京商工リサーチの企業データベースから休廃業、解散が判明した企業を抽出した。「休廃業」は、資産が負債を上回る「資産超過」状態での事業停止で、倒産には集計されない。また、「解散」は事業継続を断念する点では倒産と同じだが、資産に

2015年2月9日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年9月期「中小企業の業績」動向調査

公開日付:2015.02.09 資本金1億円未満の中小企業の2014年9月期決算は、売上高が前期比5.9%増、利益面でも同14.6%増と全体の総額では増収増益となった。ただし、企業数で比較すると増収企業率は54.5%、増益企業は49.0%と半数程度で、2014年3月期と比べて増収企業率、増益企業率ともに比率がダウンした。2013年9月期以降、中小企業の決算内容は大企業を追いかける形で増収基調を辿り、景気回復が中小企業にも浸透しつつある。増収、増益企業比率は伸び悩みをみせ、増収増益が一部の企業に偏

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月消費統計2014年10-12月期のGDPベースの個人消費は前期比+1%程度の増加へ 2015年1月30日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年12月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+0.3%と増加しており、家計調査に見る個人消費は持ち直しの動

2015年1月29日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成26年10-12月期地域経済産業調査

「平成26年10-12月期地域経済産業調査」をまとめました 経済産業省はこのたび、各地方経済産業局(電力・ガス事業北陸支局、沖縄経済産業部を含む)が、各地域の経済動向を把握するために、四半期ごとに行っている地域経済産業調査の結果をとりまとめました。【今回の調査結果のポイント】全体の景況判断は前期から据え置き、「一部に弱い動きがみられるが、持ち直しが続いている」としました。地域別では、景況判断を北陸、九州で上方修正し、北海道、東海、中国の3地域で下方修正し、その他の5地域で据え置きました。生産は

材料の種(ねたのたね)2014年 年間まとめ号

2015年の傾向を考えるマーケティングのねたたね材料の種2014年 年間まとめ号ジャストリサーチサービスはマーケティングリサーチを主たる業務としています。マーケティングの材料(ねた)の種(たね)探しから、水遣り、成長過程の検討、成果物の評価まで、マーケティングに関するあらゆる場面でお手伝いをさせていただきます。「マーケティングの材料の種」は2ヶ月に1度「日経新聞」「日経MJ」に掲載された記事の中から「材料の種」となる記事を抜粋し、その月の兆候を読み取ったものを作成しております。今号では2014年

2015年1月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年12月の全国企業倒産686件

倒産件数が686件 12月度としては25年ぶりの700件割れ 2014年(平成26年)12月度の全国企業倒産は、件数(負債額1,000万円以上)が686件、負債総額は1,783億1,400万円だった。は、前年同月比8.5%減(64件減)で3カ月連続で前年同月を下回った。12月度としては1989年(493件)以来、25年ぶりに700件を下回る低水準だった。これは、金融機関が中小企業のリスケ要請に応じていることや、年末資金の円滑化が図られたこと。さらに景気対策として実施された公共事業の前倒し発注など

2014年12月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年11月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 11月消費統計振れの大きい項目の下押しを他の項目の増加が補う 2014年12月26日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年11月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+0.4%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+0.6%と増加しており、家計調査に見る個人消費は持ち直しの動きを示している。◆供給側か

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ