「小売業者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年2月13日CRITEO★フィードバック数:0マーケティング

2017年デジタルコマース&マーケティングの展望

2017年デジタルコマース&マーケティングの展望 ~5つのキートレンドを発表~パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2月1日にCriteo日本支社で行われたメディアラウンドテーブルにて、「2017年デジタルコマース&マーケティングの展望」を発表しました。<5つのキートレンド>①消費者は高価商品の購入においてもモバイルデバイスを使用する<Key Facts>・デスクトップはかつては高価商品の購入チャ

2017年1月26日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

グローバル・コネクテッドコマース調査

オンライン、オフラインを横断する買い物客に訴求するオムニチャネル戦略世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバル・コネクテッドコマース調査」の結果を発表しました。現代の消費者を一語で表すとしたら、「コネクテッド」が候補の最上位に来ることは間違いないでしょう。実際、35億人がインターネットを利用し、携帯電話契約者が74億人、アクティブなFacebookユーザーが17.9億人*2に達する現在、コネクテッドという言葉は、今日の市場を表す語として単に適切以上の一語と言えるかもしれませ

2016年11月24日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

グローバル・リテール・ロイヤリティ調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバル・リテール・ロイヤリティ調査」の結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。ショッピングにおいて、選択は重要な意味を持つ言葉です。消費者が買い物をする場所が専門小売店か大型小売店か、あるいはコンピュータかモバイルデバイスかに関わらず、嗜好を満足させ、セール品を見つけ、費用を支払うことには、現在はかつてないほど様々な方法があります。これほどまで

2016年11月11日アドビ システムズ★フィードバック数:0マーケティング

2016 Digital Insights Shopping Predictions

体験をフルに実現するために、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。アドビは世界を変えるデジタルエクスペリエンスを提供しています。アドビのクリエイティブ、マーケティング、ドキュメントソリューションは、新進アーティストからグローバルブランドまでのあらゆるデジタルコンテンツを適切なタイミングで適切な人に提供することで最高の結果の実現を支援します。 アドビ、今年のホリデーシーズンのオンラインショッピング売上高は過去最高の910億ドルに達すると予測 モバイル端末の利

2016年11月11日アドビ システムズフィードバック数:0モバイル

小売業者のモバイルサイトに関する調査

Blog Post:小売業者がスマートフォンからのトラフィック増加による収益促進の機会を逸していることが明らかに ※当資料は、2016年10月27日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。 【2016年11月7日】 米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、小売業者のモバイルサイトに関する調査結果「2016 Digital Insights Mobile Retail」を発表しました。スマートフォ

2016年8月7日東京商工リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

「電力小売の自由化」アンケート調査

公開日付:2016.07.29 2016年4月1日、電力小売の全面自由化がスタートした。電力の販売が可能な登録小売電気事業者(以下、電力小売業者)はエネルギー関連や商社、リース会社など、318社(資源エネルギー庁資料、7月14日現在)にのぼる。従来の10電力会社の築いた一般家庭や中小企業などの小規模需要家の市場に積極的な営業を展開している。東京商工リサーチでは、電力需要の増える夏本番を前に全国の中小企業を対象に「電力小売自由化」に関するアンケート調査を実施し、動向と課題をまとめた。全面自由化がス

2016年7月5日ニールセンフィードバック数:0ビジネス

グローバル 小売成長戦略調査

消費者は、銀行(42%)、調理済み食品(40%)、薬局(39%)などの店内サービスを利用 価格帯の両端で成長: ディスカウントストア(2.6%)、高級食品小売業(6.8%)が成長中買い物の楽しみのひとつは“狩り”に似たワクワク感 ― 全世界の回答者の59%が、時間をかけてセール品を見つけることを楽しんでいる、と回答しました。これは特に北米(68%)と南米(64%)で高くなっています。消費者はお買い得品のとりこです。バーゲンで買い物をする状況を、小売業者や製造業者が作り出しているからかもしれません

2016年6月27日A.T. カーニーフィードバック数:0社会/政治

2016年新興国小売市場の参入魅力度ランキング

[] 経営コンサルティング会社A.T. カーニー(本部:米国イリノイ州シカゴ、東京オフィス:港区)は、本日、世界の新興国小売市場に関する最新調査「2016年グローバル・リテール・デベロップメント指数」の結果を発表し、参入魅力度の高い国上位30カ国をランキングした。 世界で最もダイナミックな小売市場の一つである中国が1位、そして法整備等によりビジネス機会が向上し、急成長中のインドが2位へと躍り出た。今年で15回目となる「グローバル・リテール・デベロップメント指数(以下GRDI: Global Re

2016年1月28日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

小売業のビッグデータ活用に関する調査結果 2015

2016年01月27日 小売業のビッグデータ活用に関する調査結果2015 ~課題とは認識しつつも、遅れている小売業のビッグデータへの取り組み~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の小売業者のITやビッグデータに関する取り組み状況について調査を実施した。1.調査期間:2015年11月~12月2.調査対象:国内の大手小売業者3.調査方法:電話によるヒアリング調査<小売業のビッグデータ活用に関する調査とは>日本国内の売上高上位の小売業者(百貨店、スーパーマーケット、専門店、生協等)を対

2016年1月27日ニールセンフィードバック数:0大型消費/投資

グローバル・コネクテッド・コマース調査

世界の57%が過去6ヵ月間に海外の小売業者からインターネットを利用して商品を購入 便利な機器が普及して新たな支払方法の選択肢が考案された結果、“モバイルファースト”から“モバイルオンリー”戦略へ移行する小売業者が増加Eコマースがモバイル対応となり、革新的技術は世界中の消費者に従来とは比較にならない商品へのアクセスを可能にしています。消費者はもはや、地元の店や自分の国の品揃えに縛られてはいません。世界の57%が、過去半年間に海外の小売業者からのオンライン購入を経験しており、この値は、アジア太平洋地

2015年7月30日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

玩具関連企業2651社の実態調査

2015年7月30日ヒット商品が牽引し、製造・卸は好調〜 小売は恩恵薄く、明暗分かれる 〜 夏休みシーズンに突入し、ファミリー層を中心とした消費動向が注目されている。子供や孫たちの帰省に伴って、各種おもちゃの購買意欲も高まることが予想される。一般社団法人日本玩具協会の調査によれば、2014年度の玩具市場は前年度比約9.0%の伸びを示し、過去10年で最高を記録。「妖怪ウォッチ」や「アナと雪の女王」関連の消費が、市場拡大を牽引したと分析されている。帝国データバンクでは、企業概要データベースCOS

2014年12月21日三井住友銀行フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人の消費需要取り込みが期待される小売業界

産業トピックスMonthly ReviewMR株式会社三井住友銀行P. 12015 年 1 月企業調査部江藤 友紀訪日外国人の消費需要取り込みが期待される小売業界政府の施策や円安影響を受けて、訪日外国人数が増加しています。こうしたなか、小売業界では、2014 年 10 月の免税店制度改正が後押しとなり、訪日外国人の消費需要捕捉に向けた取り組みが活発化しており、今後の業績を左右する動きとして注目が集まっています。めているのは、都市部の家電量販店や百貨店などに限られ、小売業界全体としての効果は大きく

2014年12月19日hybrisフィードバック数:0マーケティング

2014年版小売業のオムニチャネル:2つの課題(Omni-Channel Retail 2014: Double Trouble)

Skip to contentSkip to navigation menuミュンヘン – 2014年12月19日ハイブリスとRSR社がグローバル調査レポートを公開 小売業者が抱えるオムニチャネルの次の課題はクロスチャネルの在庫管理システム全体に渡って在庫の可視性を実現しているのは、回答者の半数にも満たないことが判明急成長のコマース・プラットフォーム・プロバイダである独ハイブリスソフトウェア(an SAP Company)は本日、RSR社の調査結果を公開し、小売業者がオムニチャネル・コマースの次

PwCのレポートです。

トータルリテールの実現‐顧客の期待が次なる小売ビジネスモデルの原動力

トータルリテールの実現‐顧客の期待が次なる小売ビジネスモデルの原動力本報告書は、世界15カ国・地域の約15,000人のオンライン買い物客を対象に実施したPwC世界トータルリテール調査(PwC Global Total Retail Survey)の結果をまとめたものです。今回の結果より、消費者は小売業者に顧客の心をつかむ店舗内テクノロジー、24時間対応のサービス精神、リアルタイムで把握できる各店舗の在庫状況、そして同じ小売業者であれば、どの購買チャネルからも同じ価格、同じ割引率で購入ができるとい

2014年6月22日公正取引委員会★フィードバック数:0ライフスタイル

公正取引委員会の調査です。

食品分野におけるプライベート・ブランド商品の取引に関する実態調査報告書

(平成26年6月20日)食品分野におけるプライベート・ブランド商品の取引に関する実態調査報告書平成26年6月20日 公正取引委員会関連資料第1 調査の趣旨・方法等1 調査の趣旨 公正取引委員会は,独占禁止法上の優越的地位の濫用規制及び下請法に基づき,事業者に不当に不利益を与える行為に対して厳正かつ効果的に対処するとともに,違反行為の未然防止に係る取組を行っている。この未然防止の取組の一環として,優越的地位の濫用又は下請法の問題となり得る事例が見受けられる取引分野について,従前より取引の実態を把握

2014年2月27日Marin Softwareフィードバック数:0マーケティング

Googleショッピング:モバイルショッピングの増加とPLAの普及(2014年版)

マリンソフトウェア、検索広告に関する調査結果を発表~ 2014年に重要性を増すGoogle商品リスト広告(PLA)~ 2014年末、小売業者がPLAに割り当てる予算は検索広告予算総額の3分の1に到達すると予測最先端の統合型広告運用プラットフォームで広告主および広告代理店の収益最大化に貢献するマリンソフトウェア株式会社(所在地:東京都千代田区、マネージングディレクター:ジェイ レヴェルズ、以下 マリンソフトウェア)は本日、最新の調査レポート、「Googleショッピング:モバイルショッピングの増加と

2013年6月27日公正取引委員会★★フィードバック数:37デジタル家電

公正取引委員会によるレポートです。

電子書籍市場の動向について

電子書籍市場の動向について公正取引委員会競争政策研究センター電子書籍市場の動向について【執筆者】大橋弘東京大学大学院経済学研究科教授・CPRC 主任研究官泉克幸京都女子大学法学部教授・元 CPRC 客員研究員田中辰雄慶應義塾大学経済学部准教授・元 CPRC 客員研究員上田昌史京都産業大学経済学部助教・元 CPRC 研究員山田弘公正取引委員会事務総局経済取引局取引部取引企画課長・CPRC 研究員田邊貴紀公正取引委員会事務総局経済取引局取引部取引企画課長補佐・CPRC 研究員塩友樹公正取引委員会事務

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ