「市販薬」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月7日プラネットフィードバック数:0ライフスタイル

かぜ薬に関する意識調査

3人に2人が“毎年1回以上”かぜをひく!? 自覚症状は“のどの痛み”が圧倒的、初期対策には男女差も 〜「セルフメディケーション税制」は認知度は低いが期待は高い傾向〜 国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、日用品にまつわるトピックスをお届けする『Fromプラネット』の第54号としてかぜ薬に関する意識調査の結果をご紹介します。3人に2人が“年1回以上”かぜをひく 年明け早々、列島各地を強い寒波がおそいました。か

2016年8月30日日本調剤★フィードバック数:0ライフスタイル

かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師に対する意識

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。『かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師に対する意識』に関する調査を実施しました生活者に聞く『かかりつけ薬局・かかりつけ薬剤師に対する意識』6割近く(57.8%)の人は、「かかりつけ薬剤師」とは何か知らない「かかりつけ薬剤師」を持っている人の、持つきっかけは「薬局で勧められた」薬局を調剤以外で利用するのは「市販薬、衛生雑貨品の購入」 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の

2016年8月18日アンテリオフィードバック数:0ライフスタイル

第26回 生活健康基礎調査 ~「健康」に関する消費者の意識および実態調査~

第26回 生活健康基礎調査 ~「健康」に関する消費者の意識および実態調査~ かぜの予防・症状軽減を意識して、「機能性ヨーグルトやヨーグルト飲料」を摂った人のうち、52%が「効果あり」と回答。当社は、生活者の「健康」に関する意識と実態の把握を目的とした生活健康基礎調査を実施しました。本調査は、インテージAD-HOCモニター※1に登録している16~69歳の約2300人を対象とした郵送調査で、生活者の健康意識のほか、最近1年間の経験症状や市販薬の使用実態などを確認したものです。1991年から継続的に

2016年5月22日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「お薬手帳と新・医療控除」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「お薬手帳と新・医療控除」について「新・医療費控除制度」9割以上が知らない。今年の4月に改定された診療報酬制度では、お薬手帳を持って同じ薬局に通うと支払う金額が少しだけ安くなるようになりました。また2017年度からは、1年間に薬局などで購入した市販薬が12,000円を超えると所得から控除できる、新・医療費控除が始まる予定です。そこで今回は、お薬手帳の利用実態と新・医療費控除制度についてベルメゾンデッセ会員のみなさんに伺いまし

2016年4月30日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム 調剤薬局

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ調剤薬局直近3年以内利用者は全体の8割弱。「月に1回程度」「年に2〜3回」がボリュームゾーン、月1回以上利用者は3割強。「調剤専門薬局:診察を受けた病院に隣接している」が直近3年以内利用者の6割強、病院隣接の調剤薬局利用者が8割弱 調剤薬局選定時の重視点は「病院に隣接している」「アクセスがよい」が上位2位。「待たされない」「気軽に入りやすい」「ジェネリック医薬品が充実している」「薬剤師・店員の説明がわかりやすい」などが続く 調剤薬局で処薬以

2016年2月5日日本調剤フィードバック数:0ライフスタイル

花粉症経験者に聞いた『2016 花粉症の実態と対策』

本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。 本文のエリアです。花粉症経験者に聞いた『2016 花粉症の実態と対策』花粉症経験者に聞いた『2016 花粉症の実態と対策』約4割は花粉症で「病院に行かない」、行かない理由は“我慢できる”「マスク」(68.5%)、「うがい・手洗」(48.3%)治療薬を使うのは、6割近くが花粉症を発症してから  全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長 三津原 博)は、昨年に引き続

2015年5月1日ウェザーニューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

花粉症についての調査です。

第二回花粉症調査

ニュース 2015年05月01日 ウェザーニューズ、全国3万人に聞いた“第二回花粉症調査”の結果発表今年の花粉症は鼻が1番ツラかった!~ 最もツラい時間は朝7時!8割以上が仕事や勉強の能率低下を感じる ~  株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、4月10日〜4月15日、今年の花粉症の実態を調査するため、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」を通して全国のウェザーリポーターと“花粉症調査”を実施しました。6日間で延べ29,873人から寄せられた回答を集計した結

風邪薬についての調査です。

「かぜ薬」に関するアンケート

●市販かぜ薬 認知1位は「ルル」、直近服用1位は「パブロン」、総合満足1位は「プレコール」●9.1%が「ブランド名が分からないまま服用」インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、 「かぜ薬」についてアンケートを行い、 使用しているかぜ薬のブランド名や満足度、 購入する際の重視点、「セルフメディケーション」の認知などについてまとめました。調査は2015年1月16日〜2月4日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター6,308人から回答を得ています。Tweet ● 

2015年2月23日マイナビフィードバック数:0ライフスタイル

緊張・イライラの解消法ナンバーワンは?

あと1カ月ほど経つと新年度を迎える。新しい職場や新生活に期待や希望を抱いている方も多いことだろう。一方で、新しい環境を迎えるにあたり、不安を感じ緊張・イライラしている方もいるのではないか。決算期が迫り、営業成績に胃をキリキリさせていることも考えられる。つまり年度末は、期待を抱く一方、不安も感じてしまう複雑な時期ともいえる。そこでマイナビニュースでは「緊張・イライラに関するアンケート」を実施。400人(男性169人、女性231人)から回答が得られたのでレポートする。もっともイライラするシチュエーシ

具体的な製品名を出した調査です。

「鼻炎薬」に関するアンケート

● 市販鼻炎薬 使用率1位は「アレグラFX」● 点鼻薬使用で3人に1人は「苦い」経験ありインターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「鼻炎薬」についてアンケートを行い、使用している鼻炎薬の満足度や、購入する際の重視点などについてまとめました。調査は2014年4月18日〜5月2日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター7,431人から回答を得ています。Tweet ● 花粉症の4人に1人は市販薬のみ。理由は「十分効果がある」「手軽に購入できる」● 市販鼻炎薬 使用率

2014年5月12日マクロミル★フィードバック数:0ライフスタイル

今年の振り返りです。

2014年の花粉症に関する実態調査

2014年05月12日今年、花粉症を発症したのは41% 花粉飛散量の多かった2013年調査と比較すると4ポイント減少今年、花粉症症状があった人の三大症状は「鼻水」86%、「くしゃみ」80%、「目のかゆみ」77%鼻症状有訴者は95%花粉症有訴者の花粉対策は「マスク使用」62%がトップ 処方薬の利用者は38%、市販薬の利用者は36%と同程度 効果感は処方薬、市販薬を問わず薬剤の効果感は7割を超えて高い花粉症有訴者のうち、今年病院を受診したのは31% 「毎年行っているので」48%、「医者の診察をしても

2014年3月31日大都フィードバック数:0ライフスタイル

目の支障の実態とアサイベリーに関する調査

「疲れ目」は4割強、「眼精疲労」は7割強の人が深刻 約4割がアントシアニン含有サプリを「使用したい」 2014年3月29日 「疲れ目」は4割強、「眼精疲労」は7割強の人が深刻 約4割がアントシアニン含有サプリを「使用したい」 2014年3月28日有限会社 大都「疲れ目」は4割強、「眼精疲労」は7割強の人が深刻 55歳以上の人でも、PCの使用が目の健康に大きく影響 約4割がアントシアニン含有サプリを「使用したい」 アサイベリーが「ブルーベリーよりもアントシアニンが豊富」なことは過半数が認知年度

2013年11月26日楽天リサーチ★フィードバック数:0ライフスタイル

風邪/インフルエンザについての調査です。

風邪に関する調査

『インフルエンザ対策も日ごろの予防から。7割を超える人が風邪対策を行っている。』風邪に関する調査 2013年11月25日楽天リサーチ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 学)は、風邪に関するインターネット調査を実施しました。今回の調査は、11月7日から8日の2日間、楽天リサーチに登録しているモニター(約230万人)の中から、20代から60代の男女計500人を対象に行いました。 7割以上が日ごろから風邪予防を実施。予防策1位は「手洗いをする」。はじめに、「風邪予防のために何か対策を行っ

第162回 どうしてる?子どもの常備薬 2004.03.18~2004.03.24

●分析いくら健康に気をつかっていても、突然具合が悪くなるのが小さなお子さまの特徴。お医者さまに行ける時は良いのですが、診察時間が終わっていたりお休みの日だとそうもいきません。そんな時に頼りになるのが常備薬。お店で売られている市販薬が中心になると思いますが「とりあえずコレで様子を見よう」という時には便利ですよね。そこで今回のゴーゴーリサーチの投票テーマはずばり「子ども用の常備薬」です。全国の55192ママパパがどんなお薬を、どのように選んでおられるのかを大調査!また用意しておいてよかった、用意して

第348回 どうしてる?我が家の常備薬 2008.01.10~2008.01.16

●分析ただいま、風邪が大流行中。みなさまは大丈夫ですか?お子さまはもちろん、大人も突然熱が出たり、お腹が痛くなったり、体調を崩すことがあるはず。すぐに病院に行くことがいちばんいいのですが、時間や都合にも左右されますよね。そんな時、頼りになるのが「常備薬」。とりあえず症状を緩和するのに役立ってくれます。今回のリサーチテーマは「どうしてる?我が家の常備薬」。いつも55192ファミリーのお家にある薬について、教えてもらいました。小児科の先生から風邪についてのお話もうかがっているので、参考になるはずです

薬についてのまとまった調査です。

「市販薬」についての調査

日本のマーケティングリサーチ、市場調査をリードする日本リサーチセンターはギャラップ・インターナショナルのメンバーです。 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15〜79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「市販薬についての調査」について、オムニバス調

2013年6月3日マクロミル★フィードバック数:2ライフスタイル

今年の花粉症の振り返りです。

2013年の花粉症に関する実態調査

2013年06月03日今年、花粉症を発症したのは45%。昨シーズンの41%から増加花粉症の主な症状は「鼻水」「くしゃみ」「目のかゆみ」が8割以上、最もつらい症状は「鼻づまり」発症者の半数が市販薬を利用。病院を利用した人は3割、両方利用した人は16%花粉症対策商品トップは「マスク」「目薬」「鼻炎薬」「点鼻薬」花粉症で通院した診療科は「耳鼻科」50%、「内科」40%、「眼科」14%株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、2013年の花粉症の実態と対策について、全国の

2013年5月27日マイボイスコムフィードバック数:2ライフスタイル

マイボイスコム 病気の対処法

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ体の調子が悪いとき「早めに医者にかかるほう」は3割弱、「市販薬を利用し、医者にはなるべくかからないようにするほう」は4割弱、「医者も薬も、なるべく利用しないようにするほう」は2割強。風邪の対処方法は「睡眠を十分とる」「市販薬を利用する」が上位2位、「安静にする」が続く 医療機関にかからずに対処することが多い症状は「鼻水、鼻づまり」「のどの痛み」「咳」が各5〜6割で上位3位。反対に「動悸、息切れ」「耳づまり、聞こえづらい」「歯痛」などは1割以

2013年3月31日ドゥ・ハウスフィードバック数:2ライフスタイル

2012-2013越冬風邪とカラダの継続調査9回目 ~市販薬の市場集中度分析!

ソーシャル時代の「聞く技術」の最新事例をお届けします 聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。 新サイトTOPページ⇒2012-2013越冬風邪とカラダの継続調査9回目 ~市販薬の市場集中度分析!カラダデータバンク”カラダ”に関するあれこれを専門的に取り扱うシリーズ「カラダデータバンク」です。「カラダデータバンク」は、人々の健康実態や、医薬品・医薬部外品、その関連品を対象に調査と分析を行ってまいります。■調査目的風邪、インフルエンザ、ノロウイルスの感染実態を継続

2013年3月27日電通★フィードバック数:9ライフスタイル

薬のネット販売についての消費者調査です。

市販薬のインターネット販売に関する意識調査

市販薬のインターネット販売に関する意識調査

2012年5月8日QLife★フィードバック数:1ライフスタイル

製薬会社のイメージ調査です。

患者の製薬会社イメージ横断調査 2012

株式会社QLifeトップページニュースリリース『患者の製薬会社イメージ横断調査 2012』4人に1人が医師に特定薬剤名で処方希望した経験あり。製薬会社が「してはいけないこと」は、“情報・データの隠ぺい、改ざん”など 『患者の製薬会社イメージ横断調査 2012』4人に1人が医師に特定薬剤名で処方希望した経験あり。製薬会社が「してはいけないこと」は、“情報・データの隠ぺい、改ざん”など2012年5月08日 [火] QLifeは、2012年3~4月にかけて『患者の製薬会社イメージ横断調査2012』を実

2011年12月8日マイボイスコムフィードバック数:3ライフスタイル

マイボイスコム ドラッグストアの利用(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへドラッグストア週1回以上利用者は3割、「月2〜3回」が3割強 ドラッグストアで購入したことのある商品は「市販薬」に続き、「オーラルケア用品」「衛生用品」「日用消耗品」「医療用品」などが多い。他店では買うがドラッグストアでは買わないものは飲料・食料品 直近1年間に利用したドラッグストアは、全体では「マツモトキヨシ」が最も多く、「サンドラッグ」「スギ薬局、スギドラッグ、ドラッグスギ」が続く ドラッグストア利用者の重視点は「価格が安い」「品揃えが

2011年3月10日アイシェアフィードバック数:2ライフスタイル

スイッチOTC薬に関する意識調査

スイッチOTC薬に関する意識調査望まれる「スイッチOTC薬」の増加~安易な利用や副作用に懸念の声も生活スタイルの変化により、様々な病が見られるようになった現代。近年では、これまで医師の判断でしか処方できなかった医療用医薬品(以下、医療薬)を、一般用医薬品(以下、市販薬)として販売できるよう認めた“スイッチOTC薬”が多数登場している。最近発売されたものでは、スイッチOTC薬として初めて医療用消炎鎮痛成分のロキソプロフェンナトリウム水和物を含有した、第一三共ヘルスケア株式会社の解熱鎮痛薬“ロキソニ

2011年2月10日アイシェアフィードバック数:3ライフスタイル

花粉症(3回目)に関する意識調査

花粉症(3回目)に関する意識調査まだ間に合う!今年の花粉症対策~専門家から学ぶ花粉症情報環境省が実施している調査研究報告(第1報)によると、2011年は昨シーズンに比べ10倍以上の花粉の総飛散量になる地域もあるという。そこでアイシェアは花粉症に関する意識調査を3回にわたり実施。1回目は花粉症だと困ると思う職業を、2回目は花粉症が原因で起きた受験や仕事の失敗談についての調査を行った。シリーズ最終回の今回は花粉症の人が実際に行っている花粉症対策について調査を実施。20代から40代のネットユーザー男女

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ