「平成元年」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月12日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

白書です。

「平成26年度土地に関する動向」及び「平成27年度土地に関する基本的施策」(土地白書)

「平成26年度土地に関する動向」及び「平成27年度土地に関する基本的施策」(土地白書)について 平成27年6月12日 平成27年版土地白書が本日閣議決定、国会報告されましたので、関係資料を公表いたします。土地白書は土地基本法(平成元年法律第84号)第10条第1項及び第2項の規定に基づき、土地に関する動向及び政府が土地に関して講じた基本的な施策並びに土地に関して講じようとする基本的な施策について、毎年国会に報告しているものです。  本白書は、「平成26年度土地に関する動向」と「平成27年度土地に

2014年6月11日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

白書です。

「平成25年度土地に関する動向」及び「平成26年度土地に関する基本的施策」(土地白書)

「平成25年度土地に関する動向」及び「平成26年度土地に関する基本的施策」(土地白書)について 平成26年6月10日 平成26年版土地白書が本日閣議決定、国会報告されましたので、関係資料を公表いたします。土地白書は土地基本法(平成元年法律第84号)第10条第1項及び第2項の規定に基づき、土地に関する動向及び政府が土地に関して講じた基本的な施策並びに土地に関して講じようとする基本的な施策について、毎年国会に報告しているものです。  本白書は、「平成25年度土地に関する動向」と「平成26年度土地に

2013年10月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

少しずつ増えている、工学系の女子学生

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 少しずつ増えている、工学系の女子学生平成25年度学校基本調査から 「男女共同参画白書 平成25年版」で、「人口減少と少子高齢化の下にある我が国が,国,地域,企業,世帯等あらゆるレベルで再び力強い成長の歩みを取り戻すためには,女性の活躍こそ原動力であり,成長戦略の中核となる。」と述べているように、産官学のさまざまな分野で女性の活躍が期待されている。科学技術の分野でも、女性研究者の活躍が期待されているが、

2013年6月12日国土交通省★フィードバック数:6社会/政治

土地、不動産についての白書です。

「平成24年度土地に関する動向」及び「平成25年度土地に関する基本的施策」(土地白書)

「平成24年度土地に関する動向」及び「平成25年度土地に関する基本的施策」(土地白書)について 平成25年6月11日 平成25年版土地白書が本日閣議決定、国会報告されましたので、関係資料を公表いたします。土地白書は土地基本法(平成元年法律第84号)第10条第1項及び第2項の規定に基づき、土地に関する動向及び政府が土地に関して講じた基本的な施策並びに土地に関して講じようとする基本的な施策について、毎年国会に報告しているものです。要旨(PDF ファイル)本文(PDF ファイル)  本白書は、「平

2013年3月15日大和総研フィードバック数:16ライフスタイル

大学、大学院における男女別学生数の状況

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 大学、大学院における男女別学生数の状況-平成24年度学校基本調査から- 多様な人材を活用することで経済社会の活性化を図ることや、少子高齢化による労働力人口の減少懸念に向けて労働供給の量的拡大を図ることなどから、産官学のさまざまな分野で女性の活躍が推進されている。科学技術の分野でも、多様な視点や発想を取り入れた研究活動を活性化するために、女性研究者の活躍が期待されている。そのためには、女性研究者の人材プ

2012年6月18日国土交通省★フィードバック数:10社会/政治

国土交通省による白書です。震災もテーマになっています。

「平成23年度土地に関する動向」及び「平成24年度土地に関する基本的施策」(土地白書)

「平成23年度土地に関する動向」及び「平成24年度土地に関する基本的施策」(土地白書)について 平成24年6月15日 平成24年版土地白書が本日閣議決定、国会報告されましたので、関係資料を公表いたします。土地白書は土地基本法(平成元年法律第84号)第10条第1項及び第2項の規定に基づき、土地に関する動向及び政府が土地に関して講じた基本的な施策並びに土地に関して講じようとする基本的な施策について、毎年国会に報告しているものです。  本白書は、「平成23年度土地に関する動向」と「平成24年度土地に

2009年1月14日マクロミルフィードバック数:0社会/政治

2009年 新成人に関する調査

2009年01月07日2009年の新成人、6割は「将来の夢がある」自分の未来「明るいと思う」64%、日本の未来「暗いと思う」82%今、自分にとって重要なことは、「仕事・就職」「お金」がそれぞれ97%で最多楽しいと感じるとき、1位「友人と過ごしているとき(72%)」、2位「家でのんびりしているとき(68%)」、3位「音楽を聴いているとき(59%)」インターネット調査会社の株式会社マクロミル(本社:東京都港区、社長:辻本秀幸)は、全国の昭和63年~平成元年生まれの男女のうち2009年成人式の参加対象

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ