調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 年度成長率

「年度成長率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>2015-06-01 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献> [ Quarterly Report(関西)

景気分析です。

第104回景気分析と予測

〈予測のハイライト〉GDP1次速報値によれば、1-3月期実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)と2期連続のプラス。市場コンセンサスを上回る回復となった。しかし、2014年度でみると消費増税の影響が大きく実質成長率は-1.0%のマイナスとなり、前回増税時(+0.1%)と比較して大きく下回った。1-3月期実質GDP成長率への寄与度を見ると、内需は+3.0%ポイント増加し2期連続のプラス。一方、純輸出は-0.7%ポイント減少し4期ぶりのマイナスとなった。内需のうち、実質民間在庫品増

日米経済(週次)予測(2015年4月6日)<日本:3月短観も示唆する1-3月期の緩やかな景気回復><米国:正しい景気判断は支出・所得の両サイドから>

日米経済(週次)予測(2015年4月6日)<日本:3月短観も示唆する1-3月期の緩やかな景気回復><米国:正しい景気判断は支出・所得の両サイドから>2015-04-06 関連論文Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献> [ Quarterly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済,四半期予測,超短期予測,GDP早期推計201

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第103回景気分析と予測

<予測のハイライト>1. GDP1次速報値によれば、10-12月期実質GDP成長率は前期比年率+2.2%(前期比+0.6%)と3期ぶりのプラス成長となった。しかし、市場コンセンサスを下回り、緩慢な回復を印象付けた。結果、2014年の実質成長率は+0.0%とかろうじてマイナス成長を免れた。2. 2014年の実質GDPの内訳を見れば、民間最終消費支出と民間住宅が前年から大幅減少した。一方、消費増税の影響をあまり受けない純輸出と民間企業設備はそれぞれ実質GDPを押し上げた。2014年は如何に消費増税の

2014年2月26日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

各社の見通しのまとめです。

民間調査機関の経済見通し(2014年2月) ~消費税増税後も回復基調は途切れず~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート民間調査機関の経済見通し(2014年2月)発表日:2014年2月25日(火)~消費税増税後も回復基調は途切れず~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(要旨)○民間調査機関 24 社の経済見通しが出揃った。実質GDP成長率の平均値は、2013 年度が前年度比+2.3%(11 月時点見通し:同+2.6%)、2014 年度は同+0.8%(11 月時点見通し:同+0.8%)となった。13 年度は

2013年11月22日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

民間調査機関26社が発表した見通しのまとめです。

民間調査機関の経済見通し(2013年11月) ~駆け込み需要を背景に高成長へ。14年度は経済対策による押し上げで上方修正~

Economic Trends民間調査機関の経済見通し(2013年11月)マクロ経済分析レポート発表日:2013年11月21日(木) 第一生命経済研究所 経済調査部 担当 エコノミスト 高橋 大輝 TEL:03-5221-4524~駆け込み需要を背景に高成長へ。14年度は経済対策による押し上げで上方修正~(要旨) ○民間調査機関 26 社の経済見通しが出揃った。実質GDP成長率の平均値は、2013 年度が前年度比+ 2.6%(8月時点見通し:同+2.7%)、2014 年度は同+0.8%(8月時点

2013年3月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2013年3月号

今月の視点「平常への復帰」に挑む米国みずほ総合研究所 政策調査部 部長 安井明彦経済見通し世界経済は2014年にかけて持ち直し─ 2013年度の日本は景気対策と駆け込み需要が押し上げ ─政策動向規制改革は「成長戦略の一丁目一番地」─ 成果を上げるには政治のリーダーシップが不可欠 ─アジア動向堅調続く日本の対ベトナム投資─ インフラ整備が整い投資先としての魅力高まる ─金融動向普及が期待される日本版ISA─ 幅広い家計を対象とした少額投資非課税制度 ─今月のキーワード官民連携によるファンド今月の視

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ