調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 帰宅困難者

「帰宅困難者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年8月8日文部科学省フィードバック数:0社会/政治

平成24年度非常災害時の子どもの心のケアに関する調査報告書

現在位置トップ > 教育 > 学校保健、学校安全、食育 > 学校保健の推進 > 平成24年度非常災害時の子どもの心のケアに関する調査報告書 平成24年度非常災害時の子どもの心のケアに関する調査報告書 平成25年8月平成24年5月に行った「非常災害時の子どもの心のケアに関する調査」の結果をとりまとめましたので、お知らせします。 1 調査の目的 東日本大震災に伴う子どもの心身の健康状態を的確に把握し、子どもの心身の健康状態に応じた行政、学校等の適切な対策を講じる際の基礎資料を得ることを目的とする。

2011年4月12日労務行政研究所フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災への企業の対応

【緊急アンケート】東日本大震災への企業の対応 地震発生日の帰宅困難者への対応で最も多かったのは「社内施設の開放」で78%、「通常以外に要した(タクシー代など)交通費を全額支給」は53%が実施した。被災による休業,計画停電による事業所休業のいずれについても、「賃金を通常どおり全額支払う」は7割台。また4社に1社が災害見舞金を上乗せ支給した。詳細は添付ファイルでご覧ください。

2011年4月11日ウェザーニューズフィードバック数:4社会/政治

東日本大震災における「帰宅困難調査」

発行日 : 2011年04月11日ウェザーニューズ、東日本大震災における「帰宅困難調査」結果発表震災時、首都圏の帰宅所要時間の目安は普段の7倍・車通勤者の帰宅所要時間の目安は普段の5倍・電車通勤者、4人に1人が帰宅ルートに“自信なし”・電車通勤時間が1時間半以上の半数が6時間以上どこかに“とどまった”・帰宅困難時、3人に1人は“何としてでも帰宅する”・社員に支援した会社は7割以上、社員以外の帰宅困難者に支援した会社は3割に3月11日、日本は国内観測史上最大の震災に見舞われ、交通機関が麻痺したこ

2011年4月7日アイシェアフィードバック数:4社会/政治

徒歩帰宅に関する意識調査

いざという時の徒歩帰宅訓練「受けたい」5割 徒歩帰宅に関する意識調査東日本大震災の発生時、首都圏では公共交通機関が動かず徒歩帰宅を余儀なくされた帰宅困難者が多数見られた。では、徒歩帰宅となった場合、職場や学校から自宅までの安全に歩いて帰れるルートや支援施設を把握している人はどのくらいいるのだろうか。また、徒歩帰宅訓練を受けてみたいと思う人はどれくらいいるだろうか。インターネットユーザー(被災地域を除く)に意識調査を実施し、男女1,697名の回答を集計した。まず、「有職・学生(非在宅)」の1,02

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ