「小幅増加」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月28日第一生命保険フィードバック数:0ビジネス

商業動態統計(2015年4月) ~小幅増加だが、足取りの鈍さは拭えない~

商業動態統計(2015年4月) ~小幅増加だが、足取りの鈍さは拭えない~

日米経済(週次)予測(2015年5月4日)<日本経済:1-3月期は国内需要の小幅拡大を純輸出の小幅縮小が相殺><米国経済:所得サイドから経済成長率(1-3月期)を見れば、米国経済は少しも悪くない>

日米経済(週次)予測(2015年5月4日)<日本経済:1-3月期は国内需要の小幅拡大を純輸出の小幅縮小が相殺><米国経済:所得サイドから経済成長率(1-3月期)を見れば、米国経済は少しも悪くない>2015-05-04 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.48-景気は足下、先行きともに改善の方向にある [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに改善の方

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2015年1月-2月)

<要旨>12月の鉱工業生産指数は前月比+0.3%と2カ月ぶりの上昇。結果、10-12月期は前期比+0.1%と2期ぶりに小幅増産となった。1月関西の貿易は、輸出は23カ月連続で増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から-83.6%縮小した。1月の景気ウォッチャー現状判断DIは小幅ながら2カ月連続の改善。訪日外国人の消費の拡大が改善に寄与。先行き判断DIは原油安や賃上げ期待もあり2カ月連続の大幅改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。10、11月の現金

2015年2月13日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査(2014年12月) ~10-12月期は横ばいも、先行きは増加が示唆される~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:機械受注統計調査(2014年12月)発表日 2015年2月12日(木)~10-12月期は横ばいも、先行きは増加が示唆される~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)民需代理店製造業2014船舶・電力除く前期比4.2▲ 10.45.60.41.5前期比3.9▲ 8.512.60.8▲ 2.1非製造業船舶・電力除く前期比▲ 1.0▲ 6.7▲ 1.2▲ 0.74.9官

2015年1月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年12月) ~実質消費、実質小売業販売ともに小幅増加~

家計調査・商業販売統計(2014年12月) ~実質消費、実質小売業販売ともに小幅増加~

2014年12月25日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度 経済見通し(3次改訂)

情報メモ NO.26-1162014・2015 年度 経済見通し(3 次改訂)2014 年 12 月 22 日 調査部-消費税影響による景気低迷は底を打ち、自律的な回復を歩む-ポイント◯ 2014 年度の実質 GDP は前年度比▲0.7%を見込む。以下の要因により、マイナス成長に転じる。① 消費税率引き上げ後の反動減が長引き、年度前半は内需の回復に遅れがみられた。民間投資はマイナスが続き、個人消費は実質所得の減少による消費者マインドの悪化で、小幅の回復にとどまるなど停滞感が漂う。② 日本製品の競

2014年11月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Monthly:米国の経済・金融情勢(2014年11月)

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報MUFG Union Bank, N.A. Economic Research NYSatoko Ura | 浦 賢子+1(212)782-5710, sura@us.mufg.jpA member of MUFG, a global financial groupNovember 13, 2014米国の経済・金融情勢概観 2014 年第 3 四半期実質 GDP 成長率(速報値)は前期比年率+3.5%と、前期の同+4.6%の伸びからは鈍化し

関西経済月次分析(8-9月)

<要 旨>・7月の鉱工業生産指は2カ月ぶりの前月比上昇。生産は緩やかな回復軌道にある。・8月は輸出額の伸びは小幅プラス。一方、輸入は3カ月ぶりのマイナス。結果、貿易収支は6カ月ぶりの黒字。・8月の景気ウォッチャー現状判断DIは4カ月ぶりに悪化。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりの悪化。これまで続いていた消費者心理改善の動きが停滞してきた。・6月の現金給与総額は関西2府4県、関西コアのいずれも4カ月連続のプラスとなった。7月の全国の現金給与総額(確報値)は所定外給与や特別給与の上昇により、5カ月連続

2014年5月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:耐久財受注(4月)、S&P/ケース・シラー住宅価格指数(3月)、消費者信頼感指数(5月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報May 27, 2014【米国経済指標】耐久財受注(4 月):前月比+0.8%、出荷同▲0.2%、コア資本財受注同▲1.2%4 月の耐久財受注は前月比+0.8%と、同▲0.7%耐久財受注の推移減少するとした事前の市場予想(Bloomberg 調(億ドル)2600査)に反して増加。ただ、2 月、3 月の大幅な2400

2014年5月14日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:小売売上(4月)、輸入物価(4月)、企業在庫(3月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報May 13, 2014【米国経済指標】小売売上(4 月):前月比+0.1%、自動車関連を除くと同 0.0%、自動車、ガソリン、建材・園芸用品を除くと同▲0.2%4 月の小売売上及び飲食サービスは前月比+0.1%と、事前の市場予想(Bloomberg 調査)である同+0.4%を下回った。小幅増加に留まった小売売上の

2014年5月2日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(4月26日〆週)、個人所得(3月)、製造業ISM指数(4月)、建設投資(3月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報May 1, 2014【米国経済指標】失業保険申請件数(4 月 26 日〆週):前週比+1.4 万件の 34.4 万件、失業保険受給者数(4 月 19 日〆週)同+9.7 万人の 277.1 万人4 月 26 日〆週の新規失業保険申請件数は前週新規失業保険申請件数の推移比+1.4 万件の 34.4 万件と、32 万

2014年2月12日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:雇用統計(1月)、消費者信用残高(12月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報February 7, 2014【米国経済指標】雇用統計(1 月):非農業雇用者数前月比+11.3 万人、民間部門同+14.2 万人、失業率6.6%1 月の非農業雇用者数は前月比+11.3 万人と、事前の市場予想(Bloomberg 調査)である同+18.0万人を大幅に下回った。12 月の同+7.5 万人の弱い伸び

2014年2月5日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:製造業受注(12月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報February 4, 2014【米国経済指標】製造業受注(12 月):前月比▲1.5%、耐久財受注同▲4.2%、非耐久財受注同+1.1%、コア資本財受注同▲0.6%、製造業出荷同▲0.2%12 月の製造業受注は前月比▲1.5%と、11 月の増加からマイナスに転じ、7 月以来の大幅な減少となった。事前の市場予想(B

2014年1月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary(2014年1月14日):小売売上(12月)、企業在庫(11月)、輸入物価(12月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報January 14, 2014【米国経済指標】小売売上(12 月):前月比+0.2%、自動車関連を除くと同+0.7%、自動車、ガソリン、建材・園芸用品を除くと同+0.7%12 月の小売売上及び飲食サービスは前月比+0.2%と、自動車・部品売上の減少により、10月及び下方修正された 11 月の伸びから鈍化。小売売上

2013年12月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2013年10月) ~増加傾向維持。設備投資は先行き増加へ向かう見込み~

Economic Indicators指標名:機械受注統計調査(2013年10月)定例経済指標レポート発表日 2013年12月11日(水)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 エコノミスト 星野 卓也 TEL:03-5221-4526(単位:%)~増加傾向維持。設備投資は先行き増加へ向かう見込み~民需 製造業 非製造業 船舶・電力除く 船舶・電力除く 前期比 前期比 前期比 12 7-9月 ▲ 1.3 ▲ 3.0 ▲ 0.3 10-12月 ▲ 0.8 ▲ 5.3 5.6 13 1-3月 ▲ 0.

2013年9月17日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:鉱工業生産(8月)

Economic ResearchUra Satoko 浦 賢子BTMU FOCUS USA Diarysura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報September 16, 2013【米国経済指標】鉱工業生産(8 月):前月比+0.4%、うち製造業同+0.7%、設備稼働率同+0.2%ポイントの 77.8%、うち製造業同+0.4%ポイントの 76.1%8 月の鉱工業生産は前月比+0.4%と、事前の市場予想(Bloomberg 調査)である同+0.5%鉱工業生産

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2013年6月) ~夏のボーナスは小幅増加~

毎月勤労統計(2013年6月) ~夏のボーナスは小幅増加~

2013年7月26日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Diary:失業保険申請件数(7月20日〆週)、連邦政府職員向け失業保険申請件数(7月13日〆週)、耐久財受注(6月)

Economic ResearchBTMU FOCUS USA DiaryUra Satoko 浦 賢子sura@us.mufg.jp三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報July 25, 2013【米国経済指標】失業保険申請件数(7 月 20 日〆週):前週比+0.7 万件の 34.3 万件、失業保険受給者数(7 月 13 日〆週)同▲11.9 万人の 299.7 万人7 月 20 日〆週の新規失業保険申請件数は前新規失業保険申請件数の推移週比+0.7 万件の 34.3 万件と、事

2013年7月11日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

BTMU Focus USA Monthly:米国の経済・金融情勢

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJEconomic Research Group (New York)Satoko Ura, sura@us.mufg.jpTEL:(212)782-5710 FAX:(212)782-5711July 10, 2013米国の経済・金融情勢z[概観]2013 年第 1 四半期実質 GDP 成長率(確報値)は前期比年率+1.8%と、改訂値の同+2.4%から大幅に下方修正された。内訳をみると、個人

2013年5月1日第一生命保険★フィードバック数:1キャリアとスキル

ボーナスの見通しです。

2013年夏のボーナス予測 ~前年比+0.7%と、小幅増加に転じると予想~

2013年夏のボーナス予測 ~前年比+0.7%と、小幅増加に転じると予想~

2013年4月8日第一生命保険★フィードバック数:1キャリアとスキル

夏のボーナスの見通しです。

2013年夏のボーナス予測 ~前年比+0.7%と、小幅増加に転じると予想~

2013年夏のボーナス予測 ~前年比+0.7%と、小幅増加に転じると予想~

2013年3月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

米国の経済・金融情勢(2013年3月)

三菱東京UFJ銀行 経済調査室ニューヨーク駐在情報Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJEconomic Research Group (New York)Satoko Ura, sura@us.mufg.jpTEL:(212)782-5710 FAX:(212)782-5711March 12, 2013米国の経済・金融情勢z[概観]2012 年第 4 四半期実質 GDP 成長率(改訂値)は前期比年率+0.1%と、貿易赤字幅が縮小し、設備・住宅投資が上方修正されたことにより速

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ