「届出排出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月28日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境中に排出された化学物質は、年間40.1万トン

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境中に排出された化学物質は、年間40.1万トン 平成27年3月に公表された経済産業省、環境省「平成25年度PRTRデータの概要」によると、平成25年度の1年間に環境中に排出された化学物質は、40.1万トンであった。PRTR(Pollutant Release and Transfer Register)制度は、化学物質排出把握管理促進法(化管法)に基づいて、一定の条件に合致する事業者が届け出た化学物

2015年5月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(すそ切り以下事業者排出量推計手法、オゾン層破壊物質及び低含有率物質の排出量推計手法に関する調査)報告書 第1分冊 すそ切り以下事業者排出量推計手法

平成26年度経済産業省委託平成 26 年度 化学物質安全対策(すそ切り以下事業者排出量推計手法、オゾン層破壊物質及び低含有率物質の排出量推計手法に関する調査)報 告 書第 1 分冊 すそ切り以下事業者排出量推計手法平成27年3月株式会社 環境計画研究所はじめに本 報 告 書 は、株 式 会 社 環 境 計 画 研 究 所 が経 済 産 業 省 からの委 託 業 務 として実 施 した「平成 26年 度 化 学 物 質 安 全 対 策 (すそ切 り以 下 事 業 者 排 出 量 推 計 手 法 、

2014年5月7日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

化学物質排出量約41万トンの1割強は家庭から

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 化学物質排出量約41万トンの1割強は家庭から かつて、特に高度成長期には、工場などの排煙や排水等に含まれる有害物質による公害が大きな問題となったが、排煙や排水等のクリーン化の進展などにより、これらに関する話題を聞くことが少なくなってきた。しかし、環境中へのさまざまな化学物質の排出がなくなったわけではない。平成26年3月6日に公表された経済産業省、環境省「平成24年度PRTRデータの概要」によると、平成

2013年4月12日大和総研フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

化学物質の届出排出量・移動量の動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 現在の我々の生活は、さまざまな化学物質から作られた製品を使用することで成り立っているが、その製品や原材料を製造する際や使用する際、また廃棄物として処理する際にさまざまな化学物質が大気、水、土壌などの環境に排出されている。PRTR(Pollutant Release and Transfer Register)制度は、化学物質排出把握管理促進法(化管法)に基づいて、事業者が化学物質の排出量や移動量を届け

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ