調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 年度データ

「年度データ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年11月27日日経リサーチフィードバック数:0ビジネス

総合企業ランキング「NICES(ナイセス)」2014年度版

業績・働きやすさ・成長性…トヨタ自動車が初のトップに総合企業ランキング「NICES(ナイセス)」2014年度版結果発表報告書・ベンチマークレポートの予約受付開始! 2014.11.27 株式会社日経リサーチは総合企業ランキング「NICES(ナイセス)」2014年度版の調査結果をまとめた報告書を12月下旬から販売します。「NICES」は企業に関係する様々なステークホルダーにとっての「優れた企業」像を探るため、日本経済新聞社・日本経済新聞デジタルメディア・日経リサーチが共同開発した企業評価システムで

2014年6月12日Verizonフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年度データ漏洩/侵害調査報告書

2014年度データ漏洩/侵害調査報告書最新の『データ漏洩/侵害調査報告書(DBIR)』では、サイバー空間での国家スパイ活動やDoS攻撃に関する新たな知見が展開されています。今回の報告書では、50のグローバル企業・組織の協力を得て、侵害が確認された6万3千件以上のセキュリティインシデントのデータを集約し、総合的に解析することで、9種類の基本攻撃パターンが明らかになりました。これらの攻撃がビジネスに与える影響の実態と、脅威に対して企業が防御体制を整える際の推奨事項が示されています。 最新のセキュリ

2013年5月2日Verizonフィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

2013年度データ漏洩/侵害調査報告書

[] Verizon Communicationsの日本法人、ベライゾンジャパン合同会社(東京都渋谷区、執行役員社長:平手 智行、以下 「ベライゾン」)は、2013年度データ漏洩/侵害調査報告書において、大規模なサイバー金融犯罪および国家に関連した諜報活動が2012年度のサイバー犯罪の大半を占める結果となったことを、本日発表しました。2013年度報告書にて報告された全侵害事象の中で首位に立ったのは、金融関連のサイバー犯罪(75%)で、国家関連の諜報活動(20%)が第2位となりました。諜報活動には

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ