「年齢階層」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

医療費推計です。

将来の人口動態等に基づく医療費推計:5つのシミュレーションから

将来の人口動態等に基づく医療費推計:5つのシミュレーションから 本ワーキングペーパーでは、年齢階級別の1人当たり医療費の伸び率を加味しながら人口動態の推移予測を反映させる手法で、5つのパターン別に将来の医療費推計(2015-2040年)を行った。同じく5つのパターン別に、推計の対象とした25年間において、どの程度の国費が節減可能かの推計を行った。 現状の1人当たり医療費の伸びのトレンドが継続した場合、2040年の推計医療費は53.3兆円である。2015年以降、20歳以上のすべての年齢階層の1人

2015年5月7日日本総研フィードバック数:0社会/政治

わが国 人口減-外国人流入増

No.2015-0522015年5月7日≪藤井英彦の藤井英彦の視点≫視点≫http://www.jri.co.jpわが国人口減~ 外国人流入増 ~(1)わが国人口が減少(図表1)。もっとも前年比減少数は2012年の▲28万人がピーク。13年▲21.7万人から14年は▲21.5万人。要因別にみると、出生数から死亡者数を差し引いた自然増減は減勢加速。日本人の自然増減は12年の▲21万人から14年▲26万人。しかし、入国者数から出国者数を差し引いた社会増減が総人口の減勢加速を抑制。外国人の社会増減は1

2015年2月2日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

若者失業率からみえるもの

よく分かる!経済のツボ若者失業率からみえるもの経済調査部-10-15若者の失業率の特徴若者の労働市場にはどういった特徴があるのでしょうか。年齢別に失業率をみると、若者の2015(計画)手市場”の様相を強める傾向にあります。2014(実績見込)-52013善する見込みです(資料1)。就活市場は“売り201202011が計画されており、2011 年度から4年連続で改201052009年度の新卒採用人数は前年度から 6.5%の増加2008102007日銀短観(2014 年 12 月調査)でみてみると、

2013年7月15日大阪ガスフィードバック数:1大型消費/投資

余暇と生活の関係は十人十色 本暇に至るための、余暇のデータ分析

CELは、大阪ガスグループが将来にわたり社会のお役に立つ存在であり続けることができるように研究を続けています。 【研究レポート】余暇と生活の関係は十人十色 ?本暇に至るための、余暇のデータ分析- 研究報告 【研究レポート】余暇と生活の関係は十人十色 ?本暇に至るための、余暇のデータ分析-ページ内にあります文章は抜粋版です。全文をご覧いただくにはPDFをダウンロードしてください。  余暇という語は「余り(あまり)」「暇(ひま)」という、積極的イメージを感じさせない言葉によって構成されているた

2013年7月7日財務省★フィードバック数:0社会/政治

財務総合政策研究所による分析です。

家計の世帯分布:『全国消費実態調査』『家計調査』『国民生活基礎調査』の比較

PRI Discussion Paper Series(No.13A-06)家計の世帯分布: 『全国消費実態調査』 『家計調査』 『国民生活基礎調査』の比較尾道市立大学経済情報学部 講師/財務省財務総合政策研究所 上席客員研究員 京都大学経済研究所先端政策分析センター 准教授大野 太郎 中澤 正彦 三好 向洋愛知学院大学経済学部 講師/財務省財務総合政策研究所 上席客員研究員 前・財務省財務総合政策研究所 研究員 前・財務省財務総合政策研究所 研究員 前・財務省財務総合政策研究所 研究員 前・財

2013年7月7日財務省★フィードバック数:0社会/政治

財務総合政策研究所による分析です。

家計の所得・消費・貯蓄:『全国消費実態調査』『家計調査』『国民生活基礎調査』の比較

PRI Discussion Paper Series(No.13A-05)家計の所得・消費・貯蓄:『全国消費実態調査』『家計調査』『国民生活基礎調査』の比較大野 太郎中澤 正彦尾道市立大学経済情報学部 講師/財務省財務総合政策研究所 上席客員研究員京都大学経済研究所先端政策分析センター 准教授愛知学院大学経済学部 講師/財務省財務総合政策研究所 上席客員研究員三好 向洋前・財務省財務総合政策研究所 研究員松尾 浩平前・財務省財務総合政策研究所 研究員松田 和也前・財務省財務総合政策研究所 研究

2012年1月25日リクルートフィードバック数:12大型消費/投資

第1回恋愛観調査

2012年1月25日第1回恋愛観調査好意をもった異性に対する積極的なアプローチが、恋人づくりの鍵~恋人がいない人が約7割。うち6割が「恋人が欲しい」~株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉)が運営するブライダル総研では、結婚トレンドにかかわる基礎資料として、20代から30代の未婚者2000人を対象に『恋愛観調査(第1回)』を首都圏、東海 、関西の3地域で実施しました。ここに調査結果の要旨をご報告いたします。(リクルート ブライダル総研 鈴木直樹)【主な調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ