「市場指数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 結局はハト派な会見か

Global Market Outlook結局はハト派な会見か2014年10月27日(月) 第一生命経済研究所 経済調査部 藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数> 日経平均※ NYダウ DAX(独) FTSE100(英) CAC40(仏) <外国為替>※ ドル円 ユーロドル <長期金利>※ 日本 米国 英国 ドイツ フランス イタリア スペイン <商品> NY原油 NY金 終値 15340.11 16,805.41 8,987.80 6,388.73 4,128.90 107

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 何ら違和感のないシナリオで満足

Global Market Outlook何ら違和感のないシナリオで満足2014年9月19日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-4523<主要株価指数>日経平均※NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金(円)終値16282.5317,265.999,798.136,819.294,464.70前日比214.96109.14136.6338.

2014年3月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 悪天候のなか意外にしっかり(14年2月住宅着工件数 ~昨年末の急増の反動に悪天候が重なり下振れ~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 悪天候のなか意外に悪天候のなか意外にしっかり意外にしっかり(1しっかり(14(14年2月住宅着工件数)住宅着工件数)発表日:20142014年3月19日19日(水)~昨年末の急増の反動に悪天候が重なり下振れ~昨年末の急増の反動に悪天候が重なり下振れ~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-500114年2月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算)は、11、12月の大幅な増加の反2月の住宅着工件数

2014年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 今年はコジンの出番

Global Market Outlook今年はコジンの出番2014年1月17日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:30 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値15734.4616,417.019,717.716,815.424,319.27(円)15800前日比-12.74-64.93-

2013年8月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 米10年金利2.7%が鬼門

Global Market Outlook米10年金利2.7%が鬼門2013年8月16日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452316:40 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン(円)終値13650.111142.6515,112.198,376.296,483.344,093.202,068.4

2013年7月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 変動の大きい集合住宅の大幅減により下振れ(13年6月住宅着工件数) ~住宅需要は7月にかけて一段と強まっている~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 変動の大きい集合住宅変動の大きい集合住宅の住宅の大幅減大幅減により下振れにより下振れ(1下振れ(13(13年6月住宅着工件数)住宅着工件数)発表日:20132013年7月18日(木)~住宅需要は7月にかけて一段と強まっている~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-500113年6月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算)は、83.6万戸と市場予想中間値6月の住宅着工件数は 83.6 万戸と前月

米5月住宅着工は年率91.4万戸~住宅市場指数の急上昇が回復期待を高める

米5月住宅着工は年率91.4万戸~住宅市場指数の急上昇が回復期待を高める | ニッセイ基礎研究所 米5月住宅着工は年率91.4万戸~住宅市場指数の急上昇が回復期待を高める 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 住宅市場の回復期待は強いが、5月住宅着工は年率91.4万戸と市場予想を下回った。借家需要を背景にした集合住宅の回復が急な半面、一戸建て住宅が伸び悩ん

2013年4月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 集合住宅の急増により2008年6月以来の100万戸台回復(13年3月住宅着工件数) ~住宅販売の回復傾向や在庫率低下が押し上げ~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 集合住宅集合住宅の住宅の急増に急増により2008年2008年6月以来の以来の100万戸100万戸台万戸台回復(13(13年3月住宅着工件数)住宅着工件数)発表日:20132013年4月16日(火)~住宅販売の回復傾向住宅販売の回復傾向や販売の回復傾向や在庫率の低下が押し上げ在庫率の低下が押し上げ~が押し上げ~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-500113年3月の住宅着工件数(季節調整済み、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ