「当事者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年4月7日LITALICO★フィードバック数:0社会/政治

発達障害の当事者・発達障害児の保護者へ意識調査

発達障害の当事者・発達障害児の保護者へ意識調査を実施 過半数の当事者・保護者が「発達障害」に対する社会の理解は「進んでいない」と回答 発達障害の当事者・発達障害児の保護者へ意識調査を実施 過半数の当事者・保護者が「発達障害」に対する社会の理解は「進んでいない」と回答~大半が日常生活に困難を感じる状況、支援体制の一層の充実が必要に~「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締

2015年12月30日ソニー生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

ダブルケアに関する調査2015

ニュースリリース(平成27年度)ダブルケアに関する調査2015注:第5弾ダブルケア実態調査(ソニー生命連携調査)2015年12月22日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)と横浜国立大学 大学院国際社会科学研究院 相馬 直子准教授、ブリストル大学(英国) 社会・政治・国際学研究科 山下 順子講師は、2015年8月19日~8月21日の3日間、全国の大学生以下の子どもを持つ母親に対し、初の全国規模での「ダブルケアに関する調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有

2014年9月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

IT(情報通信技術)が実現する2020年東京パラリンピック・レガシーとは

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート オリンピック・パラリンピック IT(情報通信技術)が実現する2020年東京パラリンピック・レガシーとは障がい当事者とともに「心地よい街並み」を実現するために 2014年9月22日コンサルティング・ソリューション第三部 コンサルタント 江藤 俊太郎◆来る2020年に東京でパラリンピックが開かれる。競技者であるなしにかかわらず、海外の障がい当事者と支援者は来日にあたっ

成長戦略への違和感と期待

成長戦略への違和感と期待 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先月、安倍政権が掲げる3本の矢の3本目となる成長戦略(日本再興戦略)の改訂版が閣議決定された。法人税減税に言及したほか、農業や医療分野での規制改革が示された。筆者は成長戦略に対して、漠然とした違和感を覚えてきた。これは政策メニューに対する批判ではない。はじめのうち、それは「成長」

発達障害の認知度についてのアンケート

障害当事者・家族・支援・サポート・協賛団体の活動・情報共有プロジェクト 障害者支援プロジェクト【ホワイトボードプロジェクト】では発達障害の認知度についてのアンケートを行いました。ネットショップコンサルティングの有限会社エムズワークス(東京都墨田区)が運営する障害当事者・家族・支援・サポート・協賛団体の活動・情報共有プロジェクト【ホワイトボードプロジェクト】ではこの度、4月2日の世界自閉症啓発デーに合わせ発達障害の認知についてのアンケートを行いました。アンケートはフュージョンテクノロジー株式会

2012年2月15日アイシェアフィードバック数:5ライフスタイル

鼻づまりに関する意識調査

鼻づまりは大損?「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン 鼻づまりに関する意識調査今年もまもなく花粉飛散のピークがやってくる。花粉症で毎年鼻づまりとの戦いに苦慮している人も少なくないのではないだろうか。そこで、鼻づまりが仕事の効率や見た目の印象にどのように関与しているのか、株式会社アイシェアが調査を実施。20代から40代の有職者である男女1086名から回答を得た。|| 鼻づまりは仕事の敵?半数以上が「パフォーマンス70%未満」に回答者に1年のうち鼻づまりを感じる期間がどのくらいあるか尋ねたところ、

2009年5月19日アイシェアフィードバック数:0社会/政治

裁判員制度の開始日知らない 7割半~参加したくない理由は、人を裁くのが嫌だから

裁判員制度に関する意識調査(3回目) 裁判員制度の「開始日知らない」7割半~参加したくない理由は「人を裁くのが嫌だから」スタートを目前に控えた裁判員制度。2008年7月、12月に続く3回目の調査として、その認知度や意識等を探った。集計回答数は20代から40代のネットユーザー361名。調査期間は、制度開始のほぼ1ヶ月前の4月22日~27日。なお回答者のうち「裁判の当事者・証人になったりしたことがある」人は2.5%、裁判を「傍聴したことがある」人は6.1%。92.0%は「当事者・証人」になった経験も

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ