「市場予測」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月24日IDC★★フィードバック数:0デジタル家電

世界AR/VR関連市場予測

2021年にかけて、世界AR/VR関連市場は年率100%以上で成長 世界の多くの地域で産業向けのAR/VR利用の急成長が見込まれる 日本市場は年率60%以上の堅調な成長を続けるが、世界への追い上げが課題に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のAR(Augmented Reality)/VR(Virtual Reality)のハードウェア、ソフト

2017年8月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内テープストレージ市場予測

2016年の国内テープストレージ売上額は74億7,900万円(前年比11.7%減) 国内テープストレージ売上額の2016年~2021年の年間平均成長率はマイナス2.6% 500巻以上の大型/超大型テープオートメーションはアーカイブ需要で成長を持続 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内テープストレージ市場の2016年の実績と2017年~2021年の

2017年8月17日IDCフィードバック数:0大型消費/投資

国内金融分野の第3のプラットフォーム市場予測とFinTechの利活用動向

国内金融分野の第3のプラットフォーム市場予測とFinTechの利活用動向を発表 2017年の国内第3のプラットフォーム市場の金融分野(銀行、保険、証券/その他金融サービス)は、モバイルに加えてクラウドなどの利用拡大により堅調な拡大を予測 FinTech(ITを活用した新しい金融関連サービス)は、金融機関に加えて他の産業分野にも影響が及び、各産業分野での関連IT支出の総額は、2021年に1,179億円に拡大 金融機関においてFinTechの活用の本格化が見込まれるが、ITサプライヤーは金融機

2017年8月14日IDC★フィードバック数:0モバイル

国内エンタープライズモバイルデバイス市場予測

国内エンタープライズモバイルデバイス市場予測を発表 エンタープライズモバイルデバイス市場の2016年~2021年の年間平均成長率は2.5%と予測 画面サイズは、働き方改革などモビリティ需要の高まりから、タブレットやポータブルPCなどのミドルサイズ(9~13インチ)の製品の成長率が高まると予測 エンタープライズモバイルデバイス市場の中でWindowsは、2020年以降50%以下の構成比になると予測 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2017年8月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クラウド向けエンタープライズストレージ市場予測

国内クラウド向けエンタープライズストレージ市場予測を発表 2017年の国内クラウド向けストレージ支出額は516億1,700万円(前年比25.0%増) 国内クラウド向けストレージ支出額の2016年~2021年の年間平均成長率は16.5% 2021年はクラウド向けが支出額で28.4%、出荷容量で41.0%を占める IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は

2017年8月1日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界半導体製造装置の年央市場予測

プレスリリース:世界半導体製造装置の年央市場予測を発表 <ご参考資料>米国カリフォルニア州で2017年7月11日(現地時間)に発表されたプレスリリースの翻訳です。世界半導体製造装置の年央市場予測を発表2017年の装置市場は過去最高の494億ドルを予測、韓国が初めての首位にSEMI(本部:米国カリフォルニア州ミルピタス)は7月11日(現地時間)、同日より米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催されるSEMICON West展示会の記者会見において、2017年年央の半導体製造装置市場予測を発表しま

2017年7月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測

国内第3のプラットフォーム向けITサービス市場予測を発表 クラウド向けITサービスは、2016年~2021年の年間平均成長率41.1%と、特に高い成長を継続、2021年には1兆9,826億円に ビジネスアナリティクス向けは予測期間後半にかけて成長率が上昇。エンタープライズモビリティ、ソーシャルビジネス向けも含め、4分野全てで2桁以上の年間平均成長率で拡大 第3のプラットフォームやこれを用いたIoTやコグニティブ/AIシステム等のデジタル技術を、DXの実現のために組み合わせて提供するサービス

2017年7月7日IDCフィードバック数:0デジタル家電

AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測

AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測を発表 2021年の世界AR/VRヘッドセット出荷台数は合計6,711万台と予測 2016年~2021年の世界ヘッドセット出荷台数の年間平均成長率、ARは172.9%、VRは48.7%の高成長と予測 日本国内の2021年合計出荷台数は105万台、いずれも高成長を見込む IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760

2017年5月30日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内コンサルティングサービス市場予測

~「デジタル」が全てのビジネス領域に浸透~ 国内コンサルティングサービス市場予測を発表 国内コンサルティングサービス市場は2016年~2021年の年間平均成長率 3.9%で成長し、2016年の6,792億円から、2021年には8,238億円に 国内ビジネスコンサルティング市場は2016年に前年比7.0%増の3,625億円に拡大 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援がビジネス課題の全領域に浸透。「デジタル関連」コンサルティング市場は2016年に前年比40.3%増の1,200億

2017年3月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測

国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測を発表 2020年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場は1,422億9,600万円、2015年~2020年の年間平均成長率は10.7%と予測 2016年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の前年比成長率は2.6%、スケールアウトソリューションへのシフトが進む データの急速な増加とデータ活用の重要性の高まりを背景に、拡張性や運用管理の効率性への評価が高まる。データ活用基盤としての将来像を提示した展開が重要となる

2017年3月14日IDC★★フィードバック数:0デジタル家電

世界AR/VR関連市場予測

世界AR/VR関連市場は、2020年には2016年の20倍以上に拡大 多くの利用分野で年間平均成長率が100%を大きく超えると予測 コンシューマー向け市場が全体をけん引するが、小売業や製造業での利用も期待される IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のAR(Augmented Reality:拡張現実)/VR(Virtual Reality:仮想現実)

2017年2月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内Software-Defined Storage市場予測

2020年の国内Software-Defined Storage市場は758億円、2015年~2020年の年間平均成長率は31.1%と予測 2016年の国内Software-Defined Storage市場は前年比成長率39.8%と高成長 ストレージの調達コストや運用管理コストの削減ニーズに応えるソリューションとして国内市場に普及 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556

2017年2月13日IDC★★フィードバック数:0大型消費/投資

国内金融IT市場予測 ~ FinTech活用に向けたIT支出が急拡大 ~

~ FinTech活用に向けたIT支出が急拡大 ~国内金融IT市場予測を発表 2017年の国内金融IT市場(銀行、保険、証券/その他金融の国内IT支出)は2兆517億円、前年比成長率は1.1%とプラス成長を予測。特にメガバンク、カードなどで堅調 国内金融機関の「FinTech」関連IT支出は、2017年の110億円から2020年には338億円に拡大 2017年以降、国内金融機関での「FinTech」活用が本格化。ITベンダーによるスタートアップ企業と金融機関との連携支援が更に重要になる

2017年1月20日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンターインフラ管理ソフト(DCIM)市場予測

国内データセンターインフラ管理ソフト(DCIM)市場予測を発表 データセンターインフラ管理(DCIM)は、ICT機器と電気/空調などの設備の両方を管理するソフトウェア 国内データセンターにおける導入は進まず、2016年の市場規模は約9億円にとどまる 今後は、事業者データセンターを中心に、キャパシティ管理の効率化のための導入が進み、2021年市場規模は約35億円に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:

2017年1月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別タブレット市場予測

法人向けタブレット出荷台数の2015年~2020年の年間平均成長率はマイナス4.8%と予測 法人向けタブレット市場は、製造、金融、サービス産業が市場をけん引 学校タブレットの仕様の統一に早急に取り組むことが必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年5月時点の予測に基づいた国内法人向けタブレット市場の2016年~2020年における産業分野別予測を

2016年12月20日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内通信事業者のネットワーク設備投資市場予測

国内通信事業者のネットワーク設備投資市場予測を発表 国内通信事業者の2016年上半期ネットワーク設備投資は、前年同期比18.1%減。2016年通年の市場規模は前年比7.8%減の9,334億円と予測 移動体通信事業者は、異業種企業と連携し、5G通信網を活用したサービスの実証実験を加速 ネットワーク機器ベンダーは、新たな収益の柱として、市場拡大が見込まれるIoT向け通信関連ソリューション開発に積極的 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2016年12月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内コンバージドシステム市場予測

2016年の国内コンバージドシステム市場規模は、479億9,000万円と予測 2020年の市場規模は804億6,200万円、2015年~2020年の年間平均成長率は13.8%に 2020年におけるハイパーコンバージドシステムの構成比は35.9%に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内コンバージドシステム市場の予測を発表しました。2015年の国内コンバ

2016年11月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内x86仮想化環境向けエンタープライズストレージシステム市場予測

国内x86仮想化環境向けエンタープライズストレージシステム市場予測を発表 国内x86仮想化環境向けエンタープライズストレージシステム市場(外付型と内蔵型の合計)の支出額は、2020年に1,295億1,600万円になると予測 性能や容量の拡張性、データ保護といったストレージ機能、ストレージ運用管理の効率化へのニーズが高まる フラッシュストレージ、仮想化環境に特化したエンタープライズストレージシステムの導入や、コンバージドシステムやハイパーコンバージドシステムによるITインフラストラクチャ全般

2016年11月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場予測

国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内クラウドインフラストラクチャソフトウェア市場は前年比成長率47.0%の217億9,600万円。内、プライベートクラウド向け市場は前年の1.5倍に拡大 2016年は前年比成長率40.6%で306億円5,400万円になる見込み 2015年~2020年の年間平均成長率は31.6%、2020年には2015年の約4倍となる862億円に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千

2016年10月20日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内データセンターネットワーク機器市場動向

国内データセンターネットワーク機器市場動向を発表 2015年の国内データセンターネットワーク機器市場は、前年比成長率10.4%で拡大 今後もクラウド、モバイル活用進展を原動力に成長が続き、2015年~2020年の年間平均成長率は2.8%と予測 データセンター向けイーサネットスイッチ市場では、シスコシステムズ、ブロケード、アリスタネットワークスが市場拡大をけん引。特にアリスタネットワークスが躍進 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区

2016年10月8日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ITサービス市場予測

国内ITサービス市場は、2020年まで成長を継続、2015年~2020年の年間平均成長率は1.5%と予測 デジタルトランスフォーメーション(DX)に関わる支出が成長のドライバーとなるが、同時にクラウドの影響や代替製品/サービスの存在が阻害要因として作用 DXに関わる市場機会をとらえて成長を継続するために、ITサプライヤーは事業体制の抜本的な見直しが求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、

2016年8月18日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内コンバージドシステム市場予測

2016年の国内コンバージドシステム市場は、前年比11.0%増、480億6,800万円と予測 2015年~2020年の年間平均成長率10.0%、2020年の市場規模を698億9,600万円と予測 ハイパーコンバージドシステムが市場をけん引 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内コンバージドシステム市場の予測を発表しました。国内における2015年のコンバ

2016年8月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内仮想化ソフトウェア市場予測

2015年 国内バーチャルマシン/クラウドシステムソフトウェア市場は前年比成長率5.7%、調査開始以来初の一桁成長 2015年 国内バーチャルクライアントコンピューティング市場は前年比成長率3.7%、2015年~2020年の年間平均成長率を6.8%と予測 OpenStackやDockerを活用し、仮想基盤からクラウドネイティブシステムへ拡張するソリューションを主軸に据えるべき時期に差し掛かっている IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九

2016年7月22日SEMIフィードバック数:0モバイル

世界半導体製造装置の年央市場予測

世界半導体製造装置の年央市場予測を発表 2016年7日13日<ご参考資料>米国カリフォルニア州で2016年7月12日(現地時間)に発表されたプレスリリースの翻訳です。世界半導体製造装置の年央市場予測を発表 2016年は横ばい、2017年は拡大し411億ドルを予測SEMI(本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は7月12日(現地時間)、同日より米国カリフォルニア州サンフランシスコで開催されるSEMICON West展示会の記者会見において、2016年年央の半導体製造装置市場予測を発表しました。それに

2016年6月10日IDC★★フィードバック数:0モバイル

国内エンタープライズモビリティ関連市場予測

国内エンタープライズモビリティ関連市場予測を発表 国内企業におけるタブレット/スマートフォンの総稼働台数は、2020年、1,598万台に増加。2015年~2020年の年間平均成長率は10.5%と予測 国内エンタープライズモビリティ向けITサービス市場における支出額は、2020年に3,423億円となり、2015年~2020年の年間平均成長率は21.6%と予測 デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を志向する企業の広がりが、今後のエンタープライズモビリティ市場の成長要因となる

TMT業界のグローバルトレンド2016 TMT Predictions 2016

『TMT Predictions 2016』では、2016年のテクノロジー・メディア・通信業界において予見されるトレンドを取り上げています。今年はグラフェンやコグニティブ(認知)技術、バーチャルリアリティ(仮想現実)、VoLTE/VoWiFiなど合計17のトピックスについての分析や市場予測を行っています。 TMT業界のグローバルトレンド2016『TMT Predictions 2016』では、2016年のテクノロジー・メディア・通信業界トレンドとして合計17のトピックスについて、予見される

2015年8月4日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

ソーシャルギフト市場に関する調査結果 2015

2015年08月04日 ソーシャルギフト市場に関する調査結果 2015 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のソーシャルギフト市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年2月~6月2.調査対象:ソーシャルギフトサービス提供事業者、商品券・ギフト券/ギフトカード発行事業者3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用本調査におけるソーシャルギフトサービスとは、インターネットで購入したギフト(贈り物)を

2015年7月16日マークラインズフィードバック数:0大型消費/投資

2015年6月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,市場予測 自動車 自動車販売 自動車販売予測

2015年1月21日マークラインズフィードバック数:0大型消費/投資

2015年世界自動車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,グローバル 販売 予測 自動車 自動車販売 自動車市場 世界販売 自動車市場予測 世界自動車市場

2014年12月25日不動産経済研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

来年の市場予測です。

首都圏・近畿圏マンション市場予測2015年

首都圏・近畿圏マンション市場予測2015年

2014年12月2日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界半導体製造装置の年末市場予測

世界半導体製造装置の年末市場予測を発表2014年12日2日2014年12月2日(日本時間)に発表されるプレスリリースの翻訳です。世界半導体製造装置の年末市場予測を発表 装置販売額は2014年に380億ドル、2015年に440億ドル近くを予測SEMI(本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は12月2日、SEMICON Japan 2014の記者会見において、2014年末の半導体製造装置市場予測を発表しました。 それによると、2014年の半導体製造装置(新品)販売額は、前年比19.3%増の380億ドル

2014年11月17日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年10月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,自動車販売 自動車市場予測 グローバル販売

2014年10月17日マークラインズフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年9月の世界新車販売台数

[マークラインズ株式会社] ,予測 自動車 自動車販売 世界自動車販売 グローバル自動車販売 自動車市場予測

2014年9月26日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中古建設機械市場に関する調査結果 2014

2014年09月26日 中古建設機械市場に関する調査結果 2014 ~中古建設機械の輸出動向が今後の鍵を握る~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の中古建設機械市場の調査を実施した。1.調査期間:2014年4月~7月2.調査対象:建設機械メーカー、建設機械販売会社、建設機械レンタル業者、建設機械リース業者、中古建設機械取扱業者(輸出業者、オークション会社等)、業界団体、建設機械ユーザー企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文

市場データです。

国内携帯端末市場の将来動向予測

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング国内携帯端末(*)市場の将来動向予測 2020年の国内携帯端末(*)市場は、◆ 携帯端末契約数は、主要3キャリアで1億8,695万契約格安キャリア契約分を加えると、2020年には2億契約を突破◆ 主要3キャリアの携帯事業売上高は15兆1,140億円同携帯販売金額は1兆8,330億円同携帯向け設備投資は3兆8,200億円市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、携帯端

2014年7月31日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

居住用・非居住用建築物の市場予測 2014

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2014年2月4日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

ハイバリアフィルム市場に関する調査結果 2013

2014年02月04日 ハイバリアフィルム市場に関する調査結果 2013 ~フレキシブルデバイス基板材料として、期待高まる~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のハイバリアフィルム市場の調査を実施した。1.調査期間:2013年10月~12月2.調査対象:ハイバリアフィルムメーカー3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail によるヒアリング、ならびに文献調査併用<ハイバリアフィルムとは>本調査におけるハイバリアフィルムとは、水蒸気透過率10-3g/㎡/day以下の

2014年・アジア主要都市のオフィス市場予測

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(本社:米国・ニューヨーク 以下「C&W」といいます。)は本日、アジア太平洋の14の国と地域における来年のオフィス市場予測レポート「14 for 2014 - Top Trends to Watch」を公表しました。2014年は主要30都市のオフィス床新規需要の合計が約170万坪に到達する可能性が高いとC&Wは予測します。アジア太平洋地域リサーチ部門マネージングディレクターのシグリッド・ジアルシタSigrid Zialcitaは、

2013年12月3日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

WSTS 2013年秋季半導体市場予測について

2013年12月3日(火)午後3時リリースWSTS日 本 協議 会WSTS 2013年 秋 季 半 導 体 市 場 予 測 について1. WSTS(WORLD SEMICONDUCTOR TRADE STATISTICS:世 界半 導体 市 場統 計)の2013年秋季 市場 予 測会 議が、11月 19日∼21日 の3日 間、台湾、台 北 市で開 催された。予測 会 議は年2回、5月 と11月 に開 催されるが、今回 の会 議には世 界 の主 要半 導 体メーカ18社 から約30名 が参 加した

2013年11月20日野村総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

日・米・欧・中の世界4極におけるエコカー販売市場を展望

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2013年8月6日ICT総研★フィードバック数:0ビジネス

市場データです。

2013年度 法人向けタブレット端末の市場予測

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2013年度 法人向けタブレット端末の市場予測■ 2012年度の法人向けタブレット端末出荷は79万台。2015年度には2.2倍に。■ 大企業向けが4割を占めるが、今後は中小企業向けが法人市場の伸びを牽引。■ 法人向けの伸びが、2013年度以降のタブレット端末市場全体の拡大の原動力に。■ 法人の所有台数ベースのOS構成比は、iOSのシェアが69%と高い。  株式会社 ICT総研 (東京都千代

2012年11月27日JEITA★★フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

2014年までの予測です。

2012年秋季半導体市場予測

2012年11月27日(火)午後3時リリースWSTS日 本 協議 会WSTS 2012年 秋 季 半 導 体 市 場 予 測 について1. WSTS(WORLD SEMICONDUCTOR TRADE STATISTICS:世 界半 導体 市 場統 計)の2012年秋季 市場 予 測会 議が、2012年11月13日 ∼16日の4日間、神 戸 市で開 催された。予測 会 議は年2回 、5月と11月 に開 催 されるが、今 回 の会 議には世界 の主 要 半導体メーカ22社から約40名が参加 した。

2012年6月15日矢野経済研究所フィードバック数:1ライフスタイル海外

中国子供服市場に関する調査結果 2012

2012年06月15日 中国子供服市場に関する調査結果 2012 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて中国の子供服市場の調査を実施した。1.調査期間:2011年11月~2012年5月2.調査対象:中国子供服関連企業、中国服装協会、中国消費者協会、国家統計局等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<子供服市場とは>本調査における子供服市場とは、0歳児から12歳児向けの子供服を対象とする。調査結果サマリー◆ 2011年の中国子供服

教育ICTハードウエア市場の今後の市場予測(~2016年)

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング教育ICTハードウエア市場の今後の市場予測(〜2016年) ◆ 日本の教育ICTハードウエア市場は、2016年に1,038億円になると予想。(2010年は155億円)◆ 世界の同市場は2016年に1兆6,800億円になると予想。(2011年は8,800億円)市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、教育ICTの最新動向と今後の市場展望に関する調査を実施し、このほど、

2011年10月19日プラニディアフィードバック数:1マーケティング

スマートフォンを基軸としたモバイル広告市場ビジネスモデルの展望

リサーチデータ&業界専門資料販売 SurveyReport サーベイレポート 気になる商品・記事をクリップしておくことができます。各記事ページのボタンをクリックすると、ここに追加されます。 会員登録すると、MYページで整理・保存しておくこともできます。 レポートを発行している方へ [SurveyReport] では、付加価値の高いビジネス資料やマーケティングデータを制作・発行されている方を、企画制作&販売面などでサポートしています。 お気軽にご相談ください。スマートフォンを基軸とした

2010年12月21日MM総研フィードバック数:56モバイル

スマートフォンの市場規模の推移・予測

2010年12月16日■ 2010年度のスマートフォン出荷台数は675万台(前年比2.9倍)に上方修正 ■ 2012年度のスマートフォン出荷台数は1,925万台で過半数を突破と予測 ■ 2015年度末のスマートフォン契約数は6,035万件で契約数の51%と予測  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は2010年8月31日に発表した2015年度までのスマートフォン市場予測を上方修正した。理由としては以下3点があげられる。①おサイフケータイやワンセグといった国内独自サービスに対応したAndroi

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ