調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 年度設備投資

「年度設備投資」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月1日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年3月号

2015年3月号ファンダメンタル・アナリシス(1) ……………………………………………… 1日本経済見通し-2014年度の回顧と2015年度の展望      SMBC日興証券株式会社 金融経済調査部      シニア債券エコノミスト 嶋津 洋樹ファンダメンタル・アナリシス(2) ……………………………………………… 72015年経済見通し:景気は底打ちしたが、「停滞」に近い状況が続く大和証券株式会社 チーフエコノミスト 永井 靖敏マーケット・アウトルック ……………………………………………………

市場データです。

「平成25年度 宇宙機器産業実態調査報告書」概要

平成27年1月  第733号「平成25年度 宇宙機器産業実態調査報告書」概要当工業会では、毎年度、我が国の宇宙機器産業の実態を把握するため、「宇宙機器産業実態調査」を実施している。 本調査は、我が国の宇宙機器産業の実態を把握することができる唯一の調査であり、宇宙機器産業に携わる企業に対するアンケート調査によってとりまとめたものである。1.平成25年度宇宙機器産業実態調査総括(1)宇宙機器産業売上高我が国の平成25年度(2013年度)における宇宙機器関連企業の売上高の合計額は、2,825億円となっ

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期四半期別GDP速報(2次速報値) ~予想外の下方修正。先行きは回復へ~

Economic Indicators定例経済指標レポート2014年7-9月期四半期別GDP速報(2次速報値)発表日:2014年12月8日(月)~予想外の下方修正。先行きは回復へ~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 前期比年率▲1.9%と、予想外の下方修正本日内閣府から公表された 2014 年7-9月期の実質GDP成長率(2次速報)は前期比年率▲1.9%(前期比▲0.5%)と、1次速報の前期比年率▲1.6%から若干下方修正された。事前の市

2014年10月1日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度 経済見通し(2次改訂)

情報メモ NO.26-732014・2015 年度 経済見通し(2 次改訂)2014 年 9 月 29 日 調査部-内需の回復と財政出動による下支えで、緩やかな回復経路を辿る-ポイント◯ 2014 年度の実質 GDP は前年度比+0.3%を見込む。以下の要因により、小幅の成長となる。① 4 月から実施された消費税率引き上げに伴い、駆け込み需要の反動減と、実質所得の減少による消費者マインドの悪化で、年度当初から個人消費や住宅投資などが大きく減少。加えて、12年度補正予算による公共投資の押し上げ効果

2014年9月10日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年度設備投資計画調査の概要

2014年度設備投資計画調査の概要村上 敬亮 (経済産業省経済産業政策局調査課長) 日本政策投資銀行は、例年「設備投資計画調査」を取りまとめ発表しています。この調査は、わが国産業の設備投資の基本的動向を把握することを目的として、国内単体及び国内外連結の設備投資を調査・分析するもので、1956年より60年近くに亘り継続しています。また調査対象企業及び回答企業の数は、同種の調査としてはわが国最大規模です。今回のBBLセミナーでは、2014年8月発表予定の設備投資計画調査集計結果をもとに、企業の設備投

2014年8月6日日本政策投資銀行★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

設備投資についての調査です。

地域別設備投資計画調査(2014年6月)

日本政策投資銀行では、地域別設備投資動向の把握を目的として、「地域別設備投資計画調査(調査対象企業:原則として資本金1億円以上の民間法人企業)」を年1回発表いたしております。 今般、2015年度設備投資実績および2016・2017年度設備投資計画について調査結果をとりまとめましたので、その概要をご報告いたします。(注)地域別の増減率は、都道府県別回答が得られたデータを基に算出しているが、全国の増減率は、都道府県別の回答が得られていないデータも含めて算出している。 2016年度の地域別設備投資計画

2014年6月16日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[経済指標解説]主要な経済指標の発表予定と予測

経済指標解説2014 年 6 月 13 日経済調査部エコノミスト主要な経済指標の発表予定と予測大和香織(6/16~6/20)kaori.yamato@mizuho-ri.co.jp【来週の注目材料】※(03-3591-1284)内はみずほ総研予想16日 :日銀金融経済月報(6月)18日 :1~3月期の資金循環統計:日銀金融政策決定会合議事要旨(5/20・21分):5月の貿易統計(貿易収支13,386億円の赤字、輸出前年比▲2.1%、輸入前年比+3.4%)19日 :4月の全産業活動指数(前月比▲4

2014年4月30日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済マンスリー 2014年4月(東海)

平成 26 年(2014 年)4 月 21 日NO.2014-5東海経済の現状と見通し~消費増税を乗り越え、2014 年度も着実に成長~【要旨】(現状)— 東海地域の景気は、基調としては緩やかな回復を続けている。— 輸出は、高水準ながら頭打ち傾向にある。また、生産指数は横ばい圏内で推移していたが、1 月には消費増税前の駆け込み需要などに対応し大幅に上昇。— 個人消費は、駆け込み需要も加わり、3 月までは概ね好調に推移。住宅投資は、2013 年 12 月以降、駆け込み需要の反動減が顕在化。— こう

2014年4月21日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報(東海):消費増税を乗り越え、2014年度も着実に成長

平成 26 年(2014 年)4 月 21 日NO.2014-5東海経済の現状と見通し~消費増税を乗り越え、2014 年度も着実に成長~【要旨】(現状)— 東海地域の景気は、基調としては緩やかな回復を続けている。— 輸出は、高水準ながら頭打ち傾向にある。また、生産指数は横ばい圏内で推移していたが、1 月には消費増税前の駆け込み需要などに対応し大幅に上昇。— 個人消費は、駆け込み需要も加わり、3 月までは概ね好調に推移。住宅投資は、2013 年 12 月以降、駆け込み需要の反動減が顕在化。— こう

2014年4月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2014年3月調査)

日銀短観解説2014 年 4 月 1 日日銀短観(2014 年 3 月調査)経済調査部エコノミスト大和香織03-3591-1284kaori.yamato@mizuho-ri.co.jp○ 大企業の業況判断は製造業、非製造業ともに改善。先行きは消費増税後の反動減などから製造業、非製造業とも大幅な悪化見込みに○ 大企業・中小企業とも仕入れ価格判断DIの上昇が続く一方で販売価格判断DIが改善しており、中小企業非製造業では販売交易条件が改善○ 2014年度の設備投資計画は大企業製造業で+3.6%と2年

2014年3月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業景気予測調査(2014年1-3月期) ~反動減は一時的?~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:法人企業景気予測調査(2014年1-3月期)発表日 2014年3月12日(水)~反動減は一時的?~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(%ポイント)貴社の景況判断BSI:総括表大 企 業中 堅 企 業25年26年10~12月1~3月4~6月(8.3) (11.8) ( ▲ 4.1)12.7▲ 9.8(9.7) (11.4) ( ▲ 4.6)12.5▲ 9.4(7.5) (12

2013年12月27日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治

経済情報(関西):回復基調が続く

平成 25 年(2013 年)12 月 26 日NO.2013-36関西経済の現状と見通し~回復基調が続く~【要旨】— 関西経済は、緩やかに回復しつつある。生産、輸出の回復ピッチはやや鈍いものの、雇用や消費は堅調に推移している。— 日銀短観の 12 月調査によると、近畿地区の全産業ベース・業況判断 DI は前回調査比+4%ポイントの 2%ポイントと 6 年振りにプラスに転じた。牽引したのは大企業・製造業で、中小企業も製造業を中心に改善はしたものの、水準も含め全国との対比で出遅れ感は否めない。また

2013年12月17日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2013年12月調査)

日銀短観解説2013 年 12 月 16 日日銀短観(2013 年 12 月調査)経済調査部エコノミスト大和香織03-3591-1284kaori.yamato@mizuho-ri.co.jp○ 大企業の業況判断は製造業、非製造業ともに改善。内外需要の回復に加えて、円安により輸出採算が上向いていることが改善に寄与○ 非製造業では、仕入価格判断DIが小幅に低下する一方で販売価格判断DIは横ばいとなり、交易条件面の改善がみられる○ 2013年度の設備投資計画は中堅・中小非製造業を中心に上方修正。製造

2013年11月2日日本政策投資銀行フィードバック数:0社会/政治

DBJ Monthly Overview2013年11月号

DBJ Monthly Overview2013/11産業調査部DBJ Monthly Overview経済・産業動向今月のトピックス□構造変化する自動車産業の設備投資  ∼2013 年度設備投資計画調査から∼□電気機械の設備投資動向  ∼2013 年度設備投資計画調査から∼日本政策投資銀行 産業調査部201311DBJ Monthly Overview                   November 2013Contents今月のトピックス構造変化する自動車産業の設備投資 ~2013年度

2013年8月1日日本政策金融公庫フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小製造業設備投資動向調査(第108回)

日本政策金融公庫 総合研究所 中小企業研究グループ中小企業動向 トピックス平成2 5 年7月 9日NO. 6 2 中小製造業の設備投資は前年度実績比増加「中小製造業設備投資動向調査(第 108 回)」結果概要〔2012 年度実績、2013 年度当初計画〕 当公庫では、2013 年4月に「中小製造業設備投資動向調査(第 108 回)」を実施しました。 2012 年度の国内設備投資額の実績は、2011 年度実績比で 16.9%増加し、3年連続の増加となりました。ただし、投資額はリーマンショック前の

2013年7月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほ日本経済情報]2013年7月号

みずほ日本経済情報2013年7月号[日本経済の概況]◆日本経済は緩やかに回復している。ただし、経済の活動水準は、潜在生産量(物価変動に対して中立的とみられる生産量)を引き続き下回っている。◆先行きの日本経済は、緩やかな回復が続くとみられる。円安の数量効果が徐々に強まり、輸出は緩やかに増加する見通しである。補正予算で追加された公共事業が順次執行され、公共投資の増勢は夏場にかけて強まるであろう。雇用・所得環境や消費者マインドの改善を受けて、個人消費も緩やかな拡大を維持する見通しである。企業収益が改善

2013年4月15日内閣府フィードバック数:1社会/政治

月例経済報告(平成25年4月)

(平成25年4月)-景気は、一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる。-先行きについては、輸出環境の改善や経済対策、金融政策の効果などを背景に、マインドの改善にも支えられ、次第に景気回復へ向かうことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、雇用・所得環境の先行き等にも注意が必要である。平成25年4月12日内閣府[参考] 先月からの主要変更点基調判断政策態度3月月例4月月例景気は、一部に弱さが残るものの、このとこ景気は、一

2013年3月15日内閣府フィードバック数:1社会/政治

月例経済報告(平成25年3月)

(平成25年3月)-景気は、一部に弱さが残るものの、このところ持ち直しの動きがみられる。-先行きについては、当面、一部に弱さが残るものの、輸出環境の改善や経済対策、金融政策の効果などを背景に、マインドの改善にも支えられ、次第に景気回復へ向かうことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、雇用・所得環境の先行き等にも注意が必要である。平成25年3月15日内閣府[参考] 先月からの主要変更点基調判断政策態度2月月例景気は、一部に弱さが残るもの

2013年2月28日内閣府フィードバック数:3社会/政治

月例経済報告(平成25年2月)

(平成25年2月)-景気は、一部に弱さが残るものの、下げ止まっている。-先行きについては、当面、一部に弱さが残るものの、輸出環境の改善や経済対策、金融政策の効果などを背景に、マインドの改善にも支えられ、次第に景気回復へ向かうことが期待される。ただし、海外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっている。また、雇用・所得環境の先行き等にも注意が必要である。平成25年2月27日内閣府[参考] 先月からの主要変更点基調判断1月月例2月月例景気は、弱い動きとなっているが、一部に下景気は

2013年2月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治

慎重姿勢が続く大企業・製造業の設備投資

No.2012-1412013年2月1日http://www.jri.co.jp慎重姿勢が続く大企業・製造業の設備投資(1)日銀短観12月調査によれば、大企業・製造業の2012年度設備投資(ソフトウェアを含み、土地を除く)は、前年度比+10.8%と2年ぶりの増加となる見込み。とりわけ、上期は同+12.7%と2007年度以降で最も高い伸び率(図表1)。(3)業種別にみると、輸送用機械(主に自動車)と化学が牽引(図表2)。自動車はエコカー関連の新製品・高度化、化学は太陽電池、LED、ディスプレイ、エ

2011年8月12日日本政策投資銀行フィードバック数:8製造業/エレクトロニクス

地域別設備投資計画調査

日本政策投資銀行では、地域別設備投資動向の把握を目的として、「地域別設備投資計画調査(調査対象企業:原則として資本金1億円以上の民間法人企業)」を年1回発表いたしております。 今般、2015年度設備投資実績および2016・2017年度設備投資計画について調査結果をとりまとめましたので、その概要をご報告いたします。(注)地域別の増減率は、都道府県別回答が得られたデータを基に算出しているが、全国の増減率は、都道府県別の回答が得られていないデータも含めて算出している。 2016年度の地域別設備投資計画

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ