「巨大地震」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年9月5日大和ハウス工業フィードバック数:0社会/政治

繰り返しの巨大地震に備える、地震災害に関する防災意識の実態を調査

2016/08/30 ニュースレター 大和ハウス工業株式会社代表取締役社長 大野 直竹大阪市北区梅田3-3-5 ■繰り返す地震により、心も「ゆれ疲れ」することが明らかに 繰り返しの巨大地震に備える、地震災害に関する防災意識の実態を調査  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、9月1日の「防災の日」を前に、お客さまにとって「安全・安心」な住まいの提供に役立てるため、住宅購入検討者を対象とした、防災意識や心的ストレスについての実態調査を実施しました。地震のゆれの影響で、体

東京湾における津波来襲時での避難水域規模推計に関する研究

東京湾における津波来襲時での避難水域規模推計に関する研究  東北地方太平洋地震による津波の来襲により東京湾では安全な避泊ができない状態ではなかったものの,湾内において錨泊船舶の密集した水域が非常に多く生じた.このため,今後予想される巨大地震による津波に対応するために東京湾での避難水域整備の必要性が強く認識された.しかしながら,こうした避難水域整備に関する知見がほぼ全く無く,特に津波来襲時での避難水域規模の推計が確立されていない.したがって,本研究ではその推計手法を示すとともに推計を実施した.

震災復興についての調査です。

東北復興支援と巨大地震に関する意識調査

パルシステムは産直と環境にこだわり、安全で安心な食材をお届けする生協(コープ)です。 15歳~59歳の男女1,000名に携帯電話によるインターネット調査を実施「東北復興支援と巨大地震に関する意識調査」を集計しました パルシステム生活協同組合連合会は、2014年2月9日~2月12日の4日間、「東北復興支援と巨大地震に関する意識調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)で実施しました。15歳~59歳の男女1,000名の有効サンプルを集計しました。 ■調査概要「東北復興支援と

2011年12月1日Dow Jonesフィードバック数:173マーケティング

WSJ日本版の選んだ2011年注目ニュース

2011年は、日本にとって、まさに歴史に残る1年だった。あの巨大地震と大津波が数え切れない人命を奪い、破壊された原発が次世代にも及ぶ放射能汚染の恐怖をもたらした。日本はこの未曾有の危機を乗り越えることができるのか。嵐は国内にとどまらない。ユーロ圏では、2009年末に表面化したソブリン危機がいまだに解決していない。米国でも、財政再建を阻む政治の機能不全が目立つ。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)日本版が伝えた激動の1年を振り返る。 ASSOCIATED PRESS3月24日、福島第1原発

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ