「年収数字」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月9日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

生涯給料「全国トップ500社」ランキング

生涯給料「全国トップ500社」ランキングついに10億円超え企業が登場! 長期間にわたる積み上げという視点で給料を考えてみましょう(写真:わたなべ りょう / PIXTA) 今週後半からいよいよ12月。多くの企業や役所で冬のボーナス(賞与、一時金)がもらえる時期だ。今年の年収もだいたい確定するタイミングだ。一方で、給料は働いているかぎりずっともらい続けるものだ。短期的ではなく積み上げて考えてみないと、給料の本当の差は見えてこない。東洋経済オンラインはそんな問いへの答えを出すため、会社に新卒(2

2015年11月10日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

最新版!「生涯給料トップ500社」ランキング

最新版!「生涯給料トップ500社」ランキング1位は6億円超、一生にもらえる金額は? 短期的ではなく、積み上げて考えることが肝要です(写真:tsukat / PIXTA) 少し気が早いかもしれないが、12月に入ると多くの企業や役所で冬のボーナス(賞与、一時金)が支給される。今年の年収がだいたい確定するタイミングだ。経団連が10月末に発表した主要74社の今年の冬のボーナス支給額は1人当たり平均で91万0697円と、昨年の同調査から2万7675円増えた。統計を開始した1981年以来の過去最高という

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:64キャリアとスキル

主要企業40歳年収ランキング<メーカー編>

主要企業40歳年収ランキング<メーカー編>主要企業の年収を独自試算、その実態は? 自動車など輸送用機器業界の平均年収は580万円。ホンダは7位だった 関連記事:給与格差は社内だけではない。会社間でも当然差がある。また、業種ごとの給与相場というものがある。それでは、主要企業の給与はどうなっているのか? 本誌では上場企業を対象に、公開データから40歳の年収を推計した(推計方法は下の「ランキングについて」を参照)。それを比較することで、企業間の「給与格差」を読み取る。会社の規模や業績で給与が決まる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ