「建造物」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年2月20日ランクセス★フィードバック数:0大型消費/投資

都市の色彩についての調査です。

都市の景観および建造物の色彩に関する意識調査

ランクセス、東京在住の大学生を対象に「都市の景観および建造物の色彩に関する意識調査」を実施 現在の東京のイメージカラーは「灰色系」が約6割を占める一方、2020年の東京のイメージカラーは「白系」「赤系」「青系」が台頭ドイツの特殊化学品メーカーのランクセス(LANXESS)は、東京在住の18歳から22歳までの大学生618名(男女各309名)を対象に、「都市の景観および建造物の色彩に関する意識調査」を実施しました。 無機顔料の世界有数のメーカーであるランクセスは、無機顔料で着色されたコンクリート建

2014年11月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本橋再開発を通じた地方経済の活性化

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 国立競技場は今年56年の歴史に幕を閉じ、解体される予定だ。56年と言われると長く感じるが、現在でも人気観光スポットである東京タワー(1958年竣工)や大阪の通天閣(1956年竣工)は、ともに国立競技場と同じ時期に建設されている。他にも同じ時期に建設された建造物は多数あり、レインボーブリッジと瀬戸大橋(5年差)、SHIBUYA109と大阪マルビル(3年差)、早稲田大学の大隈講堂、一橋大学の兼松講堂と東京

ランキングが見られます。

地域ブランド調査2013

「地域ブランド調査2013」は、1,047の地域(1,000市町村、及び47都道府県)を調査対象とし、全国3万人が各地域のブランド力を徹底評価する日本最大規模の消費者調査です。2006年に調査を開始し、毎年実施しているもので今回で8回目の実施となります。 調査はそれぞれの地域に対して魅力度、認知度、情報接触度、各地域のイメージ(「歴史・文化のまち」など16項目)、情報接触経路(「旅番組」など16項目)、観光意欲度、居住意欲度、産品の購入意欲度、地域資源の評価(「街並みや魅力的な建造物がある」など

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ