調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 帝国データバンク仙台

「帝国データバンク仙台」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月21日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

マイナンバー制度に対する東北6県企業の意識調査

2015/6/12特別企画 : マイナンバー制度に対する東北6県企業の意識調査マイナンバー、「内容を含めて知っている」企業は4割〜 コスト負担は1社平均103万円と想定 〜はじめに全国民に対する税と社会保障の共通番号(マイナンバー)制度が導入されることに先立ち、2015年10月には市区町村から全国民へマイナンバーの通知が開始される。さらに、2016年1月からは、社会保障や税、災害対策の分野での番号の利用が始まる。企業は、2016年以降、税や社会保障の手続きでマイナンバー制度に対応することが求めら

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

東北6県「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

2015/5/29特別企画 : 東北6県「休廃業・解散」動向調査(2014年度)「休廃業・解散」は倒産の4.5倍にあたる1635件〜 3年連続で減少、「建設業」に増加の兆し 〜はじめに2014年度の東北6県の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、362件と3年連続で400件を下回った。復興需要に支えられ「建設業」の倒産が減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“

2015年4月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2015年度の業績見通しに関する東北6県企業の意識調査

2015/4/232015年度の業績見通しに関する東北6県企業の意識調査「増収増益」見通しは23.5%〜 アベノミクスへの評価は61.9点、全国10ブロック別では最低 〜はじめに国内景気は、企業の設備投資意欲の改善で生産関連が堅調に推移しているほか、原油安や円安による外部環境の改善も加わり、消費税率引き上げ後の悪化傾向から脱し、上昇基調の様相をみせている。他方、人手不足による受注機会の喪失は景気拡大を抑制する懸念材料ともなっているなか、地域や業界、規模によって景気動向が業績に与える影響は異なって

2015年3月29日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第2回 東北6県リサイクル業 主要100社の最新期業績動向調査

2015/3/26第2回 東北6県リサイクル業 主要100社の最新期業績動向調査100社売上高 前期比11.9%増〜 全6県で増収増益、好調さが浮き彫りに 〜はじめに東日本大震災では、宮城県で1171万トン、岩手県で429万トン、福島県で280万トンと、被災3県で1880万トンもの震災ガレキが発生し(環境省調べ)、2014年3月までにほぼすべての処理を完了した。また、消費税増税前の住宅購入の駆け込みで、解体・産廃処理需要が増加したうえ、アベノミクス効果による円安、スクラップ相場の上昇基調などで廃

2015年3月15日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する東北6県企業の動向調査

2015/3/12人手不足に対する東北6県企業の動向調査正社員、企業の38.6%で人手不足感〜 『運輸・倉庫』が7割超と突出 〜はじめに人口減少が進み産業構造が変化するなか働き手の奪い合いが生じ、公共事業では入札不調が続くなど円滑な予算執行ができない状況も生まれている。アベノミクスの成長戦略推進において人手不足がネックとなり、この状態が続くと今後の景気回復の足かせともなりかねない。帝国データバンク仙台支店は、人手不足に対する企業の見解について調査を実施した。本調査は、TDB景気動向調査2015年

2015年3月8日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第6回:東北6県「東日本大震災関連倒産」の動向調査(4年間累計)

2015/3/2第6回:東北6県「東日本大震災関連倒産」の動向調査 (4年間累計)4年目は55件、累計327件に〜 県別は「宮城」、業種別は「サービス業」が最多 〜はじめに東日本大震災の発生から丸4年を迎えようとしているが、東北6県ではほぼ毎月、震災に関連した倒産が発生している。3年で関連倒産の発生がほぼ収束した阪神大震災と比較すると、その影響の根深さが理解できよう。そこで帝国データバンク仙台支店では、震災発生時の2011年3月から2015年2月までの4年間に判明した東北6県での「東日本大震災関

2015年3月1日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

東北6県水産加工業 主要100社の業績動向調査

2015/2/26東北6県水産加工業 主要100社の業績動向調査主要100社の売上高、震災前の95%にまで回復はじめに東日本大震災で大きな被害を受けた水産加工業。漁業者や養殖業者など生産者のバックヤードとして、また大量の労働者の受け皿として、地元経済への貢献度は高く、早期の復興が望まれている。復旧費の4分の3を国や県が補助するグループ化補助金が後押しとなって設備の復旧は進んだが、各企業での業績のバラツキは大きく、水産業全体の復興までの道のりに難題も多い。そこで帝国データバンク仙台支店は、東北6県

2015年2月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

地方創生に対する東北6県企業の意識調査

2015/2/10地方創生に対する東北6県企業の意識調査企業の約7割が地方創生に関心〜 地方創生に向けた政策、若年世代の支援を重視 〜はじめに日本経済の発展には地域経済の活性化が欠かせない。2014年11月21日に可決・成立した「まち・ひと・しごと創生法案」及び「地域再生法の一部を改正する法律案」では、人口減少・超高齢社会への取り組みとして地方創生を掲げている。また、1月20日には内閣府地方創生推進室が設置され、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部とともに安倍政権における地方創生の動きが本格化して

2015年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

円安に対する東北6県企業の意識調査

2015/1/22円安に対する東北6県企業の意識調査半数の企業が円安をデメリットと認識〜 円安対策が人件費や雇用の抑制につながる可能性も 〜はじめに円相場は2015年1月に終値で1ドル=118円を記録。2014年夏まで100円台前半で推移していた相場は短期間で急激に円安が進行した。短期間での想定を上回る為替レートの変動は、海外との直接取引がある企業にとどまらず、間接的に輸入製品、原材料・資源を利用している企業にも大きな影響を与える可能性がある。そこで、帝国データバンク仙台支店は、円安に対する東北

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ