「市民社会」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年2月1日静岡県フィードバック数:0大型消費/投資

若者のお金の使い道、目に見えるか否かで男女に違い?

若者のお金の使い道、目に見えるか否かで男女に違い? 商品選択...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 若者のお金の使い道、目に見えるか否かで男女に違い?商品選択ポイント、年齢が高くなると“質”重視にお金の流れが見えない社会貢献商品は逆に不信感も~静岡県 消費者教育推進事業(若者)調査~ 静岡県では、消費者市民社会の実現に向け、社会的価値行動ができる消費者の育成に取り組んでいます。このたび消費者教育推進事業の一環として、県内在住の若者(18~39歳)を対象にアンケート及

2015年11月20日内閣府フィードバック数:0社会/政治

消費者行政の推進に関する世論調査

消費者行政の推進に関する世論調査お願い本報告書の内容を引用されたときは,その掲載部分の写しを下記宛に御送付下さい。内閣府大臣官房政府広報室 世論調査担当〒100-8914東京都千代田区永田町1-6-1電話 03(3581)0070FAX 03(3580)1186目次本報告書を読む際の注意1 調査の概要2 調査結果の概要1.消費者問題と消費者が必要としている情報(1) 消費者問題に対する関心ア 消費者問題に対する関心分野イ 消費者問題の情報の入手方法(2) 国・地方公共団体から得たい情報2.消費

2013年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

消費者教育におけるネットリテラシー

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 消費者教育におけるネットリテラシー―消費者市民社会の形成に求められるもの― ◆消費者市民社会とは、消費生活が経済社会に大きな影響を与えることを消費者が自覚して、公正かつ持続可能な社会の形成に積極的に参画する社会である。◆高度情報化の進展でネットを利用した取引が大きく増加しており、以前にも増してネットリテラシー・ネットモラルの向上が求められている。◆マルチステークホルダーで構成される消費者教育推進会議に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ