「年度予想」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月28日ITR★★フィードバック数:0大型消費/投資

国内金融IT市場動向調査2017

国内金融IT市場動向調査2017同レポートは、金融業におけるIT投資動向「IT投資動向調査編」と主要なITサービス分野の市場シェアをまとめた「ベンダー市場調査編」からなり、前者は国内企業を対象に実施した「IT投資動向調査2017」から金融業での調査結果を、後者は44の製品・サービス分野を対象とし主にベンダーへのヒヤリング調査などからITRが推計した金融業における市場規模推移とベンダーシェアを掲載しています。本レポートのハイライトは以下の通りです。 ■2016年度の金融業IT予算比率は6.1%。

2015年6月12日建設経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

業界分析です。

2015年3月期(2014年度)主要建設会社決算分析

2015 年 3 月期(2014 年度)主要建設会社決算分析2015 年 6 月 11 日◆目次1. 調査の目的2. 分析対象会社3. 報告要旨4. 主要分析結果① 受注高② 売上高③ 売上総利益④ 販売費及び一般管理費⑤ 営業利益⑥ 経常利益⑦ 特別利益・特別損失⑧ 当期純利益⑨ 有利子負債⑩ 自己資本比率・デットエクイティレシオ⑪ キャッシュフロー5. 参考資料◆1. 調査の目的一般財団法人建設経済研究所では、1997 年より主要建設会社の財務内容を階層別に経年比較分析することにより、建設業

2015~2016年度の企業業績見通し

News Release2015~2016 年度の企業業績見通し(2015 年 6 月)2015 年 6 月 4 日野村證券株式会社エクイティ・リサーチ部2015~2016 年度の企業業績見通し2015 年 6 月 4 日目次要約/業績予想主要前提P.1業種別・経常増減益寄与率P.3経常利益予想修正(前回予想からの修正額)P.5ROE (自己資本利益率) の推移と要因分解P.7リビジョンインデックスP.8<参考>業種別・企業業績時系列推移P.9業種別経常利益実額P.11四半期業績の推移P.11株

企業業績の見通しです。

2014~2015年度の企業業績見通し

News Release2014~2015 年度の企業業績見通し(2015 年 3 月)2015 年 3 月 3 日野村證券株式会社エクイティ・リサーチ部2014~2015 年度の企業業績見通し2015 年 3 月 3 日目次要約/業績予想主要前提P.1業種別・経常増減益寄与率P.3経常利益予想修正(前回予想からの修正額)P.5ROE (自己資本利益率) の推移と要因分解P.7リビジョンインデックスP.8<参考>業種別・企業業績時系列推移P.9業種別経常利益実額P.11四半期業績の推移P.11株

企業業績の見通しです。

2014~2015年度の企業業績見通し

News Release2014~2015 年度の企業業績見通し(2014 年 12 月)2014 年 12 月 4 日野村證券株式会社エクイティ・リサーチ部2014~2015 年度の企業業績見通し2014 年 12 月 4 日目次要約/業績予想主要前提P.1業種別・経常増減益寄与率P.3経常利益予想修正(前回予想からの修正額)P.5ROE (自己資本利益率) の推移と要因分解P.7リビジョンインデックスP.8<参考>業種別・企業業績時系列推移P.9業種別経常利益実額P.11四半期業績の推移P.

2014年12月3日ITR★★フィードバック数:0企業情報システム

ITRの調査です。

IT投資動向調査2015

【お知らせ】ITRウェブサイトは、2017年7月27日(木)10時〜11時30分の間、メンテナンスを予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。 国内企業のIT投資意欲は増加基調を保ちつつも、成長率は鈍化 投資マインドは「攻め」よりも「守り」重視 ― ITRが「IT投資動向調査2015」の結果を発表 ―2014年12月3日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は本日、国内企業を対象に20

2014年11月2日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

経済・物価情勢の展望(2014年10月、基本的見解)

2014年10月31日日本銀行経済・物価情勢の展望(2014 年 10 月)【基本的見解】1<概要>2014 年度から 2016 年度までの日本経済を展望すると、消費税率引き上げに伴う駆け込み需要とその反動の影響を受けつつも、基調的には潜在成長率を上回る成長を続けると予想される2。消費者物価の前年比(消費税率引き上げの直接的な影響を除くベース)は、当面現状程度のプラス幅で推移したあと、次第に上昇率を高め、見通し期間の中盤頃、すなわち 2015 年度を中心とする期間に2%程度に達する可能性が高

2014~2015年度の企業業績見通し

News Release2014~2015 年度の企業業績見通し(2014 年 9 月)2014 年 8 月 29 日野村證券株式会社エクイティ・リサーチ部2014~2015 年度の企業業績見通し2014 年 8 月 29 日目次要約/業績予想主要前提P.1業種別・経常増減益寄与率P.3経常利益予想修正(前回予想からの修正額)P.5ROE (自己資本利益率) の推移と要因分解P.7リビジョンインデックスP.8<参考>業種別・企業業績時系列推移P.9業種別経常利益実額P.11四半期業績の推移P.1

企業業績の見通しです。

2013~2014年度の企業業績見通し

News Release2013~2014 年度の企業業績見通し(2014 年 3 月)2014 年 3 月 5 日野村證券株式会社エクイティ・リサーチ部2013~2014 年度の企業業績見通し2014 年 3 月 5 日目次要約/業績予想主要前提P.1業種別・経常増減益寄与率P.3経常利益予想修正(前回予想からの修正額)P.5ROE (自己資本利益率) の推移と要因分解P.7リビジョンインデックスP.8<参考>業種別・企業業績時系列推移P.9業種別経常利益実額P.11四半期業績の推移P.11株

2013年12月3日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRの調査です。

IT投資動向調査2014

【お知らせ】ITRウェブサイトは、2017年7月27日(木)10時〜11時30分の間、メンテナンスを予定してます。作業中はサイトの閲覧が出来なくなりますのでご了承ください。 5年ぶりの高水準となった国内企業のIT投資意欲2014年度はやや減速も、引き続き成長率はプラス水準を維持 ― ITRが「IT投資動向調査2014」の結果を発表 ―2013年12月3日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、本日、国内企業を対象

2010年11月29日ITR★フィードバック数:0企業情報システム

ITRから投資動向調査の速報が発表されました。

IT投資動向調査

下落傾向に歯止めがかかった国内企業のIT投資2011年度のトレンドは「IT基盤の構造改革」― ITRがIT投資動向調査の速報を発表 ―2010年11月26日 株式会社アイ・ティ・アール株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業を対象に2010年9月から10月にかけて実施した国内IT投資動向調査の一部結果を速報として発表いたします。本調査では、経済不況の打撃から落ち込んだ国内企業のIT投資が2010年度にどのような動きを見せているか、また2011年度に向けてどのよう

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ