調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 工学研究科

「工学研究科」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年3月1日リクルートフィードバック数:0社会/政治

高校時代と大学生の今、どちらが楽しい?

Vol.329 先輩たちに聞きました。高校時代と大学生の今、どちらが楽しい? 高校時代と大学生の今、どちらが楽しいですか?大学2年生~大学院2年生に、高校時代と大学生の今、どちらが楽しいかを尋ねたところ、一番多かった答えが「大学生・大学院生の今」となり、半数近くに上った。続いて、約4人に1人は「どちらも同じくらい楽しい(楽しかった)」と答え、総じて、大学生活を楽しいと感じている学生が多いことがわかった。属性別に見ると、女子学生よりも男子学生、学部生よりも大学院生の方が「大学生・大学院生の今」と答

2014年2月25日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

土地総合研究 第22巻第1号(2014年冬)

● 特集 モビリティデザインとまちづくりの戦略 森本 章倫 (宇都宮大学大学院工学研究科 教授)大沢 昌玄 (日本大学理工学部土木工学科 准教授)古倉 宗治 (株式会社三井住友トラスト 基礎研究所)大森 宣暁 (東京大学大学院 工学系研究科都市工学専攻 准教授)堀田 典裕 (名古屋大学大学院工学研究科 社会基盤工学専攻)荒井 俊行 (一般財団法人 土地総合研究所 専務理事)清水 丞自 (一般財団法人 土地総合研究所 研究理事)小林 敏樹 (一般財団法人 土地総合研究所 研究員)みずほ証券株式会社

2013年5月9日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

面接の最後に質問した?

Vol.190 先輩たちに聞きました。 面接の最後に質問した? 面接の最後に「言っておきたいこと」「質問したいこと」を聞かれましたか?就活を経験した先輩たちに、面接の最後に面接担当者から「言っておきたいこと」や「聞いておきたいこと」を聞かれたかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えた人が8割弱にのぼり、昨年同時期の調査結果80.6%とほぼ同水準となった。実際に質問したり、言い足りないことを補足したりしましたか?(複数回答)面接担当者からの問いかけに対して、質問を返したり、言い足りないことを補足した

2013年3月14日リクルートフィードバック数:21キャリアとスキル

面接、どのくらい通過するもの?

掲載日:2013年3月14日 就活を経験した先輩たちに、面接を受けた会社の数を尋ねたところ、一番多かったのが「1〜5社」で約3割。次いで「11〜20社」が2割強、「6〜10社」が約2割で続いた。平均の社数は13.8社で、昨年同時期の調査「15.5社」よりも減っていることがわかった。属性別には、大学院生よりも学部生、理系学生よりも文系学生の方が、面接を受けた会社の数が若干多い傾向が見られた。 そのうち、内定をもらったのは何社ですか? 次に、面接を受けた会社のうち、内定をもらった会社の数

2012年8月30日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

OB・OG訪問、もう始めてる?

掲載日:2012年8月30日 大学3年生・大学院1年生に、OB・OG訪問を始めたかどうかを尋ねたところ、「すでに訪問した」と答えたのはわずか3.0%で、ほとんどの学生がまだ始めていないことがわかった。ただし、その半数近くは「まだ訪問していないが、これから訪問する予定/これから訪問したい」と答えて、訪問の意欲を示していた。属性別に見ると、男子学生・大学院生に「すでに訪問した」と答える学生が、学部生と文系学生に「まだ訪問していないが、これから訪問する予定/これから訪問したい」と答える学生が、理系学生

2012年7月26日リクルートフィードバック数:26キャリアとスキル

業界・企業研究、もう始めてる?

掲載日:2012年7月26日 大学3年生・大学院1年生に、業界研究を始めたかどうかを尋ねたところ、約6割が「はい」と回答。属性別に見てみると、大学院生と文系学生に「はい」と答えた学生の割合が多い傾向が見られた。 業界研究を始めている人にうかがいます。どんなことをしましたか?(複数回答) 次に、すでに業界研究を始めている学生に、その方法について尋ねたところ、一番多かった答えが「インターネットで調べる」で、全体の約9割を占めた。次いで、「本・新聞から情報を仕入れる」と「就活仲間と情報交換す

2012年3月22日リクルートフィードバック数:11キャリアとスキル

面接、どのくらい通過するもの?

掲載日:2012年3月22日 就職活動を経験した先輩たちに、面接を受けた会社の数を尋ねたところ、一番多かったのが「1〜5社」で約3割。次いで「11〜20社」が全体の約4分の1、「6〜10社」が約2割で続いた。平均の社数は15.5社で、昨年同時期の調査結果「16.0社」よりも減っていることがわかった。属性別には、学部生・文系学生の方が、面接を受けた会社の数が若干多い傾向が見られた。 そのうち、内定をもらったのは何社ですか? 次に、面接を受けた会社のうち、内定をもらった会社の数を尋ねたとこ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ