「建設業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月17日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成29年1月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成29年1月分・確報) 平成29年3月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成29年1月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきましても

2017年3月1日ヒューマンタッチフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年2月度 ヒューマンタッチ総研(建設業) Monthly Report

2017年2月度 ヒューマンタッチ総研(建設業) Monthly Report

2017年2月19日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年計分)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年計分) 平成29年2月10日 「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年計分の調査結果をまとめたものとなります。平成28年計分につきましても

2017年2月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年1月報

2017年 1月報倒産件数は591件、11年10カ月ぶりに500件台にとどまる 負債総額は1144億円、2カ月連続の前年同月比減少 主要ポイント■倒産件数は591件で、前月比で9.6%の減少、前年同月比でも12.8%の減少となり、4カ月連続の前年同月比減少。2005年3月(584件)以来、11年10カ月ぶりに500件台にとどまった■負債総額は1144億円で、前月比33.2%の減少、前年同月比でも14.0%の減少となり、2カ月連続で前年同月を下回った■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を下回

2017年2月17日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2017年1月の全国企業倒産605件

倒産件数が605件 1月としては1990年以来の低水準 2017年(平成29年)1月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が605件、負債総額は1,284億8,700万円だった。は、前年同月比10.3%減(70件減)。2カ月ぶりに前年同月を下回り、1月としては1990年(455件)以来の低水準にとどまった。産業別件数では10産業のうち9産業で前年同月より減少した中で、唯一増加した「サービス業他」(前年同月比11.8%増)は、6カ月連続で前年同月を上回った。これは飲食業(53→64件

2017年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年12月報

2016年 12月報倒産件数は654件、3カ月連続の前年同月比減少 負債総額は1713億2700万円、3カ月ぶりの前年同月比減少 主要ポイント■倒産件数は654件で、前月比で3.0%減少、前年同月比でも5.8%減少となった。前年同月比は3カ月連続で減少、減少幅は1ケタ台での推移が続いている■負債総額は1713億2700万円で、前月比70.6%の減少、前年同月比でも55.6%の減少となり、3カ月ぶりの前年同月比減少。なお、2016年では11月(5828億4200万円)に次いで2番目に大きい負債規模

2017年1月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年12月の全国企業倒産710件

倒産件数が710件 4カ月ぶりに前年同月を上回る 2016年(平成28年)12月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が710件、負債総額は1,716億6,600万円だった。は、前年同月比1.5%増(11件増)。2016年8月以来の700件台で、4カ月ぶりに前年同月を上回った。産業別件数では10産業のうち6産業で前年同月より増加した。このうち、飲食業などを含むサービス業他が197件(前年同月比9.4%増)になり、5カ月連続で前年同月を上回った。また、これまで減少が目立った建設業が1

2017年1月17日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年11月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年11月分・確報) 平成29年1月12日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年11月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまし

2016年12月28日ヒューマンタッチフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年12月度 ヒューマンタッチ総研(建設業) Monthly Report

2016年12月度 ヒューマンタッチ総研(建設業) Monthly Report

2016年12月19日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年10月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年10月分・確報) 平成28年12月9日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年10月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまし

2016年11月16日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年9月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年9月分・確報) 平成28年11月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年9月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまして

2016年10月18日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年8月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年8月分・確報) 平成28年10月11日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年8月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまして

2016年10月5日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年7~9月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年7~9月期 平成28年9月27日東京商工会議所中小企業部東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2016年8月20日から9月1日まで、対象は東京23区の中小企業2,408社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は764社(回答率31.7%)。今回は、付帯調査として「賃金の動向」を併せて実施しております。 【東京の景況は低下傾向続く。回復を見込

2016年9月17日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年7月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年7月分・確報) 平成28年9月9日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年7月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきましても調

2016年9月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年8月報

2016年 8月報倒産件数は688件、6カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1317億7700万円、2カ月連続の前年同月比増加主要ポイント■倒産件数は688件で、前月比では2.8%の減少、前年同月比では10.1%の増加となった。6カ月ぶりに前年同月を上回ったものの、依然として低水準が続いている。負債総額は1317億7700万円で、前月比3.0%の増加、前年同月比でも36.6%の増加となり、2カ月連続で前年同月を上回った■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。なかでも、機械器具卸売業

ストレスチェック義務化後のストレスチェックの受検率に関する調査

【調査結果】 ストレスチェック義務化後の受検率は平均78.7% 「職場」と「人」への支援(EAPサービス)(※)を通じて企業の持続成長に貢献する、ピースマインド・イープ株式会社(代表取締役:西川あゆみ、本社:東京都中央区)は、ストレスチェック義務化後のストレスチェックの受検率(ストレスチェック対象者のうち実際にストレスチェックを受けた人の割合)に関する調査を行いましたので、ご報告いたします。 今回の調査結果のポイント1. 義務化初年度のストレスチェックの受検率は平均78.7%。約6割の団体で90

2016年8月18日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年6月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年6月分・確報) 平成28年8月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年6月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきましても

2016年8月14日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年7月の全国企業倒産712件

倒産件数が712件 5カ月連続で前年同月を下回る 2016年(平成28年)7月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が712件、負債総額は1,240億1,900万円だった。は、前年同月比9.5%減(75件減)。5カ月連続で前年同月を下回り、直近から遡ると7月度では1991年以降の26年間で最少だった。金融機関が中小企業のリスケ要請等に柔軟に応じていることや、大手企業を中心とした業績拡大による景気の底上げなども影響して、依然として低水準な推移が続いている。これに対しては、前年同月比3

2016年8月5日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

「上場2,218社の平均年間給与」調査(2016年3月期決算)

「上場2,218社の平均年間給与」調査(2016年3月期決算) 公開日付:2016.07.27 上場2,218社の2016年3月期決算の平均年間給与は622万3,000円で、前年より7万4,000円(1.2%増)増えた。2010年3月期の調査開始以来、6年連続で増加しており、この6年間で44万8,000円上昇した。前年との伸び率は3年連続で前年比1%以上を維持したものの、前年の伸び率1.8%増には届かず0.6ポイント鈍化した。業種別では10業種中、水産・農林・鉱業を除く9業種で増加した。伸び率の

2016年8月5日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設業界における3Dデータ活用の実態調査

PR 日本の建設業界で生産性向上やクライアントへの提案力の強化手段として、3Dデータの活用が進みつつある。設計領域では3D CADを活用した3Dモデリングや各種の解析、施工領域では3Dデータによる情報管理や工程管理など、さまざまな場面おいて3Dデータを活用する場が広がってきた。さらに近年は、対象物の3Dモデルと設計情報データベースを組み合わせ、コンピュータ上で仮想の建設作業を行う「BIM(Building Information Modeling)」や「CIM(Construction Info

2016年8月1日ヒューマンタッチフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年6月度 ヒューマンタッチ総研(建設業) Monthly Report

2016年6月度 ヒューマンタッチ総研(建設業) Monthly Report

2016年7月20日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年5月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年5月分・確報) 平成28年7月11日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年5月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきましても

2016年7月17日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2016年6月の全国企業倒産763件

倒産件数が763件 6月としては26年ぶりの800件割れ 2016年(平成28年)6月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が763件、負債総額は1,080億6,500万円だった。は、前年同月比7.4%減(61件減)で4カ月連続で前年同月を下回った。6月としては1990年(516件)以来、26年ぶりに800件を割り込んだ。金融機関が中小企業のリスケ要請等に柔軟に応じていることや、大手企業を中心とした業績拡大による景気の底上げなども影響して、依然として低水準な推移が続いている。は、前

2016年6月13日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年4月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年4月分・確報) 平成28年6月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年4月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきましても

2016年5月17日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年度分)

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年度分) 平成28年5月12日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成27年度分の調査結果をまとめたものとなります。調査対象者様におかれましては、

2016年5月10日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

建設業活動実態調査(平成27年調査)

建設業活動実態調査(平成27年調査)の結果について 平成28年4月28日 本調査は、建設業許可業者の中で、大きな市場シェアを有すると共に多角化・国際化等の面で実績を有する大手建設業者を対象に、企業活動の実態を調査したものです。国内売上高の総額は、4年連続の増加となり、14兆526億円(前年比7.0%増)であった。また、海外の契約金額は、5年連続の増加となり、2兆110億円(前年比2.6%増)であった。常時従業者数は、調査対象企業合計で8年ぶりの増加となり、164,637人(前年比3.3%増)で

2016年4月14日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年2月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年2月分・確報) 平成28年4月11日 「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年1月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまして

2016年4月9日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

建設工事施工統計調査報告(平成26年度実績)

建設工事施工統計調査報告(平成26年度実績) 平成28年3月31日「建設工事施工統計調査」は、建設業者が1年間に施工した建設工事の完成工事高等を調査し、建設業の実態・建設活動の内容を明らかにすることによって、経済政策、建設行政等に資することを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約11万業者を抽出して毎年行っている統計調査であり、本報告は、平成26年度分の調査報告をまとめたものです。 総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:(03)5253-811

2016年4月4日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年1~3月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2016年1~3月期 平成28年3月23日東京商工会議所中小企業部 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2016年2月19日から3月1日まで、対象は東京23区の中小企業2,437社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は835社(回答率34.3%)。今回は、付帯調査として「採用の動向について」を併せて実施しております。 【東京(中小企業)の景況は横

2016年3月14日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年1月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年1月分・確報) 平成28年3月10日 「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年1月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまして

2016年3月12日ヒューマンタッチフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年3月度 ヒューマンタッチ総研(建設業) Monthly Report

2016年3月度 ヒューマンタッチ総研(建設業) Monthly Report

2016年2月29日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

東北被災3県 新設法人調査

公開日付:2016.02.24 3月11日で東日本大震災から5年目を迎える。震災で甚大な被害を受けた岩手県、宮城県、福島県の被災3県では、震災から2015年10月までに1万7,367社が新しく設立(以下、「新設法人」)された。この新設法人のうち、売上高が判明した4,860社の売上高合計は7,328億円、従業員数が判明した4,718社の従業員合計は3万8,243人にのぼることがわかった。岩手、宮城、福島の被災3県は、震災後から新設法人が前年を上回るペースで増加し、伸び率は全国平均を大きく上回ってい

2016年2月15日国土交通省★フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年計分)

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年計分) 平成28年2月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成27年計分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新しい推計方法に

2016年1月19日マイナビ★フィードバック数:0社会/政治

2015年の全国企業倒産状況-帝国データと商工リサーチの値を比較

1月13日、帝国データバンクと東京商工リサーチから2015年)の全国企業倒産の集計結果が発表された。同年同期の倒産件数と負債総額は、帝国データの発表では8517件/2兆108億800万円、商工リサーチの発表では8812件/2兆1129億8200万円となっている。帝国データバンクの調査結果2015年の全国企業倒産の件数は8517件(前年9180件、前年比7.2%減)と、6年連続で前年を下回り、2005年以来、10年ぶりに9000件を下回った。四半期別では、第3四半期まで減少基調で推移していたが、第

2016年1月15日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年11月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年11月分・確報) 平成28年1月12日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成27年11月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新

2016年1月15日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年12月の全国企業倒産699件

倒産件数が699件 9カ月ぶりに前年同月を上回る 2015年(平成27年)12月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が699件、負債総額は3,853億5,300万円だった。は、前年同月比1.8%増(13件増)で9カ月ぶりに前年同月を上回った。要因としては、12月末に船舶運航管理のラムスコーポレーション(株)(東京)がグループの船舶保有会社38社と同時に会社更生手続きの開始決定を受けたことが影響した。ただし、件数そのものは12月度として過去20年間で2014年(686件)に次いで2

2015年12月18日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2015年10~12月期

東商けいきょう集計結果(中小企業の景況感に関する調査)2015年10~12月期 平成27年12月15日東京商工会議所中小企業部 東京商工会議所(三村明夫会頭)はこの度、中小企業の景況感をより正確に把握することを目的に、標記調査を実施しました。調査期間は、2015年11月6日から11月13日まで、対象は東京23区の中小企業2,443社。調査はFAXおよび聴き取りで行い、回答数は857社(回答率35.1%)。今回は、付帯調査として「外国人旅行者の増加に伴う直接的・間接的影響について」を併せて実施し

2015年12月14日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年10月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年10月分・確報) 平成27年12月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成27年10月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より

2015年11月11日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

銀行114行「建設業向け貸出金」調査

公開日付:2015.11.10 アベノミクス効果もあって建設市場が活況をみせ、銀行114行の2015年3月期の建設業向け貸出金残高は、前年同期を上回り3月期決算ベースで減少傾向に歯止めがかかった。ただし、銀行全体の貸出しの伸びに比べて増加率は低く、地域によってもバラツキがみられた。今後も建設業向け貸出しが右肩上がりで拡大していくかは不透明さも残している。本調査は、銀行114行を対象に、2015年3月期連結決算ベースの建設業向け貸出金残高を調べた。なお、信託銀行2行、りそな銀行、沖縄銀行は信託勘定

2015年11月11日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2015年10月報

倒産件数は735件、7カ月連続の前年同月比減少負債総額は943億2800万円、2000年以降最小を記録 ■倒産件数は735件で、前年同月比7.4%の減少となり、7カ月連続で前年同月を下回った■負債総額は943億2800万円で、前年同月比29.5%の減少となり、2カ月ぶりに前年同月を下回った。2015年8月の964億8500万円を下回り、2000年以降最小を記録した■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を下回り、なかでも製造業(94件、前年同月比16.8%減)、運輸・通信業(31件、同

2015年11月11日国土交通省フィードバック数:0ビジネス

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年9月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年9月分・確報) 平成27年11月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成27年9月分の調査結果をまとめたものである。平成25年度4月より新し

2015年9月9日ヒューマンタッチフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年9月度 ヒューマンタッチ総研(建設業) Monthly Report

2015年9月度 ヒューマンタッチ総研(建設業) Monthly Report

2015年8月4日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年3月期決算「上場企業2,305社の平均年間給与」調査

2015年3月期決算「上場企業2,305社の平均年間給与」調査 公開日付:2015.07.31 上場企業2,305社の2015年3月期決算の平均年間給与は616万5,000円(前年比10万9,000円増、1.8%増)だった。上場企業の平均年間給与は4年連続で増加し、2011年3月期より26万円上昇した。前年からの伸び率も過去4年で最大となり、上場企業の給与アップが鮮明となった。業種別では10業種中、電気・ガス業を除く9業種で増加。公共事業の前倒し発注や東京五輪の需要を見越した再開発など、活況を

2015年6月30日中小企業庁フィードバック数:0社会/政治

【統計】第140回中小企業景況調査

第145回中小企業景況調査(2016年7-9月期)の結果を公表しました(28年9月29日)下記の「結果の概要」「統計表一覧」からご覧ください。【調査の目的】中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構では、中小企業の景況を把握し、中小企業施策立案の基礎資料を収集するために、四半期毎に「中小企業景況調査」を実施、集計・公表しています。中小企業景況調査の目的(1)中小企業施策の企画・立案に必要な資料・情報収集(2)都道府県の施策立案、中小企業関係機関の診断指導等のための資料提供(3)中小企業の経営

2015年6月21日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2014年度福島県内企業の休廃業・解散動向調査

2015/6/18特別企画 : 2014年度福島県内企業の休廃業・解散動向調査「休廃業・解散」は倒産の8.7倍にあたる340件〜 「建設業」大幅増で3年ぶりの前年度比増加に 〜はじめに2014年度の福島県の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、39件と2年連続で40件を下回った。復興需要に支えられ「建設業」の倒産が減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“ハード

2015年6月11日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年4月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成27年4月分・確報) 平成27年6月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としている。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成27年4月分の調査結果をまとめたものである。(受注高 1-4.資本金階

2015年6月8日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2015年5月の全国企業倒産724件

倒産件数724件、5月としては25年ぶりの800件割れ 2015年(平成27年)5月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が724件、負債総額は1,277億5,500万円だった。は、前年同月比13.1%減(110件減)で2カ月連続で前年同月を下回った。5月度としては、1990年(501件)以来の800件割れで、25年ぶりの低水準にとどまった。金融機関が中小企業のリスケ要請に柔軟に応じていることや、景気対策として実施された公共事業の前倒し発注の影響、さらに中小企業向け貸出金の増加も経

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

東北6県「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

2015年5月29日特別企画 : 東北6県「休廃業・解散」動向調査(2014年度) 「休廃業・解散」は倒産の4.5倍にあたる1635件〜 3年連続で減少、「建設業」に増加の兆し 〜 2014年度の東北6県の企業倒産件数(法的整理、負債1000万円以上)は、362件と3年連続で400件を下回った。復興需要に支えられ「建設業」の倒産が減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることで、倒産の抑制状態が続いた結果である。このように政策的な支援により「倒産」という形で“

2015年6月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

広島県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査

2015/5/29特別企画 :広島県 2014年度 企業の休廃業・解散動向調査休廃業・解散は808件、倒産件数の4.1倍に〜 代表者年齢、70歳以上が4割近くに 〜はじめに広島県の2014年度の企業倒産は、2年ぶりに件数が減少し、抑制傾向がより鮮明となった。その背景には、中小企業金融円滑化法が終了して2年が経過しても、今なお資金繰りの厳しい状況にある中小企業に対して返済猶予が続いている金融環境がある。公共投資が増加した建設業者をはじめ、円安で業界環境が好転した輸出関連の製造など、幅広い業種で持ち

2015年5月31日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

九州・沖縄地区の「休廃業・解散」動向調査(2014年度)

2015年5月28日特別企画 : 九州・沖縄地区の「休廃業・解散」動向調査(2014年度) 「休廃業・解散」は「倒産」の4.01倍〜 2年ぶりに増加、8年ぶりに4倍を上回る 〜 2014年度の九州・沖縄地区(以下、九州)の企業倒産件数(法的整理のみ、負債1000万円以上)は、696件と8年ぶりに700件を下回った。公共工事に支えられ建設業の倒産が前年度比3割以上減少したほか、中小企業金融円滑化法の期限到来後も金融機関の支援が継続していることから、倒産の抑制状態が続いた結果である。政策的な支援に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ