「年度平均」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ESPフォーキャスト2015年6月調査

ESPフォーキャスト調査輸出主導一段と 中国にリスクも −長期の成長・物価予測は変わらず−■2017年6月調査を公表しました(2017年6月16日)景気は一段と輸出主導に――。民間エコノミストが見込む2017年度経済の姿だ。内需の見通しが慎重な中で、輸出見通しが月を追うごとに強気になっている。実質GDP(国内総生産)は1.4%成長と8カ月連続で上方修正となった。今後の景気のリスク要因を挙げてもらったところ、中国景気の下振れを警戒する声が最も多かった。半年に一度聞いている成長率と物価の長期見通しは

米の消費動向調査結果(平成27年3月分)

平成27年4月27日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成27年3月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成27年3月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,333グラム、うち「家庭内消費量」が   3,077グラム(前月比 -187g)、「中食・外食の消費量」は 1,257グラム(前月比   -16g)  ■精

ESPフォーキャスト2015年4月調査「15年1-3月期実質成長は2.26%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査輸出主導一段と 中国にリスクも −長期の成長・物価予測は変わらず−■2017年6月調査を公表しました(2017年6月16日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 景気は一段と輸出主導に――。民間エコノミストが見込む2017年度経済の姿だ。内需の見通しが慎重な中で、輸出見通しが月を追うごとに強気になっている。実質GDP(国内総生

2015年1月5日小学館フィードバック数:0キャリアとスキル

アベノミクス効果あった? 上場企業年収ランキングトップ20

アベノミクス効果あった? 上場企業年収ランキングトップ20 ビジネスアベノミクス効果あった? 上場企業年収ランキングトップ202015.01.05 07:00 果たしてアベノミクスは給与アップの効果を生み出せたのか。本誌は東京商工リサーチの協力のもと上場企業の年収ランキングを作成した。以下、上位20社を紹介しよう。 【凡例】 会社名 2013年度平均年収(万円)/2012年度平均年収(万円)/2 果たしてアベノミクスは給与アップの効果を生み出せたのか。本誌は東京商工リサーチの協力のもと上場企業

ESPフォーキャスト調査 2014年8月

ESPフォーキャスト調査輸出主導一段と 中国にリスクも −長期の成長・物価予測は変わらず−■2017年6月調査を公表しました(2017年6月16日)2017年6月調査結果(PDF版)に誤りがありました(7月6日)「概要版」「全文」それぞれのp4、CPI予測の確率分布を表すグラフの横軸目盛りに誤りがありました。お詫びして訂正します。 景気は一段と輸出主導に――。民間エコノミストが見込む2017年度経済の姿だ。内需の見通しが慎重な中で、輸出見通しが月を追うごとに強気になっている。実質GDP(国内総生

2014年8月10日リクルート★★★フィードバック数:0キャリアとスキル

ワークス研究所のまとめです。

雇用の現状 2014年版

「雇 用 の 現 状」【2014年版】2014年8月リクルート ワークス研究所-目次2013年における労働市場動向のトピックスⅠ.労働市場動向1.就業構造「雇用の現状」2014年版34~23 4~9Ⅱ.採用需給バランス1.新卒採用における需給バランス(1)2013年の就業構造・・・・4(2)日本の就業構造時系列推移・・・・5(3)雇用形態の多様化・・・・6雇用形態別雇用者数および構成比の推移(役員を除く)雇用形態別雇用者数および構成比(役員を除く)現在の就業形態・・・・7現在の仕事満足度職種間移

2014年4月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年4月(日本)

平成 26 年(2014 年)4 月 30 日「量的・質的金融緩和」は一定の成果をあげつつ二年目に1.実体経済の動向日銀の「量的・質的金融緩和」導入から 1 年が経過し、日本経済はデフレからの脱却を視野に入れつつあるとの指摘もみられる。実際、金融緩和の強化と大規模な経済対策を起点として内需が底堅く推移するなか、マクロ的な需給バランスは引き締まる方向に進んでいるとみられる。第 1 図は、日銀短観の生産・営業用設備判断 DI と雇用人員判断 DI を資本と労働の分配率を用いて加重平均したもので、マク

2014年4月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

企業物価指数(2014年3月)

日本銀行ホームページから時系列データをダウンロードする際には、「時系列統計データ検索サイト」をご利用ください。http://www.stat-search.boj.or.jp/index.html本件の公表時刻は8時50分2014年4月11日日本銀行調査統計局企 業 物 価 指 数 (2014年3月速報)付. 2013 年度中の企業物価指数の動向(特別掲載)年度指数(総平均)の長期時系列国内企業物価は、前月比0.0%(前年比+1.7%)。輸出物価は、契約通貨ベースで前月比▲0.3%、円ベースで同

米の消費動向調査結果(平成26年2月分)

平成26年3月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年2月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年2月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,587グラム、うち「家庭内消費量」が   3,196グラム、「中食・外食の消費量」は 1,391グラム  ■精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」、「家

米の消費動向調査結果(平成26年1月分)

平成26年2月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成26年1月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成26年1月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,396グラム、うち「家庭内消費量」が   2,977グラム、「中食・外食の消費量」は 1,419グラム  ■精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」、「家

2014年2月3日厚生労働省フィードバック数:0社会/政治

平成26年度の年金額は0.7%の引下げ

平成26年1月31日【照会先】厚生労働省年金局年金課(代表電話) 03(5253)1111(内線) 3336、3337  総務省から、本日(1月31日)発表された「平成25年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)の対前年比変動率は、0.4となりました。また、平成26年度の年金額改定に用いる「名目手取り賃金変動率※」は となりました。 この結果、平成26年度の年金額は、法律の規定に基づき、特例水準の段階的な解消(平成26年4月以降は▲1.0%)と合わせて、 の引下げとなります

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ESPフォーキャスト調査(2014年1月) ~13年度成長率予想は下方修正も、シナリオには変化無し~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:ESPフォーキャスト調査(2014年1月)発表日:2014年1月15日(水)~13年度成長率予想は下方修正も、シナリオには変化無し~第一生命経済研究所担当経済調査部エコノミスト高橋 大輝TEL:03-5221-45243.53.02.5実質GDP予測(前期比年率、1月調査、%)実質GDP予測値総平均の推移(前年比、%)7.05.02013年度3.02014年度2015年度1.02.0-1.01.5-3.0高位8機関平均1.0-5.

米の消費動向調査結果(平成25年11月分)

平成25年12月25日公益社団法人 米穀安定供給確保支援機構米の消費動向調査結果(平成25年11月分) 公益社団法人米穀安定供給確保支援機構(米穀機構)では、米の消費状況を把握するため、全国の消費世帯を対象とした「米の消費動向調査」を毎月行っています。 平成25年11月分の調査結果の概要は次のとおりです。  ■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,443グラム、うち「家庭内消費量」が   2,972グラム、「中食・外食の消費量」は 1,471グラム  ■精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」

2013年11月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ESPフォーキャスト調査(2013年11月) ~7-9月期下振れを背景に、13年度は前年度比+2.70%と下方修正~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:ESPフォーキャスト調査(2013年11月)発表日:2013年11月12日(火)~7-9月期下振れを背景に、13年度は前年度比+2.70%と下方修正~第一生命経済研究所担当経済調査部エコノミスト高橋 大輝TEL:03-5221-4524実質GDP予測値総平均の推移(前年比、%)実質GDP予測(前期比年率、11月調査、%)3.53.02.57.02013年度5.02014年度3.02015年度2.01.0-1.01.51.00.5-

2013年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ESPフォーキャスト調査(2013年5月) ~13年度の成長率見通しは前年比+2.42%と上方修正~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:ESPフォーキャスト調査(2013年5月)発表日:2013年5月14日(火)~13年度の成長率見通しは前年比+2.42%と上方修正~第一生命経済研究所担当エコノミスト経済調査部高橋 大輝TEL:03-5221-4524実質GDP予測値総平均の推移(前年比、%)実質GDP予測(前期比年率、5月調査、%)3.57.03.05.02.53.01.02.0-1.01.52012年度-3.01.02013年度-5.02014年度上位8機関平

2013年3月14日商工中金フィードバック数:1社会/政治

中小企業設備投資動向調査 [2013年1月調査]

FAX 送信票情報メモ No.24-2013 年 3 月 13 日商工中金 調査部中小企業設備投資動向調査 [2013 年 1 月調査]【 調査要旨 】1 設備投資の有無…2013 年度計画は設備投資「有」の企業割合が製造業で2年ぶりに上昇 2012 年度実績見込(以下、「12 見込」) 設備投資「有」の企業割合は全体が 45.7%と 3 年連続して前年を上回った(製造業 55.3%、非製造業 40.2%)。 2013 年度当初計画(以下、「13 当初」) 設備投資「有」の企業割合は 27.

2013年3月7日大和総研フィードバック数:4社会/政治

『CPI(耐久財除く総合)』の試み

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 1990年度以降のCPI(消費者物価指数)の動きを十大品目別に見ると(下図)、過去において価格水準がかなり高く、逆に言えば最近までの著しい価格低下が目立つのは「家具・家事用品」と「教養娯楽」である。(なお、「教育」の2010年度における急激な変化は、高校授業料無償化等による特殊要因とみられる。)「教養娯楽」を更に細かく見ると、2010暦年を100として、過去に1000を超えているケースがある。例えば、

2012年4月25日日本銀行フィードバック数:9社会/政治

企業向けサービス価格指数(3月)

 日本銀行ホームページから時系列データをダウンロードする際には、 「時系列統計データ検索サイト」をご利用ください。  http://www.stat-search.boj.or.jp/index.html本件の公表時刻は8時50分2012年4月24日日 本 銀 行 調 査 統 計 局企業向けサービス価格指数 (2012年3月速報)付. 2011 年度中の企業向けサービス価格指数の動向(特別掲載)年度指数(総平均)の長期時系列総平均(参考)総平均(除く国際運輸)(2005年平均=100)前年比(2

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ