調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 小幅上方修正

「小幅上方修正」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年9月29日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:実質GDP成長率(第2四半期、確報値)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報September 26, 2014【米国経済指標】実質 GDP 成長率(第 2 四半期、確報値):前期比年率+4.6%第 2 四半期の実質 GDP 成長率(確報値)は実質GDP成長率の推移(項目別寄与度)前期比年率+4.6%と、改訂値の同+4.2%から上方(前期比年率%)6修正され、2011 年第 4 四半期以来

2014年1~3月期のGDP(2次速報)結果

本日発表された2014年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.6%(年率+6.7%)と1次速報値の同+1.5%(年率換算+5.9%)から上方修正された。名目成長率も、同+1.2%(年率+5.1%)から同+1.4%(年率+5.7%)に上方修正され、GDPデフレーターは前年同期比横ばいから同-0.1%に小幅下方修正された。一方、2013年度の実質GDP成長率は前年比+2.3%のまま据え置かれた。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は非耐久財やサービスへの支出が上方

2014年4月9日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Monthly(2014年4月)-米国の経済・金融情勢

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJEconomic Research Group (New York)Satoko Ura, sura@us.mufg.jpTEL:(212)782-5710 FAX:(212)782-5711April 8, 2014米国の経済・金融情勢z[概観]第 4 四半期実質 GDP 成長率(確報値)は前期比年率+2.6%と、改定値の同+2.4%から小幅上方修正された。内訳をみると、個人消費は同+2.

2014年4月3日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:ADP雇用統計(3月)、製造業受注(2月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報April 2, 2014【米国経済指標】ADP 雇用統計(3 月):民間雇用者数 前月比+19.1 万人3 月の ADP 民間雇用者数は前月比+19.1 万人ADP民間雇用者数の推移と昨年 11 月以来の伸びとなった。一方、製造(前月比、万人)403020100-10-20-30-40-50-60-70-80-9

2013年7月3日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:製造業受注(2013年5月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報July 2, 2013【米国経済指標】製造業受注(5 月):前月比+2.1%、耐久財受注同+3.7%、非耐久財受注同+0.7%、コア資本財受注同+1.5%、製造業出荷同+1.0%5 月の製造業受注は前月比+2.1%と、事前の市製造業受注の推移場予想(Bloomberg 調査)の同+2.0%をやや上回(億ドル)5

2013年1~3月期のGDP(2次速報)結果

本日発表された2013年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.0%(年率+4.1%)と1次速報値の同+0.9%(年率換算+3.5%)から小幅上方修正された。名目成長率も、同+0.4%(年率+1.5%)から同+0.6%(年率+2.2%)に上方修正となった。なお、GDPデフレーターは、前年同期比-1.2%から同-1.1%に変更された。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.9%、住宅投資は同+1.9%から修正がなかった。設備投資は、1次速報時点では公表さ

2012年10~12月期のGDP(2次速報)結果

本日発表された2012年10~12月期の実質GDP(2次速報)は前期比+0.0%(年率+0.2%)と1次速報値の同-0.1%(同-0.4%)から小幅上方修正された。名目成長率も、同-0.3%(年率-1.3%)と、1次速報値のから若干上方修正された。GDPデフレーターは、前年同期比-0.7%となり、1次速報の同-0.6%からややマイナス幅が拡大した。需要項目別に1次速報からの修正状況をみていくと、個人消費は前期比+0.4%から同+0.5%に若干上方修正され、住宅投資は同+3.5%から修正がなかった

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2012年10-12月期GDP(2次速報値)の予測 ~前期比年率▲0.0%への小幅上方修正を予想

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:2012年10-12月期GDP(2次速報値)の予測~前期比年率▲0.0%への小幅上方修正を予想発表日:2013年3月1日(金)~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-45283月8日に内閣府から公表される 2012 年 10-12 月期実質GDP(2次速報)は前期比年率▲0.0%(前期比▲0.0%)と、1次速報段階の前期比年率▲0.4%(前期比▲0.1%)から小幅上方修正されると予想する

2013年2月24日第一生命保険★フィードバック数:1社会/政治

民間調査機関21社の経済見通しを概観しています。

民間調査機関の経済見通し(2013年2月)

Economic Trendsマクロ経済分析レポート民間調査機関の経済見通し(2013年2月)発表日:2013年2月20日(水)~経済対策による公共投資の増加と円安の進展を背景に13年度の成長率が大幅上方修正~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(要旨)○民間調査機関 21 社の経済見通しが出揃った。実質GDP成長率の平均値は、2012 年度が前年度比+0.9%(11 月時点見通し:同+0.8%)と小幅上方修正。2013 年度は同+2.2%

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ