「年度国内」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2016年度 国内情報セキュリティ市場調査(速報値)

2016年度 国内情報セキュリティ市場調査 (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査についてNPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)では、2004年度以来継続して、日本国内の情報セキュリティ市場の調査を実施している。このうち、2009年度までは経済産業省委託事業として、以降はJNSA独自の事業として行っている。2016年度調査では、個別推計調査、ワーキンググループメンバによる議論を踏まえて全体集計・推計作業を行い、2017年6月にとりまとめた。本調査の対象は

2017年1月13日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ドクターズコスメ市場に関する調査を実施(2016年)

2017年01月05日 ドクターズコスメ市場に関する調査を実施(2016年) ~2015年度の市場は機能の再評価とインバウンド需要によって拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内ドクターズコスメ市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~11月2.調査対象:化粧品ブランドメーカー、化粧品原材料メーカー・商社、流通業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、郵送アンケート、文献調査併用<ドクターズコスメとは>本調査におけるドクターズコスメとは、

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書 (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査についてNPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)では、2004年度以来継続して、日本国内の情報セキュリティ市場の調査を実施している。このうち、2009年度までは経済産業省委託事業として、以降はJNSA独自の事業として行っている。2015年度調査では、従来方式を一部簡略化し、個別推計調査、ワーキンググループメンバによる議論を踏まえて全体集計・推計作業を行い、2016年6月にと

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書(速報版)

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書 (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査についてNPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)では、2004年度以来継続して、日本国内の情報セキュリティ市場の調査を実施している。このうち、2009年度までは経済産業省委託事業として、以降はJNSA独自の事業として行っている。2015年度調査では、従来方式を一部簡略化し、個別推計調査、ワーキンググループメンバによる議論を踏まえて全体集計・推計作業を行い、2016年6月にと

2015年6月7日東京大学★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車産業と為替についてのレポートです。

グローバル製品・市場戦略論:日本自動車産業のケース研究(3)日本自動車産業の円高問題・円安問題

MMRCDISCUSSION PAPER SERIESNo. 472グローバル製品・市場戦略論:日本自動車産業のケース研究(3)日本自動車産業の円高問題・円安問題東京大学ものづくり経営研究センター大鹿隆2015 年 6 月東京大学ものづくり経営研究センターManufacturing Management Research Center (MMRC)ディスカッション・ペーパー・シリーズは未定稿を議論を目的として公開しているものである。引用・複写の際には著者の了解を得られたい。http://merc

2015年3月3日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナーの調査です。

2015年度国内IT投資動向

2015年3月3日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー ジャパン、2015年度国内IT投資動向を発表2015年度もビジネスの「成長」「変革」のためのIT投資が増加する傾向は変わらない一方で、IT部門が把握していないビジネス部門によるIT投資の存在も浮き彫りに ガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、「2015年度国内IT投資動向」を発表しました。ガートナーが2014年10月から12月にかけて国内企業703社を対象に実施した調査 (2014

2015年1月25日七十七銀行★フィードバック数:0社会/政治

各社の予測のまとめです。

民間調査機関の2015年度国内経済見通し

民間調査機関の2015年度国内経済見通し

2013年12月23日日通総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度の経済と貨物輸送の見通し

2016年度の経済と貨物輸送の見通し改訂株式会社日通総合研究所2016年6月本改訂見通しについて当研究所では、本年3月に2016年度末までの日本経済と貨物輸送に関する見通しをとりまとめたが、その後の内外経済環境の変化を踏まえ、以下の前提の下に2016年度マクロ経済、および貨物輸送量の見通し改訂作業を行った。◆米国経済の成長率は前年比1.8%(2.1%)、円レートは1ドル当り106.0円(112.0円)、原油輸入価格はバーレル当り46.3ドル(40.5ドル)とした。◆2015年度の実質経済成長率は

2013年12月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2013年7~9月期2次QE概要

Q E 解 説2013 年 12 月 9 日2013 年 7~9 月期 2 次QE概要経済調査部シニアエコノミスト山本康雄03-3591-1243yasuo.yamamoto@mizuho-ri.co.jp○ 7~9月期の実質GDP(2次速報)は前期比+0.3%(年率+1.1%)に下方修正。法人企業統計の結果を受けて、設備投資・民間在庫投資とも下方修正○ 2012年度の実質GDP成長率(確報値)は+0.7%と速報値の+1.2%から大幅に下方修正。公共投資の下方修正(速報+14.9%⇒確報+1.3

2013年8月6日日本政策投資銀行フィードバック数:0ビジネス

企業行動に関する意識調査結果 2013年 6月

平 成 2 5 年 8 月 5 日株式会社日本政策投資銀行産業調査特別アンケート企業行動に関する意識調査結果2013年6月Ⅰ.調査要領1Ⅱ.調査結果1.2012年度の設備投資実績22.2013年度の資金使途及び国内設備投資33.国内及び海外の事業活動、競争環境44.成長・競争力強化に向けた取り組み19- お問い合わせ先 -産業調査部 須賀Tel: 03 (6311) 8589 E-mail: icsuga@dbj.jp部Ⅰ. 調査要領特別アンケート 企業行動に関する意識調査結果 2013年6月調

2012年5月14日MM総研★フィードバック数:1ビジネス

出荷台数で前年度比5.0%増、出荷金額で11.5%減とのことです。

2011年度国内パソコン出荷概要

2012年05月10日■出荷台数は5.0%増の1529.4万台、2年連続で過去最高を更新 ■出荷金額は二ケタの減少、市場でのコスト競争は激しさを増す ■12年度は法人更新需要が拡大、スマホ・タブレットとの相乗効果を期待 出荷台数 1,529万4,000台前年度比 5.0%増MM総研は5月10日、2011年度(11年4月~12年3月)の国内パソコン出荷実績を調査、結果を発表した。それによると国内パソコン出荷台数は前年度比5.0%増の1,529万4,000台となった。下半期にタイで発生した洪水の影

2011年5月12日MM総研フィードバック数:0ビジネス

2010年度国内パソコン出荷概要

2011年05月11日■出荷台数は4.7%増の1,456万5,000台、10年振りに過去最高を更新 ■個人買い替え需要が牽引、法人の本格回復は12年度の見込み ■2011年度は東日本大震災の影響もあり約50万台の減少を見込む  MM総研は5月11日、2010年度(10 年4月~11年3月)の国内パソコン出荷実績を調査、結果を発表した。それによると国内パソコン出荷台数は1,456万5,000台、前年度比4.7%増となった。上半期は個人向け、法人向けとも好調に推移し前年度比17.3%増 の706.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ