「従業員」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年7月27日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年度「賃上げに関するアンケート」調査

公開日付:2018.07.05 政府主導の「官製春闘」が5年目を迎えた。東京商工リサーチのアンケート調査では、2018年春に賃上げを実施した企業は全体の8割(構成比82.2%)にのぼった。賃上げを実施した企業のうち、7割で「従業員のモチベーションが上がった」など、賃上げの効果を実感していることがわかった。賃上げの内容をみると、大企業は「新卒者の初任給の増額」が多く、中小企業は「人材の引き留め」に重点を置いている。企業規模によって賃上げ姿勢の違いが鮮明になった。また、景気の先行き不透明感を背景とし

2018年5月18日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ミック経済研究所、「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の中期予測を発表

「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の現状と展望【2018年度版】「働き方改革」を支援するリモートアクセス&DaaS市場の現状と展望【2018年度版】~柔軟な働き方に対応することで業務効率の向上、人材確保に貢献~【発 刊】2018年4月27日 【資料体裁・価格】[1]A4版146頁(ハードコピー版) 価格158,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格191,000円[3]CD-ROM版 価格316,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格449,260円

2018年5月10日ワークデイフィードバック数:0ビジネス

日本市場の「働き方改革」の現状と課題についての調査結果 

Workday、日本市場の「働き方改革」の現状と課題についての調査結果を発表 ~ 人事業務に関わる管理職の85%が「働き方改革」の効果を認めている一方、49%が従業員の生産性には改善と強化の余地が大いにあると回答 ~ [2018年4月26日 – 東京発] 企業向け財務・人事アプリケーションプロバイダ大手のWorkday, Inc. (NASDAQ: WDAY、以下Workday) は、国内市場における「働き方改革」に関する最新の調査結果を発表しました。 調査結果によると、「働き方改革」に関して

2018年4月10日東京商工リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

2018年度「賃上げ見通し」、「労働環境の改善」に関するアンケート調査

2018年度「賃上げ見通し」、「労働環境の改善」に関するアンケート調査 公開日付:2018.03.232018年度(2018年4月~2019年3月)に賃上げを予定している中小企業(資本金1億円未満)は85.6%(6,098社中5,222社)だった。これは2017年度に賃上げを実施した中小企業の82.0%を3.6ポイント上回った(注)。賃上げを予定している中小企業の定期昇給とベースアップの中央値の合計額は月6,000円で、大企業(資本金1億円以上)の月5,500円を500円上回った。「従業員のモチ

2018年3月29日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

プレミアムフライデー施行から1年、定着はいかに?

ホーム生活者を知るプレミアムフライデー施行から1年、定着はいかに? プレミアムフライデー施行から1年、定着はいかに? 月末の金曜日に仕事を早く切り上げることで、消費喚起や余暇促進に繋げるとともに、働き方改革やライフスタイルの変革も狙ってスタートした「プレミアムフライデー」。インテージでは、プレミアムフライデーが始まった2017年2月24日(金)の前後にも調査(以下、1年前調査)を行い、その結果を公表いたしました(「浸透するか?プレミアムフライデー」)。今回の調査は、1年前調査と同様、京浜エリア

2018年3月27日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のサイバー攻撃被害の実態やセキュリティ意識に関する 調査結果

Skip to ContentA10、企業のサイバー攻撃被害の実態やセキュリティ意識に関する 調査結果を発表日本は他国に比べてサイバー攻撃の被害を把握できておらず、 従業員のセキュリティへの関心のなさとポリシーの普及に悩まされていることが浮き彫りに セキュアアプリケーションサービスを提供するA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、日本を含むグローバルのIT管理者と従業員を対象に実施した、企業のサイバー攻

2018年3月19日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

主要先進国のワークプレースに関する実態調査

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、主要先進国のワークプレースに関する実態調査結果を発表、日本の働き方改革に立ちはだかる課題が浮き彫りに 2018年3月12日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、主要先進国のワークプレースに関する実態調査結果を発表、日本の働き方改革に立ちはだかる課題が浮き彫りにIT活用スキルの自己評価、活用デバイスやアプリケーションの新しさ、デジタル・スキル獲得の機会や関心の高さなどで他国に大きな遅れガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港

2018年3月15日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する動向調査の結果を発表

ホーム − 2018年 プレス・リリース −ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する 動向調査の結果を発表 2018年2月27日ガートナー ジャパン株式会社広報室ガートナー、日本国内の企業によるクラウド・アプリケーション開発に関する動向調査の結果を発表大企業では既に6割がクラウド上でのアプリケーション開発を推進、取り組みに当たっては目的と期待事項の明確化が鍵にガートナー ジャパン株式会社 (所在地:東京都港区、代表取締役社長:日高 信彦) は本日、クラウド上でのア

2018年2月27日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

企業の「メンタルヘルス対策」意識調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース企業の「メンタルヘルス対策」意識調査。58%の企業にメンタル不調者が在籍。有効な対策は?ストレスチェックの実施率は?―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 企業の「メンタルヘルス対策」意識調査。58%の企業にメンタル不調者が在籍。有効な対策は?ストレスチェックの実施率は?―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート―人材採

2018年2月15日Great Place to Work★フィードバック数:0キャリアとスキル

2018年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング

2018年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表!2018.2.92018年2月9日、Great Place to Work® Institute Japan(東京都品川区、代表:岡元利奈子)は、 2018年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表いたしました。 日本での発表は2007年より行われ、今回が第12回目となり、 全135社が日本における「働きがいのある会社」に選出されました。2018年版日本における「働きがいのある会社」ランキング各部門()の第1位~第3

業務システムに関する実態調査

2018年2月8日 株式会社ビーブレイクシステムズ 【業務システムに関する実態調査】 5割強の企業が業務システムの導入効果を「業務効率化」、5割弱の企業が導入している業務システムを「満足」と回答!! 株式会社 ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:白岩次郎、東証マザーズ上場:証券コード3986 以下「ビーブレイクシステムズ」)は、「経営者・役員・会社員」の1,103名を対象に「業務システムに関する実態調査」についてインターネットによるアンケート調査(調査期間:2017年11

2018年1月25日IDCフィードバック数:0ビジネス

2017年 従業員が求めるモバイルデバイス調査

2017年 従業員が求めるモバイルデバイス調査結果を発表 自宅残業を行っている37.8%の回答者は、自宅のPCを利用している 30.2%の企業は、今後持出しができるPCを増加させる予定。また大企業がより積極的に考えている 持出しができるPCの増加する主な理由は、「働き方改革」に加えて「暗号化ソフトが安価となった」「OS標準で暗号化できる」などWindows 10による影響が大きい IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13

2018年1月23日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

従業員からの個別交渉に関する調査

>> 従業員からの個別交渉があったのは「賃金」 従業員からの個別交渉があったのは「賃金」 従業員からの条件交渉・相談・訴えなどの“個別交渉”があったのは「賃金」が56.0%でトップ対策は「目標の合意形成」・「フィードバック」・「評価と報酬の連動」がカギAIを活用した人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をサポートする株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、「従業員からの個別交渉」に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果

『働き方改革』の推進に関する実態調査 2017

【調査発表】『働き方改革』の推進に関する実態調査 20175割弱の企業が「労働時間減少」に手応えを感じる一方、「労働生産性の向上」の実感は約3割にとどまる『働き方改革』の推進課題は「社外を含めた商習慣を変える難しさ」がトップ2017年12月19日企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥本英宏)では、「働き方改革」推進の全体像を把握し、改めて今後の改革推進の方向性を検討すべく、『働き方改革』の推進に関する実態調査」を実施し、結果

2018年1月23日東京都フィードバック数:0ビジネス

平成29年「中小企業の賃金事情」調査

ここから本文です。平成29年「中小企業の賃金事情」調査結果について東京都は、中小企業における賃金制度や休暇制度を整備・充実することを目的に、中小企業労使の方々等にご活用いただく資料として、毎年、都内中小企業(従業員数10~299人)における賃金等の実態を調査しています。このたび、毎年調査している「賃金」「賞与」等に、隔年調査項目として「労働時間」「休日・休暇」を加えた平成29年の調査結果がまとまりましたのでお知らせします。調査結果の概要所定時間内賃金は351,957円、所定時間外賃金は34,61

2018年1月17日Genpactフィードバック数:0企業情報システム

The workforce: Staying ahead of artificial intelligence(労働者:人工知能の一歩先を行く)

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) 前評判とは異なり、人工知能が自分の仕事を脅かすと考えている従業員は少数であることがジェンパクトの最新の調査で明らかに~3回シリーズの調査の第2弾、次世代の従業員が準備する方法について深い懸念~ * 2017年11月14日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。デジタル・トランスフォーメーションを支援するグローバル・プロフェッショナル・サービス企業のジェンパクト(Genpact Limite

2018年1月16日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

役員との年収格差が小さい500社ランキング

役員との年収格差が小さい500社ランキング社員以下の報酬をもらう役員は53社 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 業績不振だけが要因でもない(写真:bee / PIXTA) 11月24日に配信した「社員と役員の年収格差が大きいトップ500社」には、多方面から反響が寄せられた。欧米では高額な役員報酬が社会的な問題として指摘されるが、日本企業の役員報酬も近年は高額化している傾向がある。一方で、上場企業の中には役員と社員の年収格差がないどころか、従業員の給与のほうが高い会社も

2017年12月26日エン・ジャパンフィードバック数:0社会/政治

「改正障害者雇用促進法の理解度」や「障がい者雇用の実態」に関するアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース障がい者雇用実態調査 「改正障害者雇用促進法」の認知率がもっとも低い変更項目は、対象企業規模の引き下げ。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 障がい者雇用実態調査 「改正障害者雇用促進法」の認知率がもっとも低い変更項目は、対象企業規模の引き下げ。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート―人材採用・入社後活躍のエン・ジ

2017年12月12日beBit★フィードバック数:0キャリアとスキル

eNPSは何によって上がるのか ー 16業界eNPS調査結果【後編】

コラムeNPSは何によって上がるのか ー 16業界eNPS調査結果【後編】本コラムの前編では、昨今eNPSが重要になってきていること、また、eNPSには「正当な報酬」・「正当な評価」・「顧客への貢献実感」が影響していることを述べました。 本コラムでは、仕事の役割が見える「部署」を切り口に、eNPSの比較を行い、そこからeNPSを高めていくための方法について考察・ご紹介します。2017年11月 6日 部署別では人事部を始めとした本社機能のeNPSが高い図12)部署別eNPSeNPS調査を回答者の

2017年11月9日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能

Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2017年10月26日アクセンチュア最新調査――デジタル技術をテコに効率化と成長を図る企業は、平均60億ドルの時価総額増が可能「インダストリーX.0」の推進が必要である一方、従業員のスキル不足が推進を阻害【ニューヨーク発:2017年9月29日】アクセンチュア(NYSE:ACN)が、12業界にわたって10種類のデジタル技術を評価したところ、新興技術を最適に組み合わせることで、企業は時価総額を平均で60億ド

2017年11月7日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

「日産自動車」グループの下請企業実態調査

2017/10/23「日産自動車」グループの下請企業実態調査日産自動車グループ下請先は1万4651社〜 下請先の従業員数は79万611人 〜はじめに9月18日、国土交通省の指摘により日産自動車グループの検査不備が発覚した。その後、日産自動車は「再発防止策を講じた」としていたが、現場では依然として無資格の補助検査員が検査作業を行っていたことが、大きな問題として各メディアで報道されている。帝国データバンクは、企業概要データベース「COSMOS2」(147万社収録)の中から、日産自動車グループと直接、

2017年11月1日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

「神戸製鋼所グループ国内取引状況」調査

公開日付:2017.10.20 国内鉄鋼3位の(株)神戸製鋼所(TSR企業コード:660018152、法人番号:6140001005714、神戸市中央区、東証1部上場)は10月8日、アルミ・銅事業部門(傘下グループ会社を含む)で検査証明書データを偽装していたことを公表した。その後も主力の鉄鋼事業などで次々と偽装が発覚、神戸製鋼所を含む国内7社、海外5社の計12社まで広がっている。東京商工リサーチでは、神戸製鋼所と同グループ企業(以下、神戸製鋼所グループ)の取引状況を調査した。神戸製鋼所グループが

2017年10月30日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

基本給のマイナス査定に関する調査

>> 経営者の半数以上が「基本給のマイナス査定は必要」と回答基本給のマイナス査定を実施したことがあるのは3割未満基本給のマイナス査定の必要性を感じているものの、実施までには至っていない傾向にAIを活用した人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をサポートする株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、「基本給のマイナス査定」に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果、基本給のマイナス査定の実施有無や基本給のマイナス査定をしない理由な

働き方に関する調査

サービス 業界ごとに直面する特有の課題と、どの業界にも共通する課題。双方を解決してはじめて、ビジネスの基盤は揺るぎないものになり、さらなる成長への軌道が見えてきます。私たちは、インダストリー分野とファンクション分野、それぞれに精通したエキスパートが横断的にチームを組み、つねに最善のコンサルティング・サービスを提供いたします。 レポート NTTデータ経営研究所では、お客様が直面する重要な経営課題、IT課題を取り上げ、 独自の取組みから得られた実践的オピニオンを発信しています。主な発信情報をご

2017年8月10日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

事業承継に関する調査

>>> 事業承継前後の変化は「離職者増加」・「待遇悪化」などネガティブな変化が上位 約7割の経営者が事業承継の成功には「人事評価制度の刷新が必要」と回答 人事評価制度の課題は「甘辛評価」が57.3%でトップ ~人事評価制度と事業承継に関する調査~事業承継前後の変化は「離職者増加」・「待遇悪化」などネガティブな変化が上位 約7割の経営者が事業承継の成功には「人事評価制度の刷新が必要」と回答 人事評価制度の課題は「甘辛評価」が57.3%でトップ ~人事評価制度と事業承継に関する調査~人事評価クラウド

2017年7月5日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年グローバル人材動向調査(GLOBAL TALENT TRENDS STUDY)

マーサー 「2017年グローバル人材動向調査(Global Talent Trends Study)」を発表 | マーサージャパン 本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 プレスルーム マーサー 「2017年グローバル人材動向調査(Global Talent Trends Study)」を発表世界各

2017年6月30日ソフトブレーン★フィードバック数:0マーケティング

営業課題に関するアンケート

ページの先頭になります。ページ内を移動するためのリンクです。 ここからヘッダ情報になります。ここから本文になります。企業の抱える営業上の悩み1位は「新規顧客開拓」 労働人口減少、長時間労働抑制のなかでいかに売上を伸ばすかが課題に ~営業課題に関するアンケート結果(2016年4月~2017年3月実施)~ 2017年06月20日 ソフトブレーン株式会社営業課題解決サービスを提供するソフトブレーン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:豊田浩文、以下 ソフトブレーン)は、ビジネスパーソンを対象に

2017年6月27日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の転職・辞職に関する調査

>> 従業員の8割以上が人事評価と給与は「連動していない」・「連動しているかわからない」と回答連動していない理由は「年功序列だから」・「固定給だから」という回答が目立つ結果に会社規模30名未満の給与基準は「社長の独断」が52.1%評価と給与に関する調査トピックス人事評価制度■「導入している」という回答が2014年は35.7%に対し、2017年は54.5%と18.8ポイント差で増加傾向■会社経営者の6割以上、人事担当者の4割以上が人事評価について「従業員は満足していると思う」と回答■一方、従業員の

2017年6月7日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内SMB IT市場において最新予測データを発表

国内SMB IT市場において最新予測データを発表 2017年の国内中堅中小企業(SMB)IT市場は、PCを中心としたハードウェアの更新需要が再開することからプラス成長(前年比成長率:1.7%)を予測。 2019年まで、国内SMB IT市場は、大都市圏を中心に積極的なIT支出が見込まれることからプラス成長が継続。 中長期的に国内SMB IT市場を拡大させるためには、経営課題解決に直結する提案を積極的に行い、IT活用の有用性を認識させることが重要になる。 IT専門調査

2017年5月28日ミック経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

ワークスタイル変革で加速するERPフロントソリューション市場の実態と展望2017年度版

ワークスタイル変革で加速するERPフロントソリューション市場の実態と展望2017年度版ワークスタイル変革で加速するERPフロントソリューション市場の実態と展望2017年度版~勤怠・就業,経費精算,出張管理,ワークフロー(勤怠・就業/経費精算)~【発 刊】2017年3月27日 【資料体裁・価格】[1]A4版450頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格5

2017年5月27日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の評価と給与に関する調査

従業員の8割以上が人事評価と給与は「連動していない」・「連動しているかわからない」と回答 連動していない理由は「年功序列だから」・「固定給だから」という回答が目立つ結果に 会社規模30名未満の給与基準は「社長の独断」が52.1% ~中小企業の評価と給与に関する調査~人事評価クラウド型運用おせっかいサービス「ゼッタイ!評価®」を提供する株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役社長:高橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、評価と給与に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果、

2017年5月23日Bizコンパスフィードバック数:0ビジネス

健康経営とは?アンケート調査結果から実態を探る

日本の転換期に訪れた「健康経営」の波!(第1回)健康経営とは?アンケート調査結果から実態を探る 2017.04.28 Fri 従業員の健康管理や健康増進を重要な経営課題として捉える、「健康経営」という考え方に注目が集まっています。大手企業を中心に取り組み事例が増えており、今後は事業規模に関わらず多くの企業で導入が進むことが予想されます。 健康経営が、いま日本の企業にどの程度浸透しているのか、企業はどのような意識を持って取り組んでいるのか、Bizコンパスで独自に実施したアンケート調査の結果をもとに

2017年5月23日厚生労働省フィードバック数:0ビジネス

職場のパワーハラスメントに関する実態調査

平成29年4月28日【照会先】労働基準局 勤労者生活課課 長平嶋 壮州専門官 高橋 嘉寿満(代表電話) 03(5253)1111(内線5306,5379)(直通電話) 03(3502)1589 報道関係者各位「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」の報告書を公表します ~全国の企業・従業員を調査し、パワーハラスメントの発生状況や、予防・解決に向けた取組の主な効果・課題を把握~  厚生労働省では、平成年度以来となる「職場のパワーハラスメントに関する実態調査」を実施し、このほど、報告書を

2017年5月18日デル★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本などアジア太平洋地域の「従業員の働き方変革」に関する調査結果を発表

* 2017年4月5日に発表されたグローバルリリースの抄訳版です。2017年5月15日デル株式会社デル、日本などアジア太平洋地域の「従業員の働き方変革」に関する調査結果を発表日本企業は顧客だけでなく従業員のエクスペリエンス(体験)の向上も重視複数のプラットフォーム、デバイス、OSの登場により、エンドポイントデータの喪失とセキュリティリスクが大幅に増加企業・組織とIT環境の複雑さがPCライフサイクル管理の課題になったことにより、企業は「従業員の働き方変革」に有効な戦略を実現するためのテクノロジープ

2017年5月4日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内タクシー業者3385社の経営実態調査

2017/4/24国内タクシー業者3385社の経営実態調査石川、奈良で増収企業が増加〜 インバウンド特需で観光客数増加が追い風に 〜はじめにここ数年でタクシー料金の値上げが続いていたなか、2017年1月30日から東京都23区、武蔵野市、三鷹市で初乗り運賃を約1キロ410円となる値下げに踏み切った。タクシー業界は、「配車アプリ」や「ライドシェア(相乗り)」で世界的にシェアを広げる米Uberなどの新興企業の参入を脅威として顧客獲得に向けた新たな取り組みを模索している。2020年の東京五輪・パラリンピ

2017年4月25日リザーブリンクフィードバック数:0キャリアとスキル

社員研修の管理・調整に関する調査

予約ラボでは「予約」に関する独自リサーチ、体験取材などの情報を配信中 >> 研修の日程調整は社員・担当者の共通課題。社員研修の管理・調整に関する調査研修の日程調整は社員・担当者の共通課題。社員研修の管理・調整に関する調査調査背景労働人口の減少、グローバル化、ダイバーシティの促進に伴い、企業経営にとって人材育成は最重要テーマの一つとなっています。研修の実施には研修ニーズの把握からはじまり、目標設定、プログラム選定、会場手配、日程調整、予約受付、効果測定等、多くのプロセスがあります。そこで予約

2017年4月23日日経リサーチフィードバック数:0キャリアとスキル

従業員の働きがいが勤務先の売上高にも影響

従業員の働きがいが勤務先の売上高にも影響「働き方改革」を約7万人のデータで支援する「組織活性化診断プログラム」をリリース 2017.04.12  株式会社日経リサーチは、従業員の「働きがい」をバロメーターとして、組織の今の“健康状態”を診断する従業員調査をリニューアルし、「働き方改革」の取り組みをサポートする「組織活性化診断プログラム~働き方改革をサポート~」の販売を開始しました。リニューアルの最大の目玉は、長時間労働、ワークライフバランス、ダイバーシティ、サービス残業、職場の生産性など働き方改

2017年4月13日アドビ システムズフィードバック数:0キャリアとスキル

Performance Reviews Get a Failing Grade(パフォーマンスレビューに不合格判定)

アドビからソフトウェアおよびマーケティング製品、会社情報、CSR活動やキャンペーン情報などをお知らせする、コーポレート・コミュニケーションブログです。 HOME#アドビ 調査、従業員の #人事評価 のやり方が時代遅れになっていることを示唆#アドビ 調査、従業員の #人事評価 のやり方が時代遅れになっていることを示唆マネージャーが社員の査定に費やす時間を年間10万時間以上削減したアドビ独自の人事評価制度「チェックイン(Check-in)」をオープンソース化米国では企業の従業員の多くが、年に一度の人

2017年4月9日マーサー ジャパンフィードバック数:0ビジネス

職場の生産性向上に向けた労働力分析(Employing Analytics to Enhance Workplace Productivity)

マーサーとコンファレンス・ボード、共同調査報告書 『職場の生産性向上に向けた労働力分析』を発表 | プレスリリース | マーサージャパン 本ウェブサイトではご利用者のユーザーエクスペリエンス向上のためにクッキーを使用しております。本ウェブサイトご利用によってクッキー使用の同意をいただいたものとみなします。詳細については「個人情報に関する公表事項について」をご参照下さい。 プレスルーム マーサーとコンファレンス・ボード、共同調査報告書 『職場の生産性向上に向けた労働力分析 (Employing

2017年3月24日Steelcaseフィードバック数:0キャリアとスキル

STEELCASEグローバルレポート

Steelcaseグローバルレポート世界の3分の1のワーカーのエンゲージメントは低い働く「場」を通して、従業員のエンゲージメントを高めることができるか? 世界のエンゲージメントと職場環境実態本レポートは従業員エンゲージメントと職場環境の相関関係を探った初の世界的調査です。従業員エンゲージメントは、今日の企業が直面する深刻な問題のひとつとして捉えられています:エンゲージメントが非常に高いのは世界のわずか13%にすぎません。世界の職場環境の実態概要を調査することで、従業員エンゲージメント

2017年3月22日帝国データバンク★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2017/3/142017年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員採用、過去10年で最高水準〜 副業・兼業はモチベーション向上や人材確保・定着で効果的 〜はじめに2016年12月の有効求人倍率は1.43倍と、1991年7月以来25年5カ月ぶりの高水準となり、人手不足が深刻化している。また、新規学卒者の就職内定率は2016年12月時点で85.0%(大卒)と6年連続で上昇し過去最高となっている。さらに、政府は「働き方改革」をアベノミクス第三の矢の柱として、副業・兼業など柔軟な働き方を議論している。

2017年3月6日バーニャカウダフィードバック数:0ビジネス

仕事上の悩みに関する調査 バーニャカウダ

【調査リリース】「働く人の6割以上は仕事の悩みがあるが、その半数は相談先がない」 ~働く男女20代~60代の931名を対象に調査。性別・年代別の仕事上の悩みと相談先の実態~ 電話カウンセリング・プラットフォーム「ボイスマルシェ」「ボイスマルシェforビジネス」を運営する株式会社バーニャカウダ(本社:東京都品川区、代表取締役:古川 亮、以下バーニャカウダ)は、働く男女931名を対象に「仕事上の悩みに関する調査」をインターネットで実施いたしました。 ■調査結果要点・働く人の6割以上は、仕事上の悩みを

2017年3月4日MM総研★★フィードバック数:0社会/政治

企業におけるマイナンバー制度対応実態調査

企業におけるマイナンバー制度対応実態調査対応が完了している企業は73.7% 2017年02月28日■マイナンバー制度、取り組みが完了している企業は約7割■最も対応が進むシステムは「人事・給与」、全体の57.7%を占める■マイナンバー対応後の課題は「セキュリティ対策」がトップ  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は2月28日、企業のマイナンバー制度に対応したシステム・サービスの導入実態に関する調査結果を発表した。国内法人の2,339人を対象にWebアンケートを実施し、回答者の中から、さらに同

2017年2月28日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2016年中途採用状況調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「マイナビ転職 2016年中途採用状況調査」を発表「労働時間短縮への対応」を理由に、中途採用を実施した企業が約3割。2017年の見通しも約9割が「経験者採用に積極的」で、高い採用意欲が続く見込み株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営する転職情報サイト『マイナビ転職』()は、2016年に中途採用を行った全国の企業を対象とした「マイナビ転職 2016年

2017年2月20日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

1人当たり時価総額が低い300社ランキング

1人当たり時価総額が低い300社ランキング1人当たりの生産性がより重要になっていく 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 エアバッグのリコール問題に揺れるタカタは、1人当たり時価総額も落ち込んでいる(撮影:山田雄大) 先日、厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は、2053年ごろには日本の人口が1億人を割るという推計を公表した。今後、人手不足が深刻になっていくことは、十分に考えられるシナリオだ。企業は1人当たりの生産性を高くして、少ない人数で企業価値を維持していく意識が

2017年2月19日Great Place to Workフィードバック数:0ビジネス

2017年版 日本における「働きがいのある会社」ランキング

2017年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表!2017.2.102017年2月10日、Great Place to Work(R) Institute Japan(東京都品川区、代表:岡元利奈子)は、 2017年版 日本における「働きがいのある会社」ランキングを発表いたしました。 日本での発表は2007年より行われ、今回が第11回目となり、 全100社が日本における「働きがいのある会社」に選出されました。2017年の「働きがいのある会社」従業員の規模別に各部門の第1位はこちら

2017年1月26日デジタルアーツフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

第2回勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査

HOME> デジタルアーツについて> プレスリリース> 2017年> ≪第2回勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査≫従業員の45.3%が、勤務先が標的型攻撃の対象になると認識、情報システム管理者の75.0%が更にセキュリティ対策強化を希望2017年01月18日デジタルアーツ株式会社第2回勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査 ~全国の情報システム管理者・従業員を対象に調査~従業員の45.3%が、勤務先が標的型攻撃の対象になると認識 情報システム管理者の75.0%が更にセキュリティ対策強化を

2017年1月18日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収「東京除く関東340社」ランキング

平均年収「東京除く関東340社」ランキング1000万円超2社、日産やイオンを超えるのは? 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 横浜の中心部。東京を除く関東圏で高給な企業は横浜に集中している(写真:たっきー / PIXTA) 東洋経済オンラインはでも掲載しているデータを活用して、全上場企業約3600社を全国7地域(北海道東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)に分けた平均年収ランキングをまとめた。これまで「東京都トップ500社」「東京都ワースト500社」

2017年1月18日東洋経済新報社フィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収「近畿603社」ランキング

最新!平均年収「近畿603社」ランキング1位は前年比741万円増、初任給も高い 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 JR大阪駅前。近畿を代表する企業の本社が多い(写真:pheeby / PIXTA) 東洋経済オンラインはでも掲載しているデータを活用して、全上場企業約3600社を全国7地域(北海道東北、東京除く関東、東京、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)に分けた平均年収ランキングをまとめた。これまで「東京都トップ500社」「東京都ワースト500社」「東京を除く関東340社

2017年1月16日リザーブリンクフィードバック数:0ライフスタイル

形だけで効果はない?2200人に聞いた!ストレスチェックのホンネ

予約ラボでは「予約」に関する独自リサーチ、体験取材などの情報を配信中 >> 形だけで効果はない?2200人に聞いた!ストレスチェックのホンネ形だけで効果はない?2200人に聞いた!ストレスチェックのホンネ鳴り物入りで始まった「ストレスチェック」。実施する人事・総務担当者にとっては、新たな業務として試行錯誤の一年となったのではないでしょうか。一方、受ける側の従業員にとっては、ストレスチェックに対する認知はどれくらいあったのでしょうか?そこで予約ラボではストレスチェックの実施有無と、従業員から

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ