「年度経済」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月1日明治安田生命保険★フィードバック数:0社会/政治

2016-2018年度経済見通しについて

2016-2018年度経済見通しについて

2015年11月27日明治安田生命保険フィードバック数:0社会/政治

2015-2017年度経済見通しについて

2015-2017年度経済見通しについて

2015/2016年度経済見通し(2015年6月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年6月)(2次QE反映後)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年06月09日○8日に発表された2015年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)と1次速報の同+0.6%(年率換算+2.4%)から、比較的大きめに上方修正された。主な修正要因は、法人企業統計調査の結果を受けて設備投資と在庫投資が上方修正されたことによるものである。設備投資は前期比+2.7%と3四半期連続で増

2015年6月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定

2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し~15年1-3月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2015年1-3月期の実質GDP(2次速報値)は設備投資の上

2015/2016年度経済見通し(2015年5月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年5月)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年05月22日○20日に公表された2015年1~3月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.4%)と2四半期連続でプラスとなった。しかし、このうち、在庫の前期比寄与度が+0.5%と伸び率の大部分を占めており、在庫を除いた最終需要の動きは鈍いままである。景気は昨年夏場をボトムとして持ち直しに転じたものの、その後の勢いは力強さに欠けている。○2014

2015・2016年度経済見通し(15年5月)

2015・2016年度経済見通し(15年5月) | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し(15年5月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2015年度1.7%、2016年度1.9%を予想> 2015年1-3月期の実質GDPは前期比年率2.4%と2四半期連続のプラス成長となった。民間消費(前期比0.

ESPフォーキャスト2015年4月調査「15年1-3月期実質成長は2.26%に下方修正」

ESPフォーキャスト調査17年度 実質1.26%成長に高まる−設備・輸出さらに上振れー■2017年3月調査を公表しました(2017年3月17日)民間エコノミストが見込む2017年度の実質成長率は平均で1.26%となった。昨年11月から5カ月連続で上方修正となった。特に、民間設備投資や輸出、生産の予測が月を追うごとに強気になっており、企業部門に明るさが増している。17年の春季労使交渉で自動車や電機大手のベースアップ回答は前年を下回ったが、フォーキャスターは17年度の所定内給与の伸びを微増とみている

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度経済見通し

2015・2016年度経済見通し 基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し基礎研REPORT(冊子版) 2015年4月号 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎2014年10-12月期の実質GDPは前期比0.4%(前期比年率1.5%)と3四半期ぶりのプラス成長となったが、回復のペースは鈍い。実質GDPの水準は駆け込み需要が本格化する前の2013年10-12月期よりも▲0.8%低く、駆け込み需要とその反動の影響を除いて考えてもこの1年

2015・2016年度経済見通し~14年10-12月期GDP2次速報後改定

2015・2016年度経済見通し~14年10-12月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し~14年10-12月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲1.0%、2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2014年10-12月期の実

2015/2016年度経済見通し(2015年2月)

【プレスリリース】 2015/2016年度経済見通し(2015年2月)~景気は持ち直しが続くも、そのペースは緩やかにとどまる~ 2015年02月18日○16日に公表された2014年10~12月期の実質GDP成長率は、前期比+0.6%(年率換算+2.2%)と3四半期ぶりにプラスに転じた。ただし、民需の伸びが小幅にとどまるなど、景気は持ち直しに転じた後も、その勢いは力強さに欠けている。年度末にかけても景気持ち直しが続くと予想されるが、上期の落ち込みが大きいため、2014年度全体の実質GDP成長率は前

2015・2016年度経済見通し(15年2月)

2015・2016年度経済見通し(15年2月) | ニッセイ基礎研究所 2015・2016年度経済見通し(15年2月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.9%、2015年度1.8%、2016年度1.9%を予想> 2014年10-12月期の実質GDPは前期比年率2.2%と3四半期ぶりのプラス成長と

ESPフォーキャスト2015年1月調査

ESPフォーキャスト調査17年度 実質1.26%成長に高まる−設備・輸出さらに上振れー■2017年3月調査を公表しました(2017年3月17日)民間エコノミストが見込む2017年度の実質成長率は平均で1.26%となった。昨年11月から5カ月連続で上方修正となった。特に、民間設備投資や輸出、生産の予測が月を追うごとに強気になっており、企業部門に明るさが増している。17年の春季労使交渉で自動車や電機大手のベースアップ回答は前年を下回ったが、フォーキャスターは17年度の所定内給与の伸びを微増とみている

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍政権発足以降、順調な景気回復を続けてきた日本経済は、2014年4月に実施された消費税率引き上げをきっかけとして急速に落ち込んだ。実質GDPは2014年4-6月期の前期比年率▲6.7%に続き7-9月期

2015年1月6日中国電力フィードバック数:0社会/政治

主要民間調査機関の2015年度経済見通し

主要民間調査機関の2015年度経済見通し

2014年12月29日共立総合研究所フィードバック数:0社会/政治

2015年度・経済の見通し

2015 年度・経済の見通し2015欧州経済は低迷を続けており、全体としては力強さに欠ける。こうした内外の予想をもとに、2015年度の経済成長2014年度前半のわが国経済は、4月に実施された消費率は+1.4%を予測する(図表1、2)。 税増税の影響により、個人消費、住宅建設など民間需要が大幅に減少した。後半は回復を見込むものの、前半の落ち込みを回復するまでにはいたらず、2014年度の経済2 0 1 4 年 度の個 人 消 費は、年 度 前 半は、消 費 税 増 税、成長率(実質GDP成長率)は▲

2014年12月21日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外景気動向と14~15年度経済見通し

内外景気動向と14~15年度経済見通し

12月短観から見る2014年度経済の特徴

わたしの意見 ― 水野 創12月短観から見る2014年度経済の特徴(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月18日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 12月調査の短観が公表された(15日)。今回の特徴は以下の通りである。(1) 業況判断(最近全産業・全規模)は9月調査に比べ小幅改善(+4→+5)。先行きは+1と慎重。(2) 2014年度上期は売上、経常利益とも上方修正され増収、増益(同、前年同期比各+2.8%、+4.9%)。(3) 設備投資は増加傾向にあり、大企業

2014/2015年度経済見通し(2014年12月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年12月)(2次QE反映後)~景気は底打ち後、緩やかな回復ペースに転じる~ 2014年12月09日○8日に発表された2014年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-0.5%(年率-1.9%)と1次速報の同-0.4%(年率換算-1.6%)から下方修正された。修正幅は小さく、消費税率引き上げ後の落ち込みに歯止めがかからず、7~9月期までは景気は弱含んだ状態にあったとの評価に変更はない。消費税率引き上げ後の反動減の影響が長引いて

2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定

2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し~14年7-9月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎<実質成長率:2014年度▲0.7%、2015年度1.6%、2016年度1.8%を予想> 2014年7-9月期の実質GDP(2次速報値)は設備投資の下方修正などから1次速報の前期比▲0.4%(年率▲1.6%)から前期比▲0.5%(年率▲1.9%)へと下方修正された。GDP2次速報の結果を受けて

2014~16年度経済見通し

2014~16年度経済見通し

2014年11月23日明治安田生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014-2016年度経済見通し

2014-2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し(14年11月)

2014~2016年度経済見通し(14年11月) | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し(14年11月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度▲0.6%、2015年度1.5%、2016年度1.8%を予想> 2014年7-9月期の実質GDPは前期比年率▲1.6%と2四半期連続のマイナス成

ESPフォーキャスト2014年11月調査「実質成長率は年度、四半期とも下方修正―アベノミクス景気Ⅱの始まりか」

ESPフォーキャスト調査17年度 実質1.26%成長に高まる−設備・輸出さらに上振れー■2017年3月調査を公表しました(2017年3月17日)民間エコノミストが見込む2017年度の実質成長率は平均で1.26%となった。昨年11月から5カ月連続で上方修正となった。特に、民間設備投資や輸出、生産の予測が月を追うごとに強気になっており、企業部門に明るさが増している。17年の春季労使交渉で自動車や電機大手のベースアップ回答は前年を下回ったが、フォーキャスターは17年度の所定内給与の伸びを微増とみている

2014年10月24日連合総研★フィードバック数:0社会/政治

連合総研のレポートです。

「好循環」への反転を目指して―2014~2015年度経済情勢報告

詳細 - 報告・研究アーカイブ報告書在庫/貸出し 頒価:1600円書籍在庫:○ 貸出:可 分類:経済情勢報告2014年10月発行「好循環」への反転を目指して―2014~2015年度経済情勢報告「経済社会研究委員会」(*主査)*小峰 隆夫 法政大学大学院政策創造研究科 教授北浦 正行 (公財)日本生産性本部 参事駒村 康平 慶應義塾大学経済学部 教授齋藤 潤 慶応義塾大学大学院商学研究科 特任教授川島 千裕 連合 総合政策局長※ 2014.10.21.第27回「連合総研フォーラム」を開催しました。

ESPフォーキャスト2014年10月調査

ESPフォーキャスト調査17年度 実質1.26%成長に高まる−設備・輸出さらに上振れー■2017年3月調査を公表しました(2017年3月17日)民間エコノミストが見込む2017年度の実質成長率は平均で1.26%となった。昨年11月から5カ月連続で上方修正となった。特に、民間設備投資や輸出、生産の予測が月を追うごとに強気になっており、企業部門に明るさが増している。17年の春季労使交渉で自動車や電機大手のベースアップ回答は前年を下回ったが、フォーキャスターは17年度の所定内給与の伸びを微増とみている

2014~2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費税率引き上げ後の物価高が家計を大きく圧迫している。消費者物価のうち、注目度が最も高い「生鮮食品を除く総合(以下、コアCPI)」は2014年4月以降、前年比で3%台前半の伸びを続けている。このうち2%

2014/2015年度経済見通し(2014年9月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年9月)(2次QE反映後)~景気は緩やかに持ち直すも、下振れリスクが強まる~ 2014年09月09日○2014年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比-1.8%(年率-7.1%)と1次速報の同-1.7%(同-6.8%)から小幅下方修正された。全体での修正は小幅にとどまったが、設備投資の下方修正の一方で、その落ち込みを在庫の増加で補う形になっており、1次速報よりも内容は悪い。在庫投資は、プラス幅が大きくなった分、調整する場合の

2014年9月9日富士通フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度経済見通し(2014年9月改訂)

PRESS RELEASE2014年9月8日株式会社富士通総研2014・2015年度経済見通し(2014年9月改訂)当社は、2014年4~6月期のGDP統計(2次速報)の発表を受け、経済見通しを改訂しました。日本経済は消費停滞が長引いていますが、賃金改善によりやがて持ち直しに向かい、また、維持更新や省力化を目的とした設備投資が増加していくことにより、再び回復軌道に戻っていくとの前回見通しのシナリオに変更はありません。4~6月期の下方修正に伴い、2014年度の実質GDP成長率は引き下げました。実質

2014/2015年度経済見通し(2014年8月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年8月)~景気は持ち直すも、ペースは緩やかにとどまる~ 2014年08月15日○2014年4~6月期の実質GDP成長率は前期比-1.7%(年率換算-6.8%)と駆け込み需要の反動減によって大きく落ち込み、消費税率引き上げ後、景気は厳しい状況にあることが示された。中でも個人消費が、反動減による落ち込みに加え、実質所得の減少の影響によって前期比-5.0%と急減した。また、住宅投資、設備投資、公共投資が前期比で減少した一方、需要の減少を背景

2014~2016年度経済見通し(14年8月)

2014~2016年度経済見通し(14年8月) | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し(14年8月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度0.4%、2015年度1.1%、2016年度1.3%を予想> 2014年4-6月期の実質GDPは消費税率引き上げ前の駆け込み需要の反動を主因として前

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

2014~2016年度経済見通し

2014~2016年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―駆け込み需要は前回の増税前に匹敵する大きさに2014年1-3月期の実質GDPは前期比1.6%(年率6.7%)の高成長となった。外需は引き続き成長率を押し下げたが、消費税率引き上げ前の駆け込み需要を主

2014/2015年度経済見通し(2014年6月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年6月)(2次QE反映後)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~ 2014年06月10日○2014年1~3月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+1.6%(年率+6.7%)と1次速報値の同+1.5%(年率換算+5.9%)から上方修正され、名目成長率も同+1.2%(年率+5.1%)から同+1.4%(年率+5.7%)に上方修正された。今回の2次速報の結果は、企業部門で修正幅がやや大きかったものの、その他の項目の修正は小幅にと

2014~2016年度経済見通し~14年1-3月期GDP2次速報後改定

2014~2016年度経済見通し~14年1-3月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し~14年1-3月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2014年度0.5%、2015年度1.1%、2016年度1.3%を予想> 2014年1-3月期の実質GDP(2次

ESPフォーキャスト2014年6月調査「設備投資・輸出で今年度実質0.85%成長に―デフレ脱却描く2025年度予測」

ESPフォーキャスト調査17年度 実質1.26%成長に高まる−設備・輸出さらに上振れー■2017年3月調査を公表しました(2017年3月17日)民間エコノミストが見込む2017年度の実質成長率は平均で1.26%となった。昨年11月から5カ月連続で上方修正となった。特に、民間設備投資や輸出、生産の予測が月を追うごとに強気になっており、企業部門に明るさが増している。17年の春季労使交渉で自動車や電機大手のベースアップ回答は前年を下回ったが、フォーキャスターは17年度の所定内給与の伸びを微増とみている

2014/2015年度経済見通し(2014年5月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年5月)~景気は持ち直すも、ペースは緩やかにとどまる~ 2014年05月19日○2014年1~3月期の実質GDP成長率は前期比+1.5%(年率換算+5.9%)と消費税率引き上げ前の駆け込み需要によって高い伸びとなった。個人消費が前期比+2.1%と急増したことから、民需の実質GDP成長率に対する寄与度は前期比+1.8%まで高まった。他方、公的需要全体の前期比寄与度は同-0.1%と7四半期ぶりにマイナスとなった。また、外需の前期比寄与度は

2014年5月21日明治安田生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014-2015年度経済見通しについて

2014-2015年度経済見通しについて

2014~2016年度経済見通し(14年5月)

2014~2016年度経済見通し(14年5月) | ニッセイ基礎研究所 2014~2016年度経済見通し(14年5月) 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎<実質成長率:2014年度0.5%、2015年度1.1%、2016年度1.3%を予想> 2014年1-3月期の実質GDPは駆け込み需要の本格化を主因として前期比年率5.9%の高成長となった。2013年度の実質GDP成長率は2.3%となったが、このうち0.6%は消費税率引き上げ前の駆け込み需要によるものと試算される。駆け込み需要の規模は前回の

ESPフォーキャスト調査 2014年4月調査

ESPフォーキャスト調査17年度 実質1.26%成長に高まる−設備・輸出さらに上振れー■2017年3月調査を公表しました(2017年3月17日)民間エコノミストが見込む2017年度の実質成長率は平均で1.26%となった。昨年11月から5カ月連続で上方修正となった。特に、民間設備投資や輸出、生産の予測が月を追うごとに強気になっており、企業部門に明るさが増している。17年の春季労使交渉で自動車や電機大手のベースアップ回答は前年を下回ったが、フォーキャスターは17年度の所定内給与の伸びを微増とみている

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所★フィードバック数:0社会/政治

来年度までの見通しです。

2014・2015年度経済見通し

2014・2015年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014・2015年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎2013年の日本経済を振り返ると、実質GDPは年前半に年率4%台(1-3月期:前期比年率4.5%、4-6月期:同4.1%)の高成長を記録した後、年後半には年率1%以下(7-9月期:同0.9%、10-12月期:同0.7%)にまで減速した。国内需要は年間を通して総じて堅調だったが、大幅な円安にもかかわらず輸出が伸び悩む一方、国内需要の堅調を背景に輸入が高い伸びとなったため

2013~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)~13年度2.2%、14年度0.9%、15年度1.4%(すべて据置き)~

情勢判断国内経済金融2013~15 年 度 改 訂 経 済 見 通 し(2 次 QE 後 の改 訂 )~13 年 度 2.2%、14 年 度 0.9%、15 年 度 1.4%(すべて据 置 き)~調査第二部3 月 10 日に発表された 2013 年 10~120.9%へ下方修正)へと急ブレーキがかか月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏まった。さらに、2 月 17 日に発表された 10え、当総研では 2 月 20 日に公表した「2013~12 月期の GDP 第 1 次速報(1 次

2014/2015年度経済見通し(2014年3月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年3月)(2次QE反映後)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~ 2014年03月11日○2013年10~12月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比+0.2%(年率+0.7%)と1次速報値の同+0.3%(年率換算+1.0%)から若干下方修正された。景気は緩やかに持ち直しているが、上期と比べると回復ペースは大きく鈍化している。2014年1~3月期には、消費税率引き上げ前の駆け込み需要により実質GDP成長率の伸びは急上昇する

2013~15年度改訂経済見通し(2次QE後の改訂)

情勢判断国内経済金融2013 ~ 15 年 度 改 訂 経 済 見 通 し( 2 次 QE 後 の改 訂 )~ 13 年 度 2.2 %、 14 年 度 0.9 %、 15 年 度 1.4 %(すべて据 置 き)~調査第二部3 月 10 日に発表された 2013 年 10~12 月期の GDP 第 2 次速報(2 次 QE)を踏ま え、 当総研では 2 月 20 日に公表した 「2013 ~15 年度改訂経済見通し」の見直し作業 を行った。 0.9%へ下方修正) へと急ブレーキがかか った。さら

2014・2015年度経済見通し~13年10-12月期GDP2次速報後改定

2014・2015年度経済見通し~13年10-12月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2014・2015年度経済見通し~13年10-12月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.3%、2014年度0.5%、2015年度1.1%を予想> 2013年10-12月期の実質

経済見通しです。

2014/2015年度経済見通し(2014年2月)

【プレスリリース】 2014/2015年度経済見通し(2014年2月)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~ 2014年02月19日○2013年10~12月期の実質GDP成長率は前期比+0.3%(年率換算+1.0%)と4四半期連続でプラスとなり、景気が引き続き緩やかに持ち直していることが確認された。民需全体では前期比+0.8%と伸びが強まっており、消費税率引き上げ前の駆け込み需要の動きが一部で強まりつつあることがうかがえる。一方、外需の前期比寄与度は2四半期連続でマイナスとなり、マイナ

経済見通しです。

2014・2015年度経済見通し

2014・2015年度経済見通し | ニッセイ基礎研究所 2014・2015年度経済見通し 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら <実質成長率:2013年度2.3%、2014年度0.5%、2015年度1.1%を予想> 2013年10-12月期の実質GDPは前期比年率1.0%と4四半期連続のプラス成長となった。国内需要は堅調だったが

2014年1月16日JA共済総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外景気動向13-14年度経済見通し

内外景気動向13-14年度経済見通し

2013年12月24日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成25年12月)

(平成25年12月)−景気は、緩やかに回復しつつある。−先行きについては、輸出が持ち直しに向かい、各種政策の効果が発現するなかで、家計所得や投資の増加傾向が続き、景気回復の動きが確かなものとなることが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、消費税率引上げに伴う駆け込み需要及びその反動が見込まれる。平成25年12月24日内閣府[参考]先月からの主要変更点11月月例基調判断景気は、緩やかに回復しつつある。・輸出は、このところ弱含んでいる。生産

2013/2014年度経済見通し(2013年12月)

2013/2014年度経済見通し(2013年12月)(2次QE反映後)~消費税率引き上げ後も景気持ち直しは維持される~ 2013年12月10日○2013年7~9月期の実質GDP成長率(2次速報値)は前期比+0.3%(年率換算+1.1%)に下方修正された。4四半期連続でのプラスであり、景気が緩やかに持ち直していることは確認されたが、2013年上期と比べると回復ペースは鈍化している。○2013年度後半は、実質GDP成長率の前期比プラス幅が拡大する。海外景気の持ち直しを受けて輸出が前期比プラスに転じ、

2013~2015年度経済見通し~13年7-9月期GDP2次速報後改定

2013~2015年度経済見通し~13年7-9月期GDP2次速報後改定 | ニッセイ基礎研究所 2013~2015年度経済見通し~13年7-9月期GDP2次速報後改定 経済研究部 経済調査室長 斎藤 太郎<実質成長率:2013年度2.5%、2014年度0.2%、2015年度0.9%を予想> 2013年7-9月期の実質GDP(2次速報値)は設備投資、民間在庫の下方修正などから1次速報の前期比0.5%(年率1.9%)から前期比0.3%(年率1.1%)へと下方修正された。GDP2次速報の結果を受けて

2013/2014年度経済見通し(2013年9月)

2013/2014年度経済見通し(2013年9月)(2次QE反映後)~景気持ち直しの動きが続くが、伸びはいったん鈍化へ~ 2013年09月10日○2013年4~6月期の実質GDP成長率(2次速報値)は前期比+0.9%(年率換算+3.8%)に上方修正され、1~3月期と同じペースで景気が順調に持ち直していることが確認された。消費税率引き上げを決めるうえで障害になる結果ではないと考えられ、消費税率は2014年4月から8%に引き上げられることになろう。○2013年度は、景気持ち直しの動きが続く。公共投資

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ