「広告媒体」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月17日マックスヒルズ★フィードバック数:0マーケティング

国内スポーツクラブ 集客の現状と課題レポート2016

国内スポーツクラブ 集客の現状と課題レポート2016国内スポーツクラブ 集客の現状と課題レポート2016スポーツクラブ集客で成果を上げるための方程式~チラシ依存の現状とその脱却について~新聞の購読率の低下や、顧客の購買行動の変化とスマートフォンの普及率の劇的向上により、スポーツクラブにおけるマーケティング活動の重要性が急速に高まっています。このような背景のなかで、スポーツクラブの業態別・規模別における集客方法の確立は急務と考えられます。マックスヒルズでは2014年度からスポーツクラブ入会の際にき

2014年8月17日Yahoo!★★フィードバック数:0マーケティング

Yahoo!についての調査です。

広告媒体としての「Yahoo! JAPAN」に関する意識調査

【広告主動向】広告媒体としての「Yahoo! JAPAN」に関する意識調査「Yahoo! JAPAN」が訴求できるユーザー層とは?更新日:2014.08.12 Yahoo! JAPANの月間総ページビュー数はおよそ565億(Yahoo! JAPAN2013年度通期および第4四半期説明会プレゼンテーション資料(2014年4月25日)より)。名実ともに日本のインターネットをけん引するウェブサイトといえるでしょう。では、出稿する広告主にとって、Yahoo! JAPANはどのような意味で魅力的な媒体と思

2010年6月14日矢野経済研究所フィードバック数:10マーケティング

3割の人が知っているデジタルサイネージ

2010年06月08日 3割の人が知っているデジタルサイネージ 調査要綱デジタルサイネージとは、屋外や店頭、交通機関など、家庭以外の場所においてディスプレイなどの表示機器で情報を発信する媒体の事である。 デジタルサイネージの最大の特長は、“ある特定のエリア、ある特定の時間にいる人”に対して、静止画や動画、音声などによって分かりやすい情報を発信している為、情報の訴求度が高い事にある。現在は「販促ツール(例:店頭や店舗内に設置)」・「広告媒体(例:鉄道車両内に設置)」を主としたデジタルサイネージが活

2008年8月4日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

デジタルサイネージ市場に関する調査結果 2008

2008年07月29日 デジタルサイネージ市場に関する調査結果 2008 ~広告ビジネス・セールスプロモーション戦略に変革をもたらすデジタルサイネージ~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてデジタルサイネージ市場の調査を実施した。1. 調査期間:2008年4月~2008年6月2. 調査対象:国内デジタルサイネージシステムベンダ、運営企業、コンテンツ制作企業等 (21社)3. 調査方法:当社専門研究員による直接面接取材、ならびに電話・Eメール等によるヒアリングを併用。<デジタルサイネージと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ