「平均支出」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月22日ソニー生命保険フィードバック数:0社会/政治

子どもの教育資金に関する調査2017

ニュースリリース(平成28年度)子どもの教育資金に関する調査20172017年3月14日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)は、2017年2月9日~2月13日の5日間、大学生以下の子ども(複数いる場合は長子)がいる30~59歳の男女に対し、2014年1月、2015年3月、2016年2月に発表した調査(※)に続いて「子どもの教育資金に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調

2016年9月25日KASPERSKY labフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査

企業における情報セキュリティの経済的影響:エグゼクティブサマリー 概要2016年、Kaspersky LabはB2B International社と共同で、世界25か国の4,000社を超える企業を対象に、情報セキュリティ予算、インフラの複雑さ、セキュリティ脅威とセキュリティソリューションに対する姿勢、データ侵害による実際のコスト、セキュリティインシデントの経験について調査を実施しました。本レポートは、自社を保護するために企業がかけるコスト、サイバーセキュリティインシデントからの復旧にかかるコスト

2016年3月7日ソニー生命保険フィードバック数:0社会/政治

子どもの教育資金と学資保険に関する調査2016

ニュースリリース(平成27年度)子どもの教育資金と学資保険に関する調査 20162016年3月2日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)は、2016年1月30日~2月3日の5日間、大学生以下の子ども(複数いる場合は長子)がいる20~59歳の男女に対し、2014年1月、2015年3月に発表した調査(※)に続き3回目となる「子どもの教育資金と学資保険に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジ

2015年3月13日ソニー生命保険★フィードバック数:0大型消費/投資

教育資金についての調査です。

子どもの教育資金と学資保険に関する調査 2015

ニュースリリース(平成26年度)子どもの教育資金と学資保険に関する調査 20152015年3月13日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 井原 勝美)は、2015年2月15日~2月16日の2日間、大学生以下の子ども(複数いる場合は長子)がいる20~69歳の男女に対し、2014年1月に発表した調査(※)に引き続き2回目となる「子どもの教育資金と学資保険に関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会

2014年10月1日総務省★フィードバック数:0ライフスタイル

消費税増税の影響です。

統計Today No.84 家計調査結果から見た消費税率引上げ前後の消費行動

ここから本文です。統計Today No.84家計調査結果から見た消費税率引上げ前後の消費行動 〜今回の税率引上げ時は前回(平成9年)と比べて なぜ駆け込み需要が高かったのか?〜総務省統計局統計調査部消費統計課調査官 佐藤 朋彦(共同執筆者)同課審査発表係堀井 俊同課物価統計室価格調査係 齋藤 香緒里はじめに 平成26(2014)年4月に、消費税率5%から8%への引上げがされました。これに伴い、引上げ前の3月には駆け込み購入、引上げ後の4月以降はその反動による買い控えが見られるなど、家計消費の動き

2014年4月17日堺都市政策研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

だんじり祭の経済効果です。

「岸和田だんじり祭2013」の経済波及効果

「岸和田だんじり祭 2013」の経済波及効果平成 26 年 3 月公益財団法人 堺都市政策研究所目 次Ⅰ はじめに ···································································································· 1Ⅱ 直接効果の項目 ················································································

2013年8月8日総務省★★フィードバック数:0社会/政治

日別の消費の傾向を見ています。

家計簿からみた365日~日別集計結果より

ここから本文です。統計Today No.66家計簿からみた365日〜日別集計結果より総務省統計局統計調査部消費統計課長 永島 勝利 総務省統計局では、GDP(国内総生産)全体の約6割を占める家計消費の実態を把握し、国の経済政策・社会政策の立案に必要な基礎資料を 提供することを目的として、家計調査を毎月実施し、その結果(速報)を翌月に公表しています。このため、家計に関する詳細かつ膨大な統計データが 蓄積されており、家計の実態を詳細に分析することが可能となっています。特に、日単位で、品目別に、消費支

和歌山県における家計の現状~国勢調査・消費実態調査より~

1. はじめに経済指和歌山社会経済研究所では、四半期ごとに県標内事業者の協力のもと、県内景況感を報告している。平成25年4月に発表した景気動向調査によると、県内景況感は建設業、製造業、商業、サービス業のすべての産業で改善が見られるな和歌山県における家計の現状∼国勢調査・  消費実態調査より∼ど、国内景況感の改善とともに回復の動きが確認された。ただ、県内の経済主体は事業者だけではなく、一般家計の単位である世帯もその一つである。そして、和歌山県経済の状況を判断するためには、事業者側からの県内景況感だ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ