調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 少子化対策

「少子化対策」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月2日キッズラインフィードバック数:0大型消費/投資

「こども保険」について子育てママと保育士の意見を聞いてみた

「こども保険」について子育てママと保育士の意見を聞いてみた。少子化の大きな目安となる合計特殊出生率は、前回調査時の推計の1.35から1.44へと上方修正したが、人口維持に必要な出生率2.07との開きは大きく、人口減少の速度が緩やかになったにすぎずまだまだ課題は大きい。止まらない少子化に危機を覚え現在少子化対策の一案として検討されている「こども保険」について当事者となる子育てママや、子どもと関わる保育士へのアンケートを実施した。【トピックス】※一部抜粋1. こども保険の認知度は半数以下の46%2.

2016年3月15日日本商工会議所★フィードバック数:0社会/政治

「商工会議所婚活事業 実施状況調査」(平成26年度分・確定版)

日商ニュース「商工会議所婚活事業 実施状況調査」(平成26年度分・確定版)結果を公表2016年3月10日 16:08 日本商工会議所は3月10日、「商工会議所婚活事業 実施状況調査」(平成26年度分・確定版)結果を公表した。 調査は、少子化対策や地域活性化等の一環として婚活事業を実施している各地商工会議所の取り組みを把握するために実施しているもので、今回で7回目。調査期間は平成27年10月19日~平成28年3月4日。調査対象は全国の514商工会議所で回答数は382か所(回答率:74.3%)。  

2015年5月21日日本総研★フィードバック数:0社会/政治

東京と地方についてのレポートです。

【特集 地方と東京の創生に向けて-これからの「まち・ひと・しごと」を考える】「東京一極集中是正」による少子化対策の妥当性を問う-地域別出生関連指標からの示唆

「東京一極集中是正」による少子化対策の妥当性を問う─地域別出生関連指標からの示唆─調査部 主席研究員 岡田 哲郎目   次1.はじめに2.わが国人口問題の実相(1)人口減少圧力の深刻度(2)少子化の足取り(3)結婚・出産回避をもたらす要因3.出生関連指標の地域性に関する分析(1)非DIDで顕著な地域差(2)地域差の背景に関する検討4.DIDの未婚率にみられる共通性(1)「東京」の少子化の特徴(2)地方都市にみられる東京との類似性5.まとめと考察52 J R Iレビュー2015 Vol.6, No

2015年5月15日鹿児島県★フィードバック数:0社会/政治

鹿児島県の調査です。

少子化対策に関する県民意識調査報告書

ここから本文です。少子化対策に関する県民意識調査報告書について少子化の進行の一因となっている未婚・晩婚化が年々進んでいることから,結婚や育児に関する県民の意識を把握し,今後の少子化対策の参考にするとともに,次世代育成支援対策推進法に基づく「新かごしま子ども未来プラン(仮称)」の基礎資料を得ることを目的として調査を行いました。少子化対策に関する県民意識調査報告書 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリン

2015年5月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

出生率の動向と少子化対策の方向性

出生率の動向と少子化対策の方向性 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 出生率の動向を理解するうえで大事なポイントは、未婚率の上昇が出生率に与える影響に着目することだ。少子化対策においては子育て支援策の充実が議論の中心となることが多いが、それと併せて未婚者が結婚しやすくなるような環境の整備を進めていくことが重要である。 レポート研

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

女性の活躍推進と少子化対策の両立へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 女性の活躍推進と少子化対策の両立へ「待機児童解消加速化プラン」への期待 女性の活躍推進と少子化対策が、政府の重点施策となっている。働く女性のひとりとして、大いに応援したい動きである。私事ながら筆者も三年前に出産し、保育園探し、いわゆる”保活“(保育園活動)を経験した。わが子も一時は待機児童となり、子育てしながら仕事を続けるために、保育サービス拡充の必要性を痛感したところである。政府は2013年に発表し

2015年3月16日ブライト・ウェイフィードバック数:0社会/政治

「子ども子育て新制度」の理解は3割止まり、安倍内閣に求める一番重要な政策課題は「少子化対策」-【こそだて】アンケート

[] 株式会社ブライト・ウェイ(本社東京 代表取締役 高祖 智明)が運営する子育て・育児支援のポータルサイト【こそだて】 では、子育て家族の意識や生活状況を知るためにさまざまな視点でアンケ-トを実施しています。昨年末に衆議院解散総選挙が行われ、第3次安倍改造内閣が発足しました。4月には子ども子育て新制度もスタートします。2012年の総選挙後と比較して、子育て家族の意識に変化はあったのでしょうか?新制度の理解は進んでいるのでしょうか?■ポイント●スタート間近の「子ども子育て新制度」の理解は進まず、

ニッセイ基礎研究所のレポートです。

「女性活躍推進」=「少子化推進」の失敗を繰り返さないために - 超少子化社会、脱却への一処方箋 -

「女性活躍推進」=「少子化推進」の失敗を繰り返さないために - 超少子化社会、脱却への一処方箋 - | ニッセイ基礎研究所 「女性活躍推進」=「少子化推進」の失敗を繰り返さないために - 超少子化社会、脱却への一処方箋 - 生活研究部 研究員 天野 馨南子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日本で最初に合計特殊出生率(以下、出生率)が2.0をきったのは1961年、

少子化についてのコラムです。

[第1回] 少子化総論:日本の少子化の実態と要因

【特集9】少子化社会と子育て[第1回] 少子化総論:日本の少子化の実態と要因 [1/3]第1回目は少子化の全体像をとらえるため、中京大学教授の松田茂樹先生(社会学者)に、日本の少子化の特徴・要因・対策についてお話しいただきました。松田 茂樹●まつだ しげき 中京大学現代社会学部教授。社会学博士。専門は少子化対策、子育て支援、家族論。1970年生まれ。一橋大学社会学部卒業、慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学、博士(社会学)。第一生命経済研究所主席研究員をへて現職。内閣府「少子化危機

2014年11月27日静岡県★フィードバック数:0社会/政治

静岡県の調査です。

少子化対策に関する県民意識調査

ここから本文です。少子化対策に関する県民意識調査平成26年8月に少子化対策に関する県民意識調査を実施しました。調査結果について、「調査結果のポイント」及び「調査報告書」を公開します。調査結果のポイントの掲載項目調査の概要 少子化の進行に対する問題意識 少子化が社会に与える影響に関する意識 理想子ども数・予定子ども数 予定子ども数が理想を下回る理由 諦める子ども数別の予定子ども数が理想を下回る理由 子どもをほしいと思う理由 子育てに関する不安感・負担感 子育てに関する不安感・負担感の理由 子育ての

まずは「良妻賢母」好きを、やめてみる。-「女性活用」と「少子化対策」、どうしたらいいの?

まずは「良妻賢母」好きを、やめてみる。 - 「女性活用」と「少子化対策」、どうしたらいいの? | ニッセイ基礎研究所 まずは「良妻賢母」好きを、やめてみる。 - 「女性活用」と「少子化対策」、どうしたらいいの? 生活研究部 研究員 天野 馨南子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 【諸外国と比べても、女性の社会進出アンチ社会な日本】グローバルなマーケティングリサーチ

2014年8月8日国境なき医師団★フィードバック数:0社会/政治

国境なき医師団の調査です。

遺贈に関する意識調査2014

「遺贈に関する意識調査2014」国境なき医師団日本(会長:黒﨑伸子、事務局長:ジェレミィ・ボダン)は、2014年7月17日~22日の6日間、15~69歳の男女を対象に「遺贈に関する意識調査2014」をインターネットリサーチし、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)。主な調査結果をご紹介します。主な調査結果将来大きな資産を保有していたら、「遺贈の意向あり」6割、10代が遺贈意向の高さで突出将来自身が大きな資産を保有していた場合、社会の役に立てるた

1990年以降の日本における少子化対策の展開と今後の課題

1990年以降の日本における少子化対策の展開と今後の課題

2014年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

女性にまつわる変化といくつかの政策ギャップ-政策の主対象は既婚・子あり・正規雇用だが、未婚・非正規が増加

女性にまつわる変化といくつかの政策ギャップ-政策の主対象は既婚・子あり・正規雇用だが、未婚・非正規が増加 | ニッセイ基礎研究所 女性にまつわる変化といくつかの政策ギャップ-政策の主対象は既婚・子あり・正規雇用だが、未婚・非正規が増加 生活研究部 主任研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨年、成長戦略で「女性の活躍」が掲げられてから、各所で女性の

2014年3月12日マインドシェアフィードバック数:0ライフスタイル

少子化対策に関するママへの意識調査

[] ■ママが少子化対策として重要視するのは「社会保障」「仕事と家庭の両立支援」■「未婚」「不妊治療」への対策強化を望む声も株式会社マインドシェア(東京都港区、代表取締役:今井祥雅)が運営するママ参加型サイト「ママこえ」において、0~9歳の子どもを持つ母親を対象に、「少子化対策に関するママへの意識調査」を実施しました。【調査結果】・ママたちがリアルに感じる少子化対策で重要なこととは?■「少子化対策、あなたが一番重要だと思っていることは?」合計特殊出生率は1.41と底打ちしたものの、出生数は過去最

2014年2月14日日本商工会議所★フィードバック数:0大型消費/投資

商工会議所の活動です。

商工会議所婚活事業実施状況調査

少子化対策情報「商工会議所婚活事業実施状況調査」結果を公表2014年2月13日 13:24日本商工会議所は2月13日、「商工会議所婚活事業(出会いの場提供事業、独身者交流会、街コン等)実施状況調査」の集計結果を公表した。調査は、少子化対策や地域活性化等の一環として婚活事業を実施している各地商工会議所の取組みを把握するために実施しているもので、平成24年度に続き、今回で5回目。調査期間は10月7日~10月31日。調査対象は全国の514商工会議所で回答数は387カ所(回答率:75.3%)。集計結果に

2014年2月13日プレジデント社フィードバック数:0社会/政治

男女アンケート「何が少子化に効くか」

女性は待機児童問題「『出産駆け込み組』が妊娠力を上げるには」()でご紹介したネットアンケート「子ども、結婚、妊娠・出産に関するアンケート」(医学書院と著者の調査)はおかげさまで約1000名の回答をいただいた。うち約1割を男性が占め、子どもがいない人も全体の約4割を占めた。子どもがいる女性ばかりではなく、さまざまな人が回答してくれたことに感謝したい。特に、このテーマについて男性の意見がまとめられているものはあまり見かけない。そこで今回は集計結果の中から、男女の考え方の違いが垣間見えたものをひとつ紹

2013年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

少子化対策の『3本の矢』に少し注文~婚活支援を第4の矢に~

少子化対策の『3本の矢』に少し注文~婚活支援を第4の矢に~ | ニッセイ基礎研究所 少子化対策の『3本の矢』に少し注文~婚活支援を第4の矢に~ 薮内 哲基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先日、総務省が発表した人口動態調査によれば、日本の総人口は1億2639万3679人と、4年連続で減少、死亡数が出生数を上回る自然減が過去最大を更新した。労働人口も8000万人を割

自治体の婚活支援策は少子化対策の切り札になりえるか

自治体の婚活支援策は少子化対策の切り札になりえるか | ニッセイ基礎研究所 自治体の婚活支援策は少子化対策の切り札になりえるか 生活研究部 シニアマーケティングリサーチャー 井上 智紀基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 厚生労働省が先月初めに公表した「平成24年人口動態統計月報年計(概数)の概況」によれば、2012年の合計特殊出生率(以下、TFR)は1.41と、2

2013年4月1日第一生命保険★フィードバック数:1社会/政治

自治体対象のアンケートです。

市区町村の少子化対策に関する調査

市区町村の少子化対策に関する調査

2008年10月7日マイボイスコムフィードバック数:0社会/政治

少子化

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ少子化による不安点は、「税金・医療費の負担増」「年金支払額の増加」がトップ2 少子化の原因は「晩婚化・非婚化」が1位。「女性の働き方・ライフスタイルの変化」「経済的な余裕がない」も僅差で続く 少子化対策として政府・企業が推し進めるべき政策は、「保育施設の整備・拡充」がトップ。「子どもがいる家庭に対する税の減免措置の拡充」が2位 「結婚する・しないは個人の自由である」「子育ては、夫婦が協力して役割を担うべきである」は『そう思う』が7割強

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ