「市場金利」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

国債の金利低下で生じていること

国債の金利低下で生じていること | ニッセイ基礎研究所 国債の金利低下で生じていること 金融研究部 年金総合リサーチセンター 年金研究部長 德島 勝幸日本銀行が昨年10月31日に導入した追加の金融緩和(いわゆる“ハローウィーン緩和”)で、日本の国債金利はかつてない水準にまで低下するに至った。財務省の発表する国債金利情報を見ると、金利が一度でもマイナスになった年限は、最長で4年となっている(ゼロ金利は6年まである)。かつては、金利がマイナスになってまで債券を購入することは、投資して利息を支払うこ

2014年12月19日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

BTMU FX Weekly(2014年12月19日)-「イエレン議長の金融政策の進め方が見えたFOMC」

FX Weekly平成 26(2014)年 12 月 19 日GLOBAL MARKETS RESEARCH チーフアナリスト 内田 稔三菱東京 UFJ 銀行A member of MUFG, a global financial groupTable of contents1 2 3 4 今週のトピックス 来週の相場見通し 来週以降の経済指標・イベント マーケットカレンダー1. 今週のトピックス(1) イエレン議長の金融政策の進め方が見えた FOMC シニアマーケットエコノミスト 鈴木 敏之(

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州を襲う日本型デフレ危機~ドラギマジックの賞味期限~

経済トレンド欧州を襲う日本型デフレ危機~ドラギマジックの賞味期限~経済調査部田中 理(要旨)○低成長・低インフレの長期化でユーロ圏がデフレに陥るリスクが高まりつつある。日本を襲ったデ フレの病巣の多くがユーロ圏でも観察されるが、“調整の深度”と“期間の長さ”の両面で、今の ところ日本と比べて軽微なものにとどまっている。だが、デフレ転落回避に重要な期待インフレの 安定が崩れかけており、決して楽観できる状況にはない。 ○ECBはデフレの脅威に対峙するため、マイナス預金金利、貸出増加行への長期資金供給

債務指向運用への段階的な移行

債務指向運用への段階的な移行 | ニッセイ基礎研究所 債務指向運用への段階的な移行 金融研究部 年金総合リサーチセンター 企業年金調査室長 梅内 俊樹1――はじめに2――退職給付会計の時価主義化3――即時認識における貸借対照表への影響4――市場金利に応じた段階的なポートフォリオの移行について5――会計上と年金財政上のリスク6――まとめ退職給付に関する時価会計の厳格化が進められている。年金債務を市場金利によって時価同然の金額として評価し、それに対する年金資産の不足額を母体企業の貸借対照表に全額か

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ