調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 強制歳出削減

「強制歳出削減」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2013年12月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

財政合意と米金融政策への示唆~重要な前進だが“不測の事態”への備え怠れず~

みずほインサイト米 州2013 年 12 月 11 日財政合意と米金融政策への示唆みずほ総合研究所調査本部重要な前進だが“不測の事態”への備え怠れず市場調査部・政策調査部03-3591-1219/03-3521-1307○ 12月10日、米議会で財政合意が発表された。2014・15年度予算に限った小規模なパッケージだが、少なくとも成立すれば米国は政府閉鎖の回避に近づく。○ 財政合意は米金融政策の行方にも重要な意味を持つ。QE3縮小への舵取りが楽になるからだ。最近は雇用統計など経済面からもQE3縮

緩やかな回復が続く米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融緩 やかな回 復 が続 く米 国 経 済木村 俊文要旨米国経済は、消費や生産が底堅く推移し、住宅部門の持ち直しが続くなど、緩やかな回復基調をたどっている。ただし、強制歳出削減を盛り込んだ 13 年度予算が可決されたことから、先行きは財政緊縮の影響が懸念される。経済指標は底堅い動き強制歳出削減の発動(3 月 1 日)や暫定最近発表された米経済指標の動きを見予算の期限到来(3 月 27 日)により一部ると、雇用関連では 2 月の雇

財政問題の不透明感はあるものの、回復が続く米国経済

http://www.nochuri.co.jp/情勢判断海外経済金融財 政 問 題 の不 透 明 感 はあるものの、回 復 が続 く米 国 経 済木村 俊文要旨米国経済は、消費や生産が底堅く推移し、住宅部門の持ち直しが続くなど、緩やかな回復基調をたどっている。ただし、強制歳出削減の発動が目前に迫っており、財政政策の先行きに対する不透明感は払拭されていない。経済指標は底堅い動きが鈍化した。最近発表された米経済指標に基づき、また、2 月の消費者信頼感指数(ミシ足元の動きを見ると、雇用関連では、 1

暫定措置を講じた米国の財政問題

http://www.nochuri.co.jp/今月の焦点海外経済金融暫 定 措 置 を講 じた米 国 の財 政 問 題木村 俊文包括合意ならずも、ひとまず「崖」回避12 年 8 月改訂見通し)の約半額となり、景気への悪影響はかなり緩和されたと言米国では 1 月 1 日、「財政の崖」を回避えるだろう。する法案「2012 年米納税者救済法」が上下両院で可決され、米国経済が崖から転赤字削減合意が不可欠落する事態は何とか避けられた。同法では、オバマ大統領が先の選挙で一方、12 年末の米国政府の債務残

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ