「居住地」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月26日NTTドコモ★フィードバック数:0社会/政治

防災・減災に向けたICT利活用の検討No.1

防災・減災に向けたICT利活用の検討No.1災害時に重視するツール「ICT」「メディア」「公的・人伝」が等分在宅時に災害に遭った時に、どのような方法で情報を収集するか、またどのような事項と関連が強いか調査した。 調査の結果は、以下の通り重視する方法は「ICT」「メディア」「公的・人伝」にそれぞれ等分に分かれる。分かれた理由は防災意識や災害の経験ではなく、「居住地域の都市規模」が最も関連が強い。20-30代は大都市ほど「ICT重視」、小さな都市ほど「人伝・公的」重視の割合が増える。40代以降は、大

2017年3月1日楽天リサーチフィードバック数:0ライフスタイル

花見に関する調査

『実施者は昨年より減少。「一緒に行く人」の理想と現実に差』花見に関する調査 2017年2月24日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天リサーチ」)は、「花見に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2017年2月3日(金)から4日(土)の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。 ■今年の花見実施予定は昨年と比較して減少傾向に。居住地近辺での実施が主

2015年6月3日電通★フィードバック数:0社会/政治

電通の調査です。

地方創生に関する意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 全国1万人規模で「地方創生に関する意識調査」を実施2015年6月3日電通、全国1万人規模で「地方創生に関する意識調査」を実施株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、国民の地方創生に関する認知度や意識を把握するため、2015年4月に全国の10代~60代の1

2015年5月11日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

1万人の移住意向調査

公的統計・調査研究・データ収集のインテージリサーチ株式会社インテージリサーチは、自主企画調査『1万人の移住意向調査』を実施しました。本調査は、2015年3月16日〜18日に全国の18歳以上の男女約1万人を対象にインターネット調査を行い、移住意向や移住条件、住みたい自治体のイメージなどについて分析し、結果をまとめました。PICK UP移住意向がある(予定・検討している)のは全体の36.0%。 「Uターン」、「Jターン」、「Iターン」、「2地域居住」など、『都会から地方へ』の移住意向があるのは13.

2015年4月27日アットホーム★フィードバック数:0大型消費/投資

コミュニケーションにおける居住地についての調査です。

「どこに住んでいますか?」質問に関する調査

報道関係者各位2015 年 4 月 24 日アットホーム株式会社トレンド調査―出会いの季節!「どこに住んでいますか?」質問に関する調査―首都圏の 20~60 代男女サラリーマン対象初対面で住んでいる場所を教えたくないと思った事がある女性 49.0%住んでいる場所を聞かれた場合の答え方は親しくなりたい人には「最寄り駅」、親しくなりたくない人には「都道府県」不動産情報サービスのアットホーム株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:松村 文衞)は、首都圏(1 都 3 県)在住の 20~60 代の男女サ

2015年1月25日七十七銀行★フィードバック数:0社会/政治

震災前後の比較です。

東日本大震災後の宮城県の住宅数の動向

統計トピックス統計トピックス原稿(2014年12月号)東日本大震災後の宮城県の住宅数の動向東日本大震災後の宮城県の住宅数の動向1.概 況総務省「平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)」における2013年10月1日現在の宮城県の住宅総数は103万4,800戸となっており、前回調査の2008年に比べ2万900戸・2.1%増加した。また、1963年以降の推移をみると、住宅総数は一貫して増加しており、この50年間で約3倍の水準に達している。もっとも、2008年から2013年にかけては、東日本大震災(以

2014年10月20日内閣府★★フィードバック数:0社会/政治

人口減少など将来についての世論です。

人口、経済社会等の日本の将来像に関する世論調査

人口,経済社会等の日本の将来像に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.日本の未来像について(1) 日本の未来に対する意識(2) 目指すべき社会像(3) 自身の将来に対する意識2.人口減少・少子高齢化について(1) 人口減少に対する

2014年5月22日国土交通省★★フィードバック数:0大型消費/投資

市場データです。

「旅行・観光産業の経済効果に関する調査研究」(2012年版)

旅行・観光産業の経済効果に関する調査研究Research study on economic impacts of tourism in Japan■2012 年旅行・観光消費動向調査Japan national tourism survey, 2012■2012 年旅行・観光サテライト勘定Japanese Tourism Satellite Account, 2012■2012 年旅行・観光産業の経済波及効果Economic impacts of tourism, 20122014年3月国土交

2014年3月25日オープンハウスフィードバック数:0大型消費/投資

2014年消費税増税に伴う住宅購入意向者の動向調査

2014年消費税増税に伴う住宅購入意向者の動向調査 2014年消費税増税に伴う住宅購入意向者の動向調査 2014年3月25日 株式会社オープンハウス2014年消費税増税直前緊急調査~消費税増税騒動・・・結局どうだったの?~住宅購入意向者 「住宅を購入した」 約4割購入者の5割以上が「増税前のほうがオトクだから」既に始まっている10%消費税増税へ向けた購入意識今回の非購入者「消費税10%への増税前には購入したい」7割以上 株式会社オープンハウスは、4月1日の消費税増税を直前に控えた3月に、現在

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

いま住んでいる都道府県は好きですか?(2008/11)

「人がしあわせを感じるモノやコトって、何だろう?」衣・食・住・美など生活に密着したテーマでその答えを考える“しあわせ探しの情報サイト”毎週アンケート | 生活の中のちょっとした事や、旬な話題をタイムリーに調査皆さんは、いま住んでいる地域や都道府県を愛していますか?自らが生まれ育った地域に対して愛着が湧く郷土愛のほか、「住めば都」という言葉があるように長く住んだ地域を愛する気持ちが湧いてくることも珍しいことではありません。そこで今回は、いま皆さんが住む都道府県の良い点、悪い点について聞きました。

2013年5月16日朝日大学フィードバック数:0大型消費/投資

2004.12 住宅購入

住宅購入に関するマーケティングデータ朝日大学マーケティング研究所調査概要■調査方法Webアンケート■調査期間2004年11月30日(火)∼12月6日(月)■調査対象愛知県在住の20歳∼69歳男女■有効回答527名住居所有者全 体335100.036100.0105100.091100.0103100.0全 体20代30代40代50代以上名古屋市内 それ以外10832.21027.82826.73639.63433.022767.82672.27773.35560.46967.0住居未所有者全 体

2009年10月13日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

「ご当地グッズを購入することがある」約6割~自分の住んでいる町が好きな人では6割以上が購入経験者!

ご当地グッズに関する意識調査 「ご当地グッズを購入することがある」約6割~自分の住んでいる町が好きな人では6割以上が購入経験者!おみやげとして、また収集しても楽しい観光地のご当地グッズ。出かけた先で、また自分の住む町のご当地グッズを買うことがあるかについて、20代~40代のネットユーザー538名(男292名、女246名)から回答を得た。旅行先や遠出した先で「ご当地グッズ」を購入することはあるかとの問いには、「ときどきある(46.5%)」「よくある(11.7%)」をあわせて『ある』が58.2%。男

2009年6月1日アイシェアフィードバック数:0ライフスタイル

生活環境の影響?居住地に緑が多い人ほど「農業に興味ある」~農業に興味を持っている理由「自然に触れるのが好きだから」

緑の多い所に住む人は「農業」に関心あり? 農業に関する意識調査 生活環境の影響?居住地に緑が多い人ほど「農業に興味ある」~農業に興味を持っている理由「自然に触れるのが好きだから」食に関する問題や事件の続発による安全意識の高まり、また「100年に1度」と言われる不況のあおりも手伝ってか、近年農業が見直されてきている。現在、農業に興味を持っている人はどれくらいいるのだろうか。20代から40代のネットユーザーに調査し、544名の回答を集計した。現在住んでいる地域に木や草などの緑がたくさんあるかとの問い

2009年2月2日アイシェアフィードバック数:10ライフスタイル

地方で差?「恵方巻食べる」関西7割弱、「知っているが食べない」関東6割~食べるときは5割が「吉方位を向いて無言で丸かぶり」

地方で差?「恵方巻食べる」関西7割弱、「知っているが食べない」関東6割 恵方巻きに関する意識調査 地方で差?「恵方巻食べる」関西7割弱、「知っているが食べない」関東6割~食べるときは5割が「吉方位を向いて無言で丸かぶり」2月3日は節分の日。節分といえば「鬼は外、福は内!」と豆まきをするのはあまりに有名だが、関西では古くから「恵方巻」を食べる習慣がある。最近では、全国のコンビニエンスストアで販売されている「恵方巻」だが、どのくらい浸透しているのだろうか?20代から40代を中心とするネットユーザーに

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ