「小幅上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年12月17日地方債協会フィードバック数:0社会/政治

「公社債市場動向」(2014年11月)

時の動きM O V E1M E N T公社債市場動向(2016年10月)SMBC 日興証券 金融経済調査部 10月は 「長期金利ターゲット導入」 によりボラティリティが低下し、 閑散とした相場が続いた。  9月30日の日銀国債買い入れオペにおいて5-10年ゾーンが減額 された。オペの前日に10年金利が▲0.090%まで低下していた為、 市場では日銀の長期金利ターゲットの許容範囲は▲0.1%程度と受け 止められた。10月はオペの減額を受けて10年金利は小幅に上昇して 始まったが影響は限定的だった。

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>2014-12-05 概要第47 回衆議院議員総選挙が12 月2 日に公示され、14 日の投開票に向けた選挙戦がスタートした。安倍総理は2015 年10 月に予定されていた消費税率再引き上げを2017 年4 月へ先送りするとともに、この判断の是非について国民の信を問うためとして解散を行った。アベノミクスを継続するか転換するかどうか。党首討論でも繰り返し議論されているように、雇用は重要な判断指標の一つである。本稿では、

2014年8月5日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用は緩やかな増加基調維持も、失業率が小幅上昇(14年7月雇用統計) ~雇用の質改善も賃金上昇は依然抑制~

米国 雇用は緩やかな増加基調維持も、失業率が小幅上昇(14年7月雇用統計) ~雇用の質改善も賃金上昇は依然抑制~

主要国のリート市場の最近の動向(2014年3月)

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー グローバル・新興国 【デイリー No.1,845】主要国のリート市場の最近の動向(3月) ~通貨要因で小幅上昇~ 【デイリー No.1,845】主要国のリート市場の最近の動向(3月) ~通貨要因で小幅上昇~2014年04月15日<ポイント> ・3月のリート市場は、米国や英国で利上げが早まる観測が強まったことから、現地通貨ベースでは下落しました。 ・一方、為替市場で主要通貨が円に対して上昇したことから、円ベースでは上昇しました。 ・

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ