「引き上げ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月22日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

最低賃金改定に関する企業の意識調査

2016/10/17最低賃金改定に関する企業の意識調査『小売』の48.9%が給与体系を見直し〜 最低賃金改定、消費回復には不十分と認識 〜はじめに2016年10月1日から20日にかけて最低賃金が改定される。2016年度の最低賃金の改定は、政府の「ニッポン一億総活躍プラン」や「経済財政運営と改革の基本方針2016」(骨太の方針)、「日本再興戦略2016」などを踏まえ、最低賃金が時給で決まるようになった2002年度以降で最高額の引き上げとなり、すべての都道府県で700円を上回ることとなった。そのため

2016年2月9日パイプドビッツフィードバック数:0社会/政治

第35回政治山調査「安倍内閣支持層でも反対多数―軽減税率で消費増税は可能か」

2014年4月に5%から8%へ引き上げられた消費税ですが、2017年4月には10%に引き上げられる予定です。政府では景気や消費者動向への配慮から軽減税率の導入を検討していますが、増税と軽減税率の導入について国民の理解は深まっているのでしょうか。政治山では、全国の18歳以上の男女を対象に1月25日から1月28日まで、インターネット意識調査「政治山リサーチ」を用いた調査を実施しました(回答数2,211)。今回はその概要をお届けします。 まずはじめに「予定通りの増税」に対しては、「賛成」5.3%と「ど

第6回(最終)回答集計(春季生活闘争)

春闘や最低賃金の引き上げをはじめ、すべての働く人を守るため、労働条件の改善と格差の是正に取り組んでいます。

2015年4月9日日本自動車工業会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場調査です。

2014年度小型・軽トラック市場動向調査

ニュースリリース- 2015年04月09日2014年度小型・軽トラック市場動向調査について一般社団法人 日本自動車工業会(会長:池 史彦)は、2014年度に実施した『小型・軽トラック市場動向調査』の結果をまとめた。この調査は、小型・軽トラックユーザーの保有・購入・使用実態などを時系列的に捉え市場構造の変化を把握するためにアンケートを隔年で実施しているものであり、今回は以下の点の把握も行なった。安全意識と先進安全技術環境意識と次世代環境車消費税率5%→8%引き上げの影響農家におけるトラック・バン調

2015年4月5日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する山梨県内企業の意識調査

2015/3/272015年度の賃金動向に関する山梨県内企業の意識調査賃金改善を見込む企業は44.6%で過去最高〜 6割超の企業で総人件費が増加見通し 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。このようななか、帝国データバンクは、2015年度の賃金動向に関する企業の意識

2015年4月3日日本政策金融公庫フィードバック数:0社会/政治

企業規模別景況見通しに関する調査

ニュースリリース2 0 1 5 年 4 月 2 日株式会社日本政策金融公庫総合研究所中小企業の半数近く、小企業の4社に1社で3年後の業況が「良くなる」見通し~企業規模別景況見通しに関する調査結果~ ○ 現在(2014年12月)と比べた3年後の自社の業況について、中小企業(従業員20人以上)では「良くなる」と回答した企業割合が46.8%となり、   「悪くなる」と回答した企業割合(17.7%)を上回った。一方、小企業(従業者20人未満)では「良くなる」と回答した企業割合が25.2%となり、「悪く 

2015年3月8日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

2015年度の賃金動向に関する愛知県企業の意識調査

2015/2/272015年度の賃金動向に関する愛知県企業の意識調査賃金改善を見込む企業48.4%、全国を0.1ポイント上回る〜 「ベースアップ」による賃上げが「賞与」を上回る 〜はじめに2014年4月の消費税率引き上げ以降、景気が低調に推移するなか、政府は政労使会議等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞与(一時金)の引き上げなど、賃金改善の動向はアベノミクスの行方を決定づける要素として注目されている。帝国データバンク名古屋支店は、2015年度の賃金動

2015年3月6日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

マクロ経済スライド初めて実施へ~2015年度の年金額は0.9%引き上げ~

マクロ経済スライド初めて実施へ~2015年度の年金額は0.9%引き上げ~

インフレ抑制に向け、積極的な金融引き締めを続けるブラジル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2015年1月22日インフレ抑制に向け、積極的な金融引き締めを続けるブラジル ブラジル中央銀行は21日の金融政策委員会で、市場の予想どおり、政策金利の引き上げ(11.75%→12.25%)を決定しました。利上げは、ルセフ大統領が再選された昨年10月以降、3会合連続となります。同中央銀行は、昨年12月に発表したレポートの中で、「インフレ率を2016年末までに目標の4.5%に低下させるため、必要なことは全て行なう」と謳っています。これと符合す

APIR Commentary No.36<CQM予測(1月2日)は連銀の迅速な政策金利の引き上げを示唆>

APIR Commentary No.36<CQM予測(1月2日)は連銀の迅速な政策金利の引き上げを示唆>2015-01-09 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

職場の安全衛生についての調査です。

第8回「安全衛生に関する調査」

春闘や最低賃金の引き上げをはじめ、すべての働く人を守るため、労働条件の改善と格差の是正に取り組んでいます。

利上げの“再開”を示唆したニュージーランド準備銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月11日利上げの“再開”を示唆したニュージーランド準備銀行 ニュージーランド準備銀行(中央銀行)は11日、政策金利を3.5%に据え置きました。ただし、今後の政策金利の引き上げが示唆されたことから、ニュージーランド・ドルは対ドルで大きく上昇し、対円でも上昇する展開となりました。同準備銀行は、今年3月以降4会合連続で政策金利を合計1%引き上げましたが、ニュージーランド経済に成長鈍化の兆しがあるとして、7月を最後に政策金利の引き上

期待される企業から家計への好循環

わたしの意見 ― 水野 創期待される企業から家計への好循環(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」12月4日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 月末を挟むこの一週間で多くの経済指標が発表された。法人企業統計(1日)では、売上、経常利益、設備投資、在庫投資等主要項目で企業の元気の良さが確認された(表1)。これを織り込む7〜9月の実質GDP2次速報(8日予定)も上方修正される見込みだ。1次速報のマイナス成長が消費税再引き上げ延期の決め手にされたが、設備投資のほか、大幅な成

企業対象の調査です。

消費増税の影響および税率再引き上げについてのアンケート調査

消費増税の影響および税率再引き上げについてのアンケート調査

連合によるレポートです。

連合・賃金レポート2014

春闘や最低賃金の引き上げをはじめ、すべての働く人を守るため、労働条件の改善と格差の是正に取り組んでいます。

2014年11月2日日本商工会議所フィードバック数:0ビジネス

中小企業における消費税の価格転嫁に係る実態調査(第2回)調査

トップページ > ニュースライン > 「中小企業における消費税の価格転嫁に係る実態調査(第2回)調査結果」について ニュースライン「中小企業における消費税の価格転嫁に係る実態調査(第2回)調査結果」について2014年10月30日 14:00日本商工会議所(三村明夫会頭)は、10月30日に「中小企業における消費税の価格転嫁に係る実態調査(第2回)調査結果」を取りまとめました。平成26年4月の消費税率8%への引き上げについて、中小企業における価格転嫁の状況を把握するために、全国の3,201事業者にヒ

経済や雇用についてのまとめ資料です。

2015春季生活闘争方針・基本構想

春闘や最低賃金の引き上げをはじめ、すべての働く人を守るため、労働条件の改善と格差の是正に取り組んでいます。

グラフで見る関西経済(2014年8月)

2014年08月25日【今月の景気判断】関西経済は緩やかに持ち直している。消費税引き上げ前の駆け込みで増加していた生産は、6月は減少したものの高水準で推移している。輸出は月次の振幅はあるものの、均して見ると緩やかに持ち直している。雇用環境をみると、有効求人倍率などの持ち直しが一服しているが、賃金は現金給与総額が3ヶ月連続で前年比増加となり所定内給与が30ヶ月ぶりに増加となるなど、持ち直しつつある。そのような中、個人消費は緩やかに持ち直しており、駆け込み需要の反動減からの回復がみられる。住宅投資は

グラフで見る関西経済(2014年7月)

2014年07月25日【今月の景気判断】関西経済は、緩やかに持ち直している。消費税引き上げ前の駆け込みも影響して増加していた生産は、5月も高水準で推移している。輸出入は月次の振幅はあるものの、均して見ると底堅く推移している。雇用環境をみると、有効求人倍率などの持ち直しが一服しているが、賃金は現金給与総額が2ヶ月連続で前年比増加となり、下げ止まりつつある。そのような中、個人消費は緩やかに持ち直しており、駆け込み需要の反動減からの回復がみられる。住宅投資は、消費税率引き上げ前の駆け込みの後、昨年終わ

違法駐輪対策としての駐車料金引き下げ、駐車場建設、撤去率引き上げの効果比較

違法駐輪対策としての駐車料金引き下げ、駐車場建設、撤去率引き上げの効果比較

2014年3月16日内閣府フィードバック数:0社会/政治

経済分析第187号 (ジャーナル版)

現在のページ: »»»» 経済分析第187号 経済分析第187号 (ジャーナル版) 経済分析第187号 (ジャーナル版)(論文)厚生年金加入者・受給者を対象とした年金改革案におけるトレードオフの推計北村智紀(ニッセイ基礎研究所金融研究部兼年金総合リサーチセンター)中嶋邦夫(ニッセイ基礎研究所保険研究部兼年金総合リサーチセンター) 役員の持株比率が企業不祥事を抑止させる効果に関する研究三好祐輔(佐賀大学経済学部准教授)都築治彦(佐賀大学経済学部教授) Propensity Score Match

2014年2月28日大日本印刷フィードバック数:0マーケティング

メディアバリューレポートVol.62 「2014年のコミュニケーショントレンド」について

◆◇◆DNPからのお知らせ◆◇◆ 2014年のコミュニケーショントレンドをまとめた「メディアバリューレポートVol.62」を発行消費税率の引き上げがもたらす暮らしの変化を越えて、次代に向けて踏み出す1年に【メディアバリューレポートVol.62 「2014年のコミュニケーショントレンド」について】メディアバリューレポートVol.62「2014年のコミュニケーショントレンド - ネクストステージへ、発進」 大日本印刷(DNP)は、消費税率の引き上げ、世界的なスポーツイベントの開催、数々の制度やサー

2014年1月20日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

政府閉鎖回避で、次は債務上限 ~ミッション・ポッシブル~

US Trends政府閉鎖回避で、次は債務上限発表日:2014年1月17日(金)~ミッション・ポッシブル~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 議会が歳出法案を可決したことで政府閉鎖の回避が固まった。次の焦点は2月7日に期限を迎える債務上限の引き上げの行方。特別措置によって2月下旬から3月初旬までは政府は借入を継続することが可能。税還付が集中する2・3月を乗り切れば、5・6月頃まで引き伸ばすことが出来る。◇ 格付け会社によって米国債がデフォルトと認定

連合によるレポートです。

連合・賃金レポート2013 -デフレと賃金格差拡大の15年-

春闘や最低賃金の引き上げをはじめ、すべての働く人を守るため、労働条件の改善と格差の是正に取り組んでいます。

2013年11月3日シニアコム★フィードバック数:0マーケティング

シニアと消費税です。

消費税率の引き上げにともなう消費意識調査

消費税率の引き上げにともなう消費意識調査

更に高い消費税10%のハードル

更に高い消費税10%のハードル | ニッセイ基礎研究所 更に高い消費税10%のハードル 経済研究部 研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 10月1日、安倍首相が来年4月の消費税率の引き上げ、そして景気の腰折れを緩和するための5兆円の経済対策を発表した。ここ4カ月くらい続けられてきた消費税の引き上げを巡る論争は一応終結を迎えることとなった。今回は来年4

ニッセイ景況アンケート調査結果-2013年度上期調査

ニッセイ景況アンケート調査結果-2013年度上期調査 | ニッセイ基礎研究所 ニッセイ景況アンケート調査結果-2013年度上期調査 経済研究部 研究員 斉藤 誠押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ◆アベノミクス効果で企業の景況感は5年半ぶりにプラス転換、先行きも改善が続く◆今後1年間は商品・サービス価格の引き上げが優勢(引き上げ2 割弱、引き下げ1 割

2013年8月23日日本総研フィードバック数:0社会/政治

消費税の引き上げと市場のインフレ予想-消費税の影響を除いたブレーク・イーブン・インフレ率の算出

消費税の引き上げと市場のインフレ予想-消費税の影響を除いたブレーク・イーブン・インフレ率の算出

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

波紋を呼ぶ消費税先送り論(後編) ~先送り観測に隠れたデフレ心理~

Financial Trends経済関連レポート波紋を呼ぶ消費税先送り論(後編) 発表日:2013年7月31日(水)~先送り観測に隠れたデフレ心理~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)消費税率の引き上げを先送りしたいと感じてしまう背景には、価格転嫁がうまくいかず企業収益などに悪影響が呼ぶのではないかという懸念がある。デフレ心理と親密な意識が、先送りの誘因にはあるかもしれない。2014 年 4月の増税を見直したとして、いつのタイミングが好ましいと考えるべきな

2013年5月19日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:111社会/政治海外

経済情報:タイの最低賃金の大幅引き上げの影響について

経済情報:タイの最低賃金の大幅引き上げの影響について

2013年4月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 13年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.7%に加速 ~給与税の引き上げなど増税実施にもかかわらず個人消費が牽引~

米国 13年1-3月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.7%に加速 ~給与税の引き上げなど増税実施にもかかわらず個人消費が牽引~

2013年3月16日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:3社会/政治

経済情報:米国~オバマ大統領は連邦最低賃金の引き上げを提案

経済情報:米国~オバマ大統領は連邦最低賃金の引き上げを提案

2013年1月25日大和総研フィードバック数:3大型消費/投資

2013年度改正の住宅ローン減税の分析(速報)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年度改正の住宅ローン減税の分析(速報)年収別の最大税負担軽減額の試算 ◆2013年1月24日、自由民主党・公明党は「平成25年度税制改正大綱」(以下、大綱)を公表した。本稿では、大綱に記載された住宅ローン減税の新制度の分析を行う。◆住宅ローン減税の新制度は、消費税率8%への引き上げ後の2014年4月から適用され、一般住宅の場合、対象となる住宅ローン残高が2,000万円から4,000万円に拡充す

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ