「平均読書」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

第63回学校読書調査

JSLAは全国的な視野に立って学校図書館の充実発展と青少年の読書の振興を図るために活動しています。 全国学校図書館協議会は毎日新聞社と共同で、全国の小・中・高等学校の児童生徒の読書状況について毎年調査を行っています。第63回の調査の結果が次のようにまとまりました。調査の項目は、毎年定例のものと年ごとに特設したものとがあります。「5月1か月間に読んだ本の冊数」「読んだ本の書名」「5月1か月間に読んだ雑誌の冊数」「ふだん読んでいる雑誌名」は、毎年調査しています。今回はそのほかに、「本を読まなかった理

2015年2月4日トゥ・ディファクト★フィードバック数:0マーケティング

読書についての調査です。

20代~40代に聞いた『読書の実態調査』

活字離れが進んでいる今の時代ですが、実際のところ、本を読む機会は減っているのでしょうか。そこで、今回は20代~40代までの男女300名に「読書の実態」についてアンケート調査を実施しました。あなたの読書時間、世の中と比べてみませんか? 2015年2月10日:日本テレビのニュース番組「oha!4 NEWS LIVE」おはゼミナールのコーナーにて使って頂きました。本や電子書籍、毎月1冊以上読んでいる?今回の調査では、毎月1冊以上の頻度で本や電子書籍を読んでいる人は「本を読んでいる」、毎月一冊未満の場合

2014年8月28日BookLiveフィードバック数:0デジタル家電

関東1都6県在住の20~40代に聞いた電子書籍の利用に関する意識調査

プレスリリース━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━≪関東1都6県在住の20~40代に聞いた電子書籍の利用に関する意識調査≫ 電子書籍ストア認知率は6割以上、都県別では1位「東京」、最下位「千葉」 ~ 電子書籍ストア利用率は「東京」、「群馬」が同率1位 ~━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━国内最大級約31万冊の電子書籍を取り扱う株式会社BookLive(本社:東京都台東区、代表取締役社長:淡野 正、以下:当社)は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ