「平均消費」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年6月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2014年6月号

みずほ日本経済情報2014年6月号[日本経済の概況]◆日本経済は、消費増税の影響で一時的に落ち込んでいるが、一部に持ち直しの動きもみられる。経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、消費増税後の落ち込みから徐々に持ち直していくとみられる。駆け込み需要の反動が薄れるにつれて、個人消費が回復する見込みである。他方、輸出は海外経済の回復や円安を背景に増加するが、そのペースは緩やかであろう。先行指標が夏場の投資減速を示唆しているた

ハロウィンと消費の関係を見ています。

ハロウィンによる消費の増大効果はどの程度?

ハロウィンによる消費の増大効果はどの程度? 今年も10月を迎え、スーパーやコンビニの店頭にハロウィンをイメージした色鮮やかな装飾が目立つようになってきた。ほんの少し前まではわが国では「はろうぃん?」という状況だと認識していたが、この数年間で大きく様変わりしたように感じられる。そこで本稿では、わが国でハロウィンによる経済的な効果がどの程度発生してきているか、お菓子に対する消費額を対象として検証してみたい。ハロウィン(Halloween)とはハロウィンはケルト人の民俗行事に起源を有するとされる。ケル

2013年9月20日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

家計調査資料を用いた日韓貯蓄行動に関する比較分析

家計調査資料を用いた日韓貯蓄行動に関する比較分析∗横浜市立大学国際総合科学部教授鞠 重鎬(クック ジュンホ)要旨総務省統計局の『家計調査年報』と韓国統計庁の『家計動向調査』資料に基づき、日韓両国の貯蓄行動に関する比較分析を行う。日本のマクロ家計貯蓄率は石油危機直後の 1974年には 23.2%にも達していたが、2012 年には 1.9%にまで落ちた。マクロ貯蓄率の下落とともに、経済成長率も下落してきたし、ミクロの家計貯蓄率も低下してきた。本稿では、両国の階層別の所得分布について議論した後、実態

2009年12月7日価格.com★フィードバック数:4デジタル家電

価格コムがボーナスに関する調査結果を発表しました。

冬のボーナス2009 -あなたは何に使いますか?-

今年もいよいよ冬のボーナス支給の季節がやってきた。すでに定例となっているが、価格.comリサーチでは、毎年夏と冬の2回、ボーナスに関する調査を行っており、今回もまた価格.comユーザーの皆さんの実際のボーナス支給状況などをうかがってみた。まず、今年2009年冬のボーナスの推定支給額だが、全体の平均では「52.2万円」となった。昨年2008年冬の調査では「58.0万円」だったので、約5.8万円ダウンという厳しい結果となった。今年は景気悪化が年初から叫ばれており、夏のボーナスの調査でも「53.6万円

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ