「平均実施」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年3月5日リクルート★★フィードバック数:0キャリアとスキル

就職白書2019

プレスリリース記事詳細就職白書2019株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)のよりよい就職・採用の在り方を追究するための研究機関・就職みらい研究所(所長:増本 全)は、企業の新卒採用活動および学生の就職活動の実態を明らかにするため、全国の新卒採用を実施している企業と、就職活動を行った2019年卒業予定の大学4年生・大学院2年生を対象に、調査を実施致しました。 このたび調査結果がまとまりましたので、一部を抜粋してご報告申し上げます。-企業の採用難の状況は続く

大学研究者の研究変遷に関する調査研究

「大学研究者の研究変遷に関する調査研究」[DISCUSSION PAPER No.134]の結果公表について科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、大学研究者の研究プロジェクトの目的・段階・利用研究費等の変遷を明らかにすることを目的としたウェブ調査を、自然科学系(工学を含む)大学研究者1000名を対象に実施しました。その結果、本調査の回答研究者は、過去10年間に平均で4.4件の研究プロジェクトを実施しており、その平均実施期間は4.5年であることが明らかになりました。また、過去10年間に実施

2013年3月28日みずほ情報総研フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

節電に対する生活者の行動・意識に関する追跡調査

東電管内の節電行動は後退傾向で、非節電型ライフスタイルに回帰 節電に対する生活者の行動・意識に関する追跡調査を実施2013年3月12日 みずほ情報総研株式会社みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長: 井上 直美)は、生活者の夏の節電行動の実態を把握するため、「節電に対する生活者の行動・意識調査(追跡調査)」を行い、このたびレポートとしてまとめましたのでご案内いたします。 当社では東日本大震災以降、東京電力管内に居住する生活者を対象に、節電に対する意識や行動を継続的に調査してきました

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

お知らせ