調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 年度四半期

「年度四半期」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月11日建設経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設投資についてのレポートです。

「建設経済モデルによる建設投資の見通し」(2014年度・2015年度見通し(2次改訂))

建設経済モデルによる建設投資の見通し( 2015 年 2 月 )建設投資2014 年度は前年度比△3.3%の 47 兆 1,200 億円2015 年度は前年度比△1.2%の 46 兆 5,500 億円政府建設投資2014 年度は 2013 年度を下回るものの 2012 年度を超える投資額を維持2015 年度は引き続き減少し、2010 年度の水準に民間建設投資住宅投資:2014 年度は消費増税前駆け込み需要の反動により前年度に比べ減少し、2015 年度は前年度の反動減からの回復と市場活性化策により

2013年12月27日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度 経済見通し(3次改訂)

情報メモ NO.25-1122013・2014 年度 経済見通し(3 次改訂)2013 年 12 月 24 日 調査部-消費税率引き上げ影響が生じるも、政策効果によりプラス成長を継続-ポイント ◯ 2013 年度の実質 GDP は前年度比+2.7%を見込む。以下のような需要の押し上げ要因が重なり、 年度を通じて高い成長が見込まれる。 ① 株価の上昇による消費マインドの改善や、所得・雇用環境の改善が個人消費の増加に波及す る。さらに、海外経済の持ち直しと円安効果が相まって、輸出は緩やかに増加し、生

2013年3月25日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度 経済見通し

情報メモ NO.24-116 2013 年 3 月 21 日 調査部2013・2014 年度 経済見通し-景気は回復軌道に向かうものの、政策効果の反動減に懸念-(案)ポイント ◯ 2012 年度の実質 GDP は前年度比+1.0%を見込む。 ◯ 2013 年度は同+2.2%を見込む。欧州債務問題が落ち着きを見せ、海外経済が緩やかに持ち直し へ向かう中、円安効果も相まってわが国の輸出は緩やかに増加し、生産の増加へつながる。これ により、企業収益が底上げされ、設備投資の持ち直し、雇用所得環境の改善へ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ