「屋久島」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

世界遺産についての調査です。

日本にある世界遺産のイメージ調査

ブランドなんでもランキング第69回:日本にある世界遺産のイメージ調査1972年の「世界遺産条約」の採択の発端は、ユネスコがアスワンハイダムの建設によってナイル川流域にあったヌビア遺跡を水没の危機から救うためにこの遺跡群を移築し保存した1960年代に遡ります。これ以降、国際社会において歴史的価値のある遺跡や建築物を守ろうという機運が高まりました。世界遺産には文化遺産、自然遺産、文化と自然の両方の価値を兼ね備えた複合遺産の3つの種類があります。現在日本にある世界遺産は18箇所です。また先日、国際的な

世界遺産についての調査です。

「日本の世界遺産」に関するアンケート2015

●海外からの旅行客には「原爆ドーム」への訪問を希望●推薦したい国内の世界遺産候補は、自由回答で古都「鎌倉」が1位インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「日本にある世界遺産」についてアンケートを行い、普段からの関心の度合い、最も価値があると思うもの、推薦したい日本の世界遺産候補などについてまとめました。調査は2014年12月26日〜2015年1月9日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター5,731人から回答を得ています。Tweet ● 「日本にある世界遺産

2013年11月11日バルクフィードバック数:0大型消費/投資

VOL.58 旅行(世界遺産)に関する調査(2012/5)

旅行(世界遺産)に関するリサーチ結果 | バルクのマーケティングリサーチ・市場調査 Vol.58 旅行(世界遺産)に関する調査調査日時:2012年5月10日(木)~5月15日(火) そろそろ夏休みに向けて、旅行の計画を立て始めた方も多いのではないでしょうか。 昨年、東京都の「小笠原諸島 」と、岩手県の「平泉-仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群 」が世界遺産リストに登録され、「世界遺産」への注目度も上がりました。現在、「世界遺産」の数は国内外合わせて936件にも上るそうです。 今回

2013年8月28日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 日本の世界遺産(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ世界遺産に関心がある人は半数強。「世界遺産への登録で、観光客増加による環境悪化等が心配」「世界遺産登録は地域活性化につながると思う」が各2〜3割 世界遺産登録先の認知率は「富士山」が8割。その他「原爆ドーム」「屋久島」「厳島神社」「知床」などが各6〜7割にのぼる 日本の世界遺産訪問経験者は全体の8割強。いずれかの世界遺産認知者の訪問経験上位は「古都京都の文化財」「古都奈良の文化財」「原爆ドーム」「日光の社寺」「法隆寺地域の仏教建造物」「厳島

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ