「年度県内」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年度長野県内建設業売上高ランキング(速報)

2015/5/28特別企画 :2014年度長野県内建設業売上高ランキング(速報)上位30社の総売上高は前年度比3.2%増の4136億円〜 増収企業は17社、前年度の29社から4割以上減少 〜はじめにアベノミクスがスタートして以来、景気の牽引役を果たしてきた建設業。それまで、建設業界は市場の縮小が著しく、全産業の中でも特に不況感が強かったが、2013年以降状況は大きく変化した。公共事業の増加、景気回復の広がりに伴う民間需要の拡大、さらに2014年4月の消費増税前の駆け込み需要などを受け市場が活性化

沖縄のホテル稼働状況です。

「2013年度県内主要ホテルの稼働状況」及び「シティホテルの長期稼働状況からみた今後の取組」について

「2013年度県内主要ホテルの稼働状況」及び「シティホテルの長期稼働状況からみた今後の取組」について

2014年4月14日鳥取県フィードバック数:0社会/政治

平成25年度県内空港国内便の利用者数

このたび、鳥取空港及び米子鬼太郎空港の平成25年度利用実績がまとまり、鳥取−東京便は平成18年度、16年度、12年度に次いでこれまでで4番目に多い利用者数33万人台を達成。米子鬼太郎空港は、ANA米子−東京便が就航以来最高となる約54万人を記録したことに加え、スカイマークが12月20日に新規就航したことから、全体では初めて60万人台を達成しました。4月以降もスカイマークの路線拡大(羽田、新千歳、那覇)、鳥取−東京便の5便化、米子−東京便の6便運航継続など、県内の航空路線網が飛躍的に拡大している中

2014年度大分県経済見通し

2014年度の大分県経済の見通し消費増税後の落ち込みにより一時的に弱含むものの、企業マインドの改善による設備投資や生産活動に支えられ、プラス成長要旨○2013年度の大分県の実質経済成長率は、1.9%増とプラスになる見通しである。○県内経済は、生産活動では横ばいの推移が続き設備投資は低水準にとどまったが、大型工事や災害復旧工事により公共工事が大幅に増加、さらに消費増税前の駆け込み需要により住宅投資や個人消費で明るい動きを見せている。2013年度は、上期は公共工事、住宅投資が成長の牽引役となり、下期

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ