「年金給付」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

アメリカにおける寄付や寄付年金の現状―どうしてアメリカ人は巨額の寄付をするのか?―

アメリカにおける寄付や寄付年金の現状―どうしてアメリカ人は巨額の寄付をするのか?― | ニッセイ基礎研究所 アメリカにおける寄付や寄付年金の現状―どうしてアメリカ人は巨額の寄付をするのか?― 生活研究部 准主任研究員 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら Giving USAの調査 によると、2013年におけるアメリカの寄付金総額は3,352億ドル (対GD

2014年11月11日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

低成長下で「高齢社会」を迎える韓国-「増税なき」に呪縛される政策

低成長下で「高齢社会」を迎える韓国―「増税なき」に呪縛される政策―調査部上席主任研究員 向山 英彦   要 旨1.韓国では2000年代に形成された成長モデルが十分に機能しなくなった一方、新たな経済社会の建設が遅れていることにより、近年低成長を余儀なくされている。こうしたなかで、2018年に「高齢社会」への移行が見込まれており、その対応に迫られている。2.「高齢社会」を迎える上で問題になっているのが高齢者の貧困である。その要因には、①勤続年数の短さからくる不十分な金融資産、②家族の扶養機能の低下、

2014年3月16日内閣府フィードバック数:0社会/政治

経済分析第187号 (ジャーナル版)

現在のページ: »»»» 経済分析第187号 経済分析第187号 (ジャーナル版) 経済分析第187号 (ジャーナル版)(論文)厚生年金加入者・受給者を対象とした年金改革案におけるトレードオフの推計北村智紀(ニッセイ基礎研究所金融研究部兼年金総合リサーチセンター)中嶋邦夫(ニッセイ基礎研究所保険研究部兼年金総合リサーチセンター) 役員の持株比率が企業不祥事を抑止させる効果に関する研究三好祐輔(佐賀大学経済学部准教授)都築治彦(佐賀大学経済学部教授) Propensity Score Match

2013年10月10日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

増税の影響を見ています。

消費増税で家計負担はどうなる、住宅購入は?

リサーチ TODAY2013 年 10 月 10 日消費増税で家計負担はどうなる、住宅購入は?常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創消費税率を引き上げた場合の景気等への影響が大きな話題になったここ数カ月であった。これまでも、みずほ総合研究所は消費税率引上げの影響を議論してきたが、今回、改めて消費増税の前後で家計負担がどう変化するかについて試算を行った1。下記の図表は、一定の前提のもとに、年収別に消費税率引上げによる増税額を試算した結果である。■図表:年収階層別の消費税負担額(試算)年間収入年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ