「市場環境」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年8月4日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内通信事業者向けネットワーク機器市場動向

国内通信事業者向けネットワーク機器市場動向を発表 国内通信事業者向けネットワーク機器市場は、5Gサービス向け投資を契機に、2016年~2021年の年間平均成長率8.3%で再び成長 足元の厳しい市場環境は続き、2008年以降の最低水準を2016年は更新 シスコシステムズが低需要期に強さを発揮。アラクサラネットワークスもイーサネットスイッチ市場で好調を維持 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正

2016年3月2日CA Technologiesフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Application Economy Index 2016(アプリケーション・エコノミー・インデックス、以下AEI)に関する第一回調査

CA Technologiesの調査で、市場とのかい離への対応の遅れによって リーダー企業も競争力を失う恐れがあることが明らかに ~今日のアプリケーション・エコノミーでディスラプターに位置づけられる日本は市場潜在力指標の評価では最下位に~ CA Technologies (東京都千代田区、社長:ポール・フォルケンシュタイン)は本日、アジア・パシフィック&ジャパン地域(APJ)のApplication Economy Index 2016(アプリケーション・エコノミー・インデックス、以下

事業環境や資金調達環境の改善が期待される中国不動産企業

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月30日事業環境や資金調達環境の改善が期待される中国不動産企業 中国では、不動産市場が低迷するなか、不動産企業の事業環境や資金繰りの悪化が懸念されてきましたが、足元の不動産市場では、大都市を中心に持ち直しの兆しが見え始めています。中国国家統計局が発表した3月の主要70都市の新築住宅価格をみると、前年同月比で、中小都市や内陸部では下落が続いていますが、北京や天津などの大都市では上昇しました。上昇した都市の数は、2月の2都市から大

世界的な低金利環境が、債券市場の追い風に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年4月6日世界的な低金利環境が、債券市場の追い風に 世界の国債利回りは、先進国国債を中心に低水準となっており、時価総額ベースで約40%が0.5%未満となっています(シティ世界国債インデックス(参考市場を含む)の各国インデックスの最終利回り、3/31時点)。その背景には、世界景気の回復ペースが鈍いことや、原油安でインフレ圧力が大きく低下したことなどから、今年、主要国中央銀行が相次いで金融緩和を実施し、多くの国で国債利回りが低下(価格

2015年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

通貨スワップの市場環境とヘッジコストに与える影響について

通貨スワップの市場環境とヘッジコストに与える影響について | ニッセイ基礎研究所 通貨スワップの市場環境とヘッジコストに与える影響について 金融研究部 准主任研究員 福本 勇樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米ドルと円を交換する通貨スワップ市場において、スワップ・スプレッドがマイナスの状況が恒常的に続いている。スワップ・スプレッドがマイナスの場合、米ドル調達サ

2014年の振り返り(世界のリート市場) 世界的な金利低下を背景に上昇【デイリー】

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 2014年の振り返り(世界のリート市場)世界的な金利低下を背景に上昇【デイリー】 2014年の振り返り(世界のリート市場)世界的な金利低下を背景に上昇【デイリー】2014年12月25日9月の調整局面を経て、再び上昇 ■2014年のグローバルリート市場は、世界的な金利低下を背景に、前年末比+30%近い上昇となりました。米国10年国債利回りが前年末の3.0%台から足元2.2%台へ低下するなど、世界的な金利低下が背景です。■米国でのQE

ダイワ米国バイバック・ファンド (為替ヘッジあり)【最近の市場環境について】

ダイワ米国バイバック・ファンド (為替ヘッジあり)【最近の市場環境について】

2013年11月29日日本総研フィードバック数:0社会/政治

不安定な市場環境のもと、緩やかな回復が続く世界経済-米国で緩和的な金融環境が続くほか、中国も景気下振れ余地限定的

不安定な市場環境のもと、緩やかな回復が続く世界経済-米国で緩和的な金融環境が続くほか、中国も景気下振れ余地限定的

2011年7月12日矢野経済研究所フィードバック数:2ライフスタイル

国内インポートブランド市場に関する調査結果2011~依然として厳しい市場環境が続く、震災後の市場変化をどう読み解くかが今後の鍵となる~

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ