調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 平均気温北日本

「平均気温北日本」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月8日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2015年2月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 2月の天候報道発表日概要2015年(平成27年)2月の天候の特徴は以下のとおりです。北日本では、気温が高かった シベリア高気圧の日本付近への張り出しは弱かった。特に、北日本では寒気の南下が弱く気温の高い日が続いた。他の地方では、月の前半の気温は低い日が多かったが、下旬は気温の高い日が多く、月平均気温は平年並だった。日本海側の降雪量は少なく、北日本日本海側では統計開始以降2月として最も少なかった 冬型の気圧配置は長続きせず、日本海側の降雪量は少なく

2014年8月3日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年7月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 7月の天候報道発表日平成26年8月1日概要2014年(平成26年)7月の天候の特徴は以下のとおりです。北日本で気温がかなり高かった 北日本では晴れる日が多く、また、南から暖かい空気が流れ込みやすかったため、月を通して気温が平年を上回り、月平均気温がかなり高くなった。北日本と東日本太平洋側で日照時間が多かった 北日本と東日本太平洋側では梅雨前線の影響は小さく、高気圧に覆われて晴れる日が多かったため、日照時間が多く、北日本太平洋側ではかなり多かった。

2014年7月6日気象庁フィードバック数:0ライフスタイル

2014年6月の天候

キーワードを入力し検索ボタンを押下ください。 6月の天候報道発表日平成26年7月1日概要2014年(平成26年)6月の天候の特徴は以下のとおりです。北日本では気温がかなり高かった 北日本では、上旬と下旬を中心には高気圧に覆われ晴れたため気温が高く、月平均気温はかなり高かった。降水量は、北日本と東日本太平洋側で多かった。一方、東・西日本日本海側では少なかった 北・東日本太平洋側では、上旬に本州南岸の動きの遅い低気圧と湿った気流の影響で大雨となった。また、北日本では、中旬にも気圧の谷の影響で大雨

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ