「工業化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年10月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

好対照のフィリピンとマレーシア

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 好対照のフィリピンとマレーシア現地視察報告 ◆Asia’s New Economic Tiger、或いはNew Rising Star。最近の成長パフォーマンスの改善を受け、フィリピンの官民のリーダー達はそう自賛するが、同国の高成長の持続性を疑わせる材料は少なくない。例えば出稼ぎ送金への依存度の高さは、政府の産業政策の不在と相俟って、同国の工業化、投資主導型成長の障害になっている。中国などにおいて工業

2013年8月11日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

平成24年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(ベトナムにおける農業機械等の工業化における実態等調査事業)報告書

平成24年度内外一体の経済成長戦略構築にかかる国際経済調査事業(ベトナムにおける農業機械等の工業化における実態等調査事業)報告書

タイ経済の現状と今後の展望

○タイ経済は、リーマンショック(2008年)と大洪水(2011年)という二度のショックを乗り越え、その堅調ぶりが注目されている。大洪水直後に大幅に落ち込んだ輸出と投資はV字型回復を遂げており、個人消費も拡大傾向が続いている。○タイでは、物価が安定し、失業率も低い。インフレ率と失業率がトレードオフの関係にあるとする経済学の議論から見れば、低インフレと低失業率が同時に成立しているタイの例はレア・ケースであると言える。タイの失業率の低さは、農業部門が、工業部門やサービス部門からの離職者の雇用の受け皿と

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ