「島しょ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年5月16日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

東京都「島しょ部520社の企業実態」調査

公開日付:2017.05.09 伊豆諸島、小笠原諸島など東京都の島しょ部(4支庁[2町7村])に本社を置く企業(以下、島しょ部企業)は520社だった。人口の約半数を占める大島支庁(伊豆大島、新島、神津島、利島)が274社(構成比52.6%)で、企業が集中している実態がわかった。産業別では、サービス業他(172社、構成比33.0%)と建設業(168社、同32.3%)が突出し、この2産業で全体の6割以上を占めた。サービス業他では、地域振興や観光関連の特定非営利活動法人(NPO)などの「政治・経済・文

2015年3月30日東京都フィードバック数:0社会/政治

「東京都昼間人口の予測」の概要

「東京都昼間人口の予測」の概要平成27年3月30日総務局 この予測は、平成22年10月1日現在の国勢調査結果を基に、平成27(2015)年、32(2020)年、37(2025)年、42(2030)年及び47(2035)年における東京都の昼間人口を予測したものです。東京都の昼間人口のピークは、平成32年(1574万人)東京都の昼夜間人口比率は、区部は低下傾向、多摩・島しょは上昇傾向都外からの流入人口は、平成22年の289万人から平成47年は248万人に減少都外への流出人口は、平成22年の47万人か

2014年11月28日東京都★★フィードバック数:0社会/政治

東京都の調査です。

都民生活に関する世論調査

「都民生活に関する世論調査」結果平成26年11月27日生活文化局 この度「都民生活に関する世論調査」(平成26年8月実施)の結果がまとまりましたので、お知らせします。この調査は、都民の日常生活にかかわる意識や、都政に何を望んでいるかなどを把握し、今後の都政運営に役立てることを目的として毎年実施しています。また、今回は随時テーマとして「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機とした東京の都市像」「『多摩・島しょ』が、より魅力的で、持続的な発展を遂げていく地域となるために必要なこと」

2013年6月13日東京都フィードバック数:11大型消費/投資

平成25年度 島しょ地区海水浴場の水質調査結果

東京の島の海水浴場、水質判定はすべて「適」 平成25年度 島しょ地区海水浴場の水質調査結果平成25年6月10日福祉保健局 島しょ地区の海水浴場36か所の水質について調査したところ、判定は、36か所すべての海水浴場で「適」でした。内訳は、すべて水質AA(水質が特に良好な水浴場)で、水質A(水質が良好な水浴場)以下はありませんでした。腸管出血性大腸菌(O157)については、すべての調査地点で検出しませんでした。また、本調査にあわせて海水の放射性物質及び砂浜の空間放射線量の測定を実施し、その結果をまと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ