「年度計画」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月調査短観では、注目度の高い大企業製造業で景況感の改善が示されると予想する。大企業非製造業

2015年1月6日岩手経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

岩手県内企業設備投資計画 アンケート調査結果の概要 ― 平成26年度下期 ―

=プレスリリース=平成26年12月25日岩手県内企業設備投資計画 アンケート調査結果の概要―平成26年度下期―標記について、概要を取りまとめましたので公表いたします。 なお、詳細は機関誌「岩手経済研究」27年1月号に掲載予定です。盛岡市中ノ橋通1丁目2番 16 号岩手銀行中ノ橋支店3階一般財団法人 岩手経済研究所 理事長 高橋 真裕(担当 地域経済調査部 岩渕啓一)TEL 019-622-1212< 調 査 結 果 の 要 約 >1.平成26年度下期設備投資計画額 ~前年度を大幅に下回る~①平成

2014年12月16日日本銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

管内企業・事業所の2014 年度設備投資計画(2014年12月調査)(北九州支店)

2014 年 12 月 15 日 日本銀行北九州支店 管内企業・事業所の 2014 年度設備投資計画(2014 年 12 月調査)について調査期間:2014 年 11 月 7 日~12 月 12 日 調査企業・事業所数:127 社 ―管内の主要調査対象企業および事業所・出先工場 有効回答社数:77 社(回答率 60.6%) (内訳)製造業 35 社 非製造業 42 社 調査方法:郵送によるアンケート調査。 *本調査は「企業短期経済観測調査(短観) 」とは 別に北九州支店独自で行ったものです。(全

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費税前後の企業の売上見通し ~深刻にはみていない年度計画~

消費税前後の企業の売上見通し ~深刻にはみていない年度計画~

2014年8月6日日本銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

九州・沖縄における製造業の2014年度の設備投資計画の特徴~電気機械、輸送用機械を中心とした4年振りの増加計画~

2014 年 8 月 4 日日本銀行福岡支店Bank of Japan Fukuoka Branch金融経済トピックス九州・沖縄における製造業の 2014 年度の設備投資計画の特徴~電気機械、輸送用機械を中心とした4年振りの増加計画~当資料は当店ホームページに掲載しています<内容に関するお問い合わせ先>http://www3.boj.or.jp/fukuoka/日本銀行福岡支店営業課 Tel:092-725-5513(はじめに)九州・沖縄(以下、「当地」)の景気は、2013 年春頃から緩やかな

2014年4月15日日本銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

九州・沖縄地域における製造業の設備投資動向

2014 年 4 月 11 日日本銀行福岡支店Bank of Japan Fukuoka Branch金融経済トピックス九州・沖縄地域における製造業の設備投資動向当資料は当店ホームページに掲載しています<内容に関するお問い合わせ先>http://www3.boj.or.jp/fukuoka/日本銀行福岡支店営業課 Tel:092-725-5513(はじめに)九州・沖縄地域(以下、当地という)の景気は、これまで、公共投資、住宅投資といった建設関連業種を中心とした非製造業が牽引する形で緩やかに回復し

2014年1月7日岩手経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

岩手県内企業設備投資計画 アンケート調査 平成25年度下期

=プレスリリース=平成25年12月19日岩手県内企業設備投資計画 アンケート調査結果の概要―平成25年度下期―標記について、概要を取りまとめましたので公表いたします。 なお、詳細は機関誌「岩手経済研究」26年1月号に掲載予定しております。盛岡市中ノ橋通一丁目2番 16 号岩手銀行中ノ橋支店3階財団法人 岩手経済研究所 理事長 高橋 真裕(担当 地域経済調査部 小田真一) TEL 019-622-1212< 調 査 結 果 の 要 約 >1.平成 25 年度下期設備投資計画額 ~比較的堅調な投資が

2013年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月日銀短観

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 12月日銀短観業況判断DIは幅広い業種で改善。景気拡大の裾野が広がる。 ◆2013年12月の日銀短観では、業況判断DIは総じて市場コンセンサスを上回る改善となった。内訳を見ても製造業・非製造業を問わず幅広い業種で業況判断が改善しており、中小企業への波及もみられていることから、景気拡大の裾野が拡大しつつあることを確認させるポジティブな内容であった。◆大企業・製造業の「業況判断DI(最近)」は+16%pt

2013年4月3日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

3月短観は+4ポイントと改善に転換 ~円安効果がさらに浸透する必要が感じられる~

Economic Trends経済関連レポート3月短観は+4ポイントと改善に転換発表日:2013年4月1日(月)~円安効果がさらに浸透する必要が感じられる~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)大企業・製造業の業況判断 DI は、+4 ポイントの改善となり、景気回復へ転じている流れが確認された。業況改善の半分近くは自動車の要因で、電気機械は出遅れ気味だった。想定為替レートは 2013 年度 1 ドル 85 円と慎重な見方であり、マーケットが期待するほどアベノ

2013年3月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013年3月日銀短観の予測 ~黒田総裁は景気改善のトレンドに乗りスタート~

Economic Trends経済関連レポート2013年3月日銀短観の予測発表日:2013年3月21日(木)~黒田総裁は景気改善のトレンドに乗りスタート~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)短観 3 月調査は、大企業・製造業の業況 DI が前回比+4 ポイント改善すると予想する。円安進行に伴って、企業収益を巡る環境改善が、企業マインドを好転させているとみられる。次回短観では、2013 年度の売上・収益計画が初めて発表され、それらは前向きな数字として評価され

2013年3月14日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

法人企業景気予測調査(2013年1-3月期) ~景況感は持ち直す一方、13年度計画は慎重姿勢

Economic Indicators指標名:法人企業景気予測調査(2013年1-3月期)定例経済指標レポート発表日2013年3月12日(火)第一生命経済研究所 経済調査部 担当 エコノミスト 大塚 崇広 TEL:03-5221-4525~景況感は持ち直す一方、13年度計画は慎重姿勢~貴社の景況判断BSI:総括表(%ポイント)大 企 業全産業 製造業 非製造業 24年 25年 10~12月 1~3月 4~6月 ( ▲ 5.5) ( 1.7) ( 0.4) 1.0 3.8 ( ▲ 10.3) (

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ