調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 市場定点観測

「市場定点観測」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) アメリカ「健康保険市場」の動向―アメリカの医療保険制度改革は、順調に推移しているのか?

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) アメリカ「健康保険市場」の動向―アメリカの医療保険制度改革は、順調に推移しているのか? | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 保険 > 欧米保険事情 > 欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) アメリカ「健康保険市場」の動向―アメリカの医療保険制度改革は、順調に推移しているのか?欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) アメリカ「健康保険市場」の動向―アメリカの医療保険制度改革は、順調に推移しているのか? 保険研究部

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) 米国の終身個人年金―即時開始型定額終身年金と長寿年金―

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) 米国の終身個人年金―即時開始型定額終身年金と長寿年金― | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) 米国の終身個人年金―即時開始型定額終身年金と長寿年金― 保険研究部 主任研究員 松岡 博司米国では、ベビーブーマー世代(1946年~1964年生まれ)の退職が本格化するにつれ、退職後の生活資金の枯渇問題への懸念が高まり、その解決策の1つとして、生保会社が提供する終身個人年金が脚光を浴びるようになった。「終身年金パズル」という言葉

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) 米国の個人年金―変額年金の販売縮小と指数連動型年金の増大―

欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) 米国の個人年金―変額年金の販売縮小と指数連動型年金の増大― | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(毎月第二火曜日発行) 米国の個人年金―変額年金の販売縮小と指数連動型年金の増大― 保険研究部 主任研究員 松岡 博司米国の個人年金市場では2012年以降、変額年金が微減傾向に、定額年金が増加傾向にある。両者を合わせた個人年金全体の販売額は増加基調にあるものの、いまだに2008年のピークを上回れない状況が続いている。生存給付保証特約のリスク管理の不

欧米生保市場定点観測(11)カナダの生命保険市場 part3-販売チャネル 銀行に厳しい規制、大型代理店に注目-

欧米生保市場定点観測(11)カナダの生命保険市場 part3-販売チャネル 銀行に厳しい規制、大型代理店に注目- | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(11)カナダの生命保険市場 part3-販売チャネル 銀行に厳しい規制、大型代理店に注目- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1990年代までは、一社専属エージェントが、

欧米生保市場定点観測(9)カナダの生命保険市場 part1-米国生保市場と比較して事業構造を見ると-

欧米生保市場定点観測(9)カナダの生命保険市場 part1-米国生保市場と比較して事業構造を見ると- | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(9)カナダの生命保険市場 part1-米国生保市場と比較して事業構造を見ると- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司カナダの生命保険市場は、生命保険料収入額世界第10位の生保市場である(2013年)。保険料収入の商品分野別構成比では、年金分野が一番大きく、次いで医療保険分野が大きく、最後に生命保険分野の順となっている。責任準備金の構成においても、年金

欧米生保市場定点観測(8)資産運用 欧米生保会社のインフラ投資-国策に応じ、利回り向上を求めてインフラ投資に乗り出す-

欧米生保市場定点観測(8)資産運用 欧米生保会社のインフラ投資-国策に応じ、利回り向上を求めてインフラ投資に乗り出す- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 保険 > 欧米保険事情 > 欧米生保市場定点観測(8)資産運用 欧米生保会社のインフラ投資-国策に応じ、利回り向上を求めてインフラ投資に乗り出す-欧米生保市場定点観測(8)資産運用 欧米生保会社のインフラ投資-国策に応じ、利回り向上を求めてインフラ投資に乗り出す- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司近年、鉄道や電

欧米生保市場定点観測(7)アメリカの企業年金の動向-確定拠出型プランへの移行は更に進むのか?

欧米生保市場定点観測(7)アメリカの企業年金の動向-確定拠出型プランへの移行は更に進むのか? | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(7)アメリカの企業年金の動向-確定拠出型プランへの移行は更に進むのか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也本稿は、アメリカの企業年金の概要や近年の動向について紹介するもので、特に予備知識を要しない平易な内容としている。アメリカの最新の統計資料によると、企業年金のうち、確定給付型プランは減少が進む一方、確定拠出型プランは増加して

2014年9月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

欧米生保市場定点観測(6)ビッグデータの生保への活用-アメリカの生保では、ビッグデータの取組みは進んでいるのか?

欧米生保市場定点観測(6)ビッグデータの生保への活用-アメリカの生保では、ビッグデータの取組みは進んでいるのか? | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(6)ビッグデータの生保への活用-アメリカの生保では、ビッグデータの取組みは進んでいるのか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也本稿は、生命保険制度に興味のある方々に向けて、ビッグデータへの取組み動向を紹介するもので、特に予備知識を要しない平易な内容としている。現在、ビッグデータが世界中で活用されている。古く

欧米生保市場定点観測(5)米国における生保・医療保険会社のM&A-コンソリデーション(統合)熱はさめた?-

欧米生保市場定点観測(5)米国における生保・医療保険会社のM&A-コンソリデーション(統合)熱はさめた?- | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(5)米国における生保・医療保険会社のM&A-コンソリデーション(統合)熱はさめた?- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司2013年の米国では、生保会社を対象とするM&Aおよび医療保険会社を対象とするM&Aはいずれも、件数、取引規模とも対前年で減少した。近年の米国生保・医療保険市場においては、以下の変化が進行している。マーケットシェアや規模の拡

2014年7月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

欧米生保市場定点観測(4)フランス生保市場の変調-優遇税制を訴求ポイントとする貯蓄商品モデルの揺らぎ-

欧米生保市場定点観測(4)フランス生保市場の変調-優遇税制を訴求ポイントとする貯蓄商品モデルの揺らぎ- | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(4)フランス生保市場の変調-優遇税制を訴求ポイントとする貯蓄商品モデルの揺らぎ- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司2011年から2012年にかけ、世界第4位の生保市場であるフランス生保市場は、収入保険料が減少する一方、解約返戻金や保険金等の支払いが増加し、純増額が急激に縮小するという変調に見舞われた。低金利環境下、フランス生保業界の主力商品であ

欧米生保市場定点観測(3)アメリカの新生命表検討の動向-新生命表は、予定通りに作成されるのか?

欧米生保市場定点観測(3)アメリカの新生命表検討の動向-新生命表は、予定通りに作成されるのか? | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(3)アメリカの新生命表検討の動向-新生命表は、予定通りに作成されるのか? 保険研究部 主任研究員・年金総合リサーチセンター兼任 篠原 拓也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アメリカでは、アクチュアリー会にて新生命表の作成が

欧米生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤー -州別に生保会社数と保険監督局の陣容を見ると-

欧米生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤー -州別に生保会社数と保険監督局の陣容を見ると- | ニッセイ基礎研究所 欧米生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤー -州別に生保会社数と保険監督局の陣容を見ると- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司 【要旨】米国生保事業者数の減少傾向は2012年も継続し、年末事業者数は868となった。州別に見ると、テキサス、ニューヨーク、イリノイのように、わが国を超える数の生保会社が本社を構える州から、自州内に本社を構える生保会社が1つもない州まで、

2014年4月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

欧米生保市場定点観測(1)米国の個人生命保険販売動向(2013)-評価利率の引下げ等、低金利環境の中でも横ばいを確保、上向く変額ユニバーサル保険販売は再浮上の鍵となるか-

欧米生保市場定点観測(1)米国の個人生命保険販売動向(2013)-評価利率の引下げ等、低金利環境の中でも横ばいを確保、上向く変額ユニバーサル保険販売は再浮上の鍵となるか- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 保険 > 欧米保険事情 > 欧米生保市場定点観測(1)米国の個人生命保険販売動向(2013)-評価利率の引下げ等、低金利環境の中でも横ばいを確保、上向く変額ユニバーサル保険販売は再浮上の鍵となるか-欧米生保市場定点観測(1)米国の個人生命保険販売動向(2013)

米国生保市場定点観測(12)2013年の米国銀行窓販-個人年金では回復の兆し、個人生命保険ではシェア低下-

米国生保市場定点観測(12)2013年の米国銀行窓販-個人年金では回復の兆し、個人生命保険ではシェア低下- | ニッセイ基礎研究所 米国生保市場定点観測(12)2013年の米国銀行窓販-個人年金では回復の兆し、個人生命保険ではシェア低下- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司米国生保業界において、銀行窓販は、個人年金販売においては重要な販売チャネルの一角を占めるが、個人生命保険販売においては極めて小さなシェアしか持たない状況が続いている。最近の米国銀行の販売実績に目を向けると、指数連動型個人年金

米国生保市場定点観測(11)米国生保の資産運用(2012年)-分離勘定の成長が再燃、利回り低下懸念にも光明-

米国生保市場定点観測(11)米国生保の資産運用(2012年)-分離勘定の成長が再燃、利回り低下懸念にも光明- | ニッセイ基礎研究所 米国生保市場定点観測(11)米国生保の資産運用(2012年)-分離勘定の成長が再燃、利回り低下懸念にも光明- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司米国生保業界の総資産は2012年も順調に増加した。この増加には分離勘定の増加が大きく寄与している。分離勘定は、ときに資産が減少する年もあるが、分離勘定の資産増加額が一般勘定の資産増加額を上回ることも多くなっている。米国生

米国生保市場定点観測(9)米国生命保険会社の収益構造-期待の主軸 個人年金はぶれも大きい-

米国生保市場定点観測(9)米国生命保険会社の収益構造-期待の主軸 個人年金はぶれも大きい- | ニッセイ基礎研究所 米国生保市場定点観測(9)米国生命保険会社の収益構造-期待の主軸 個人年金はぶれも大きい- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司米国生保業界においては、個人生命保険の収益構成比が伸びないのに対して、個人年金の収益構成比が増加してきた結果、近年では、個人年金が生保の主軸事業となっている。個人年金の収益率は概して高い。しかし金融危機の影響を受けた2008年には、個人年金で膨大な損失を計

米国生保市場定点観測(7) 米国の生命保険ダイレクト販売 - 件数シェアでは一定の地位、小口契約の販売が中心-

米国生保市場定点観測(7) 米国の生命保険ダイレクト販売 - 件数シェアでは一定の地位、小口契約の販売が中心- | ニッセイ基礎研究所 米国生保市場定点観測(7) 米国の生命保険ダイレクト販売 - 件数シェアでは一定の地位、小口契約の販売が中心- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司収入保険料や保険金額を指標とすると、米国の生保市場におけるダイレクト販売の存在感は小さいが、販売件数を指標とすると、ダイレクト販売は2割程度のシェアを有する注目すべき販売チャネルとなる。販売商品の中心は小口の終身保険

米国生保市場定点観測(6)米国の民間介護保険 -いまだ小さな規模撤退が相次ぎ、保険料の高騰も問題化-

米国生保市場定点観測(6)米国の民間介護保険 -いまだ小さな規模撤退が相次ぎ、保険料の高騰も問題化- | ニッセイ基礎研究所 米国生保市場定点観測(6)米国の民間介護保険 -いまだ小さな規模撤退が相次ぎ、保険料の高騰も問題化- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司米国の民間介護保険である長期介護保険はいまだ規模が小さな成長途上の市場であるが、近年、販売の変動性が大きくなり、業績は伸び悩み気味となっている。また商品設計の難しさ、超低金利による投資収益獲得の見込み薄等を背景に、市場からの撤退が相次ぎ

米国生保市場定点観測(3)個人生命保険の販売動向(2012) -いずれの指標でも業績が向上低金利の影響を受ける2013年に勢いをつなげるか-

米国生保市場定点観測(3)個人生命保険の販売動向(2012) -いずれの指標でも業績が向上低金利の影響を受ける2013年に勢いをつなげるか- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 保険 > 欧米保険事情 > 米国生保市場定点観測(3)個人生命保険の販売動向(2012) -いずれの指標でも業績が向上低金利の影響を受ける2013年に勢いをつなげるか-米国生保市場定点観測(3)個人生命保険の販売動向(2012) -いずれの指標でも業績が向上低金利の影響を受ける2013年に勢

米国生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤーたち -多くの生保会社が存在する市場で統合が進展-

米国生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤーたち -多くの生保会社が存在する市場で統合が進展- | ニッセイ基礎研究所 米国生保市場定点観測(2)米国生保市場のプレイヤーたち -多くの生保会社が存在する市場で統合が進展- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司米国生保業界には895にも及ぶ多数の生保事業者が存在する。それでも上位グループへの収斂が進展してきた結果、事業者数は減少してきており、895機関の多くは、いずれかのグループに属している。生保事業者は組織構造別に、生保株式会社、生保相互会

米国生保市場定点観測(1)危機を乗り越え成長を持続する米国生保の保険料収入 -年金、医療保険のウエイト増と変動性の高まり-

米国生保市場定点観測(1)危機を乗り越え成長を持続する米国生保の保険料収入 -年金、医療保険のウエイト増と変動性の高まり- | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 保険 > 欧米保険事情 > 米国生保市場定点観測(1)危機を乗り越え成長を持続する米国生保の保険料収入 -年金、医療保険のウエイト増と変動性の高まり-米国生保市場定点観測(1)危機を乗り越え成長を持続する米国生保の保険料収入 -年金、医療保険のウエイト増と変動性の高まり- 保険研究部 主任研究員 松岡 博司米

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ