「後遺症」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2016年3月1日ワイズフィードバック数:0ライフスタイル

脳卒中経験者の生活調査

脳卒中経験者の生活調査2016年2月24日脳卒中経験者の退院後の悩み: “後遺症あり”の2人に1人が「リハビリする場所がない」「社会復帰願うもできない」実情浮き彫りに脳卒中の後遺症に特化した実費型リハビリ施設『脳梗塞リハビセンター』を運営する株式会社ワイズ(所在:東京都中央区、代表:早見泰弘)及びNPO法人脳梗塞リハビリ研究会(所在:東京都中央区、代表:上杉謙太郎)は、脳卒中経験者の退院後の生活実態を明らかにするため脳卒中経験者とその家族を対象に調査を実施しました。 調査背景脳卒中になり病院を退

2015年6月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州債務危機の後遺症はGrexitと欧州各地の政治不安

欧州債務危機の後遺症はGrexitと欧州各地の政治不安

2014年12月1日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015~16年米欧経済見通し-グレート・リセッションの後遺症が残る米国と、下振れリスクを抱える欧州

2015~16年米欧経済見通し-グレート・リセッションの後遺症が残る米国と、下振れリスクを抱える欧州

2014年6月12日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州の「日本化・草食化」不安、米国には後遺症残存

欧州の「日本化・草食化」不安、米国には後遺症残存

2012年7月3日内閣府フィードバック数:5社会/政治

スペイン:住宅バブル崩壊の後遺症に苦しむスペイン経済の現状と支援要請までの経緯

今週の指標 No.1037 スペイン:住宅バブル崩壊の後遺症に苦しむスペイン経済の現状と支援要請までの経緯ポイント2012年7月2日ユーロ圏第4の経済規模を誇るスペインでは、住宅バブル崩壊によって不動産資産の不良債権化が進み金融機関の経営難が顕在化した。こうした中、6月25日、スペイン政府はユーロ圏財務相会合(ユーログループ)に対して金融システム支援のための資金要請を行い、今後の同国の行方について市場の関心が一層高まっている。以下では、住宅バブル崩壊の後遺症に苦しむスペイン経済の現状を概観し、支

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ